【内容見本でみる国書刊行会 第14回】


《ブラック・マスクの世界》 全5巻・別巻1 (1986-87)。小鷹信光編。
1920年創刊、ハメット、ガードナー、チャンドラーらを輩出した伝説のパルプ・マガジン 《ブラック・マスク》 の掲載作品を精選、『「ブラック・マスク」 の英雄たち1・2』 『「ブラック・マスク」 の栄光』 『忘れられたヒーローたち』 『異色作品集』 の全5巻に編集したアンソロジー。
国書刊行会初の翻訳ミステリ叢書であり、パルプ・マガジンのアンソロジーという点では、《ウィアード・テールズ》 の流れも汲む。

編者の小鷹信光氏はいわずとしれたハードボイルド翻訳・研究の第一人者、この叢書の直前には 《アメリカン・ハードボイルド》 全10巻 (河出書房新社、1984-85) を監修している。1985年春、アメリカ西海岸を訪ねて、《ブラック・マスク》 関係の調査と資料収集を行なった小鷹氏は、同誌の総目次を作成、《ブラック・マスクの世界》 の編集・翻訳作業にとりかかった。後に、「これほど豪華な 《ブラック・マスク》 アンソロジーはもちろん世界中を探しても類はない」 (『私のハードボイルド』) と振り返っている。


和田誠監督の映画 《快盗ルビイ》 (1988) の冒頭、真田広之の住むマンションに越してきた小泉今日子 (フリーのスタイリスト、実は快盗ルビイ) の引越し荷物の中に 《ブラック・マスクの世界》 があって、当時、社内で話題になったのを思い出した。


【余談】
《ブラック・マスクの世界》 は国書刊行会初の翻訳ミステリ叢書だが、このあと 《クライム・ブックス》 (1991) 《世界探偵小説全集》 (1994) 発刊の前に、もうひとつのミステリ叢書が存在する。
《パリ風俗犯罪ファイル》 全10巻 (1990-91) である。
「プレイボーイ刑事 〈デカ〉 コランタンと気のいい相棒ブリショーの名コンビが、大都会の裏側で発生する凶悪犯罪を次々に解決してゆく。誘拐魔、殺人鬼、麻薬密売人、武器密輸、少女売春――今宵もまた美しい犠牲者が・・・」
〈プリンス・マルコ〉 シリーズで一世を風靡したジェラール・ド・ヴィリエ監修のフランス・ミステリ・シリーズ。国書なのに新書判、国書なのに795円、しかもちょいエロ (なんでもアリみたいに思われている会社だが、実はエロ系はめずらしい)。『少女市場』 『性学講座』 『調教師』 といったタイトルで、だいたいの雰囲気はつかめるかと思う。社内企画ではなく、外部からの持ち込みだったと記憶する。

                                            

第13回<   目次   >第15回