資料室

S・S・ヴァン・ダイン編 『探偵小説傑作集』
セイヤーズ編 『探偵・ミステリ・恐怖小説傑作集』
セイヤーズ編『探偵・ミステリ・恐怖小説傑作集2』
セイヤーズ編『探偵・ミステリ・恐怖小説傑作集3』
クイーン編 『101年のお楽しみ』
ボルヘス&ビオイ=カサーレス編『傑作探偵小説集』
J・D・カー選ベスト・ミステリ10
〈新青年〉海外探偵小説十傑
柳香書院〈世界探偵名作全集〉
光文社版〈少年探偵団全集〉巻末広告
あかね書房〈少年少女世界推理文学全集〉
幻のポケミス
ハヤカワ・ミステリ文庫創刊ラインナップ
海外ホラー名作100選
海外ファンタジー名作100選
東京創元社〈世界恐怖小説全集〉
創土社〈ブックス・メタモルファス〉その他
国書刊行会〈ドラキュラ叢書〉


読書室 (テキスト公開)

井上良夫「名探偵を葬れ!」
井上良夫 「日本探偵小説界の為めに!」
井上良夫「昭和十年度の翻訳探偵小説」
井上良夫 「仮面のドラマ」
井上良夫 「アリバイの話」
井上良夫 「ドロシイ・セイアーズのスケッチ」
井上良夫 「未熟者の嘆きなど」
井上良夫「外道の批評」

井上良夫 「チェスタトン/奇樹物語」
井上良夫 「翻訳回顧」
甲賀三郎 「大阪圭吉のユニクさ」
大阪圭吉 「死の快走船」 あとがき
大阪圭吉 「塑像」
「脱線機関車」 (大阪圭吉訪問記)
E・クイーン(井上良夫訳) 「探偵小説批判法」
A・バークリー「ロジャー・シェリンガム紹介
A・バウチャー 「ヴァン・ダインなんか怖くない」
ロースン/カー/クイーン「名探偵紳士録」
G・カーシュ 「オックス博士真夜中に死す」
緋色の研究

『ストップ・プレス』 について
ジャック・リッチーの小宇宙
真面目な異色作家A・H・Z・カー
カームジン氏紹介
デイヴィッド・イーリイの奇妙な世界
パーシヴァル・ワイルド
鏡もて見るごとく
「死が二人をわかつまで」
ポジオリ教授シリーズ
「九人と死で十人だ」
ジョン・フランクリン・バーディン―恐怖の研究―
怪盗小説の系譜

絞首台の秘密
天翔ける名探偵
  
【探偵小説が出来るまで】
(1) 前史篇

(2) 18世紀
  
昨日の本棚2001
昨日の本棚2002

昨日の本棚2003-2004
舞台裏

怪奇小説の世紀
探偵クラブ
ミステリー倶楽部へ行こう
本格ミステリの現在
ジョン・ディクスン・カー/奇蹟を解く男
世界探偵小説全集ができるまで
世界探偵小説全集完結にあたって
ドイル傑作選

幻の鮎川哲也を尋ねて

編集手帖

藤原編集室の2008年
藤原編集室の2007年
藤原編集室の2006年
藤原編集室の2005年
藤原編集室の2004年
藤原編集室の2003年
藤原編集室の2002年
藤原編集室の2001年
わが社の隠し玉(1996〜)
装丁について(世界探偵小説全集篇)
翻訳権について
実現しなかった企画(探偵クラブ篇)
タイトルについて(探偵クラブ篇)
タイトルについて
反古箱

没企画3 物語の世紀
没企画2 クライム・ブックスU期
没企画1 吸血鬼ヴァーニー
内容見本でみる国書刊行会

風俗画報世界幻想文学大系ドラキュラ叢書ゴシック叢書セリーヌの作品復刻シリーズメルヴィル全集/ヘンリー・ジェイムズ作品集超科学シリーズウィアード・テールズドイツ・ロマン派全集/ドイツの世紀末フランス世紀末文学叢書/1945:もうひとつのフランスロシア・アヴァンギャルドバベルの図書館ブラック・マスク叢書定本ラヴクラフト全集アーカム・ハウス叢書/深夜画廊怪奇小説の世紀/魔法の本棚


8 1/2章で書かれた国書刊行会の歴史



HOME書斎の死体今日は何の日
目録室 (作品リスト)

マージェリー・アリンガム
デイヴィッド・イーリイ

マイクル・イネス
ヘンリー・ウエイド
A・H・Z・カー
ジェラルド・カーシュ
エドマンド・クリスピン
ロナルド・A・ノックス
アントニイ・バークリー
イーデン・フィルポッツ
シリル・ヘアー
ヘレン・マクロイ
グラディス・ミッチェル
パーシヴァル・ワイルド
高山 宏
知られざる巨匠たち

1 ジョン・ロード 加瀬義雄
2 E・C・R・ロラック 森英俊
3 マイクル・イネス 若島正
4 グラディス・ミッチェル 宮脇孝雄
5 ルパート・ペニー 久坂恭
6
 グリン・ダニエルとS・ハイランド 小林晋
7 ミルワード・ケネディ 真田啓介
8
 クライド・B・クレイスン 塚田よしと
9 ナイオ・マーシュ 浅羽莢子
10 キャメロン・マケイブ
番外篇 ジョン・ディクスン・カー