8 1/2章で書かれた国書刊行会の歴史


 

第一章 創世記
1970年代初め、とある印刷会社が考えた。下請け仕事ばかりではつまらない、オレたちもひとつ出版をやってみようじゃないか。編集のノウハウはないが、復刻本なら需要さえ外さなければいい。第一弾は『玉葉』と『明月記』。明治期に古典籍の翻刻・頒布を行なった会員制の出版団体「国書刊行会」が刊行した平安・鎌倉時代の貴族の日記である。どうせなら、というので社名も一緒に拝借してしまったのがそもそもの始まり(後にこれが様々な誤解を生むことになる)。

第二章 複製技術時代の国書
海外文学やオカルト本でしかこの会社を知らない読者は、国書刊行会という社名に違和感をおぼえるかもしれない。だが、創業当初の『万葉集難訓考』『蝦夷語集録』『近世風俗見聞集』『日本天台史』『浦上切支丹史』『益軒全集』……といったラインナップはまさに「国書」そのもの。日本史・東洋史・言語学・民俗学・仏教・郷土誌と、社員は復刻原本探しに奔走した。とくに残存部数の少ない戦前学術書・史料の復刻は、学校・図書館や専門家の需要が確実に見込める、手堅いビジネスだった。出版点数は忽ち増大し、国書は最初の繁栄期を迎える。

第三章 寺(テラ)・・・
やがて復刻企画を通じて縁のできた著者を起用して、新組本の出版も始まる。この時期のベストセラーが釈慶厳編『法名・戒名大字典』。故人に授ける戒名(「〜居士」「〜大姉」というやつね)用の語彙8万語以上を経典等から収集した寺院向け実用書だ。28,800円もした高い本だが、これが売れに売れた。お坊さんだって、そう簡単に新しい戒名を思いつくわけではないのだ。この参考書は大歓迎され、仏教実用書は国書を支える大きな柱となる。ちなみにこのジャンルの本はほとんどが直販。寺院向けDM発送作業は月に何度も実施された。社長の陣頭指揮の下、社員総動員でパンフのセット組み、宛名貼り、封詰め、封閉じにあたる現場は、まるで戦場のようだったという。

第四章 けものたちは故郷をめざす
70年代に生まれたもうひとつのヒット企画が、全国各地の市や町の古い写真をあつめた《明治大正昭和 ふるさとの想い出写真集》シリーズ。郷土史家らに編纂を依頼、地元書店と組んで、その地域限定で数千部を売り切る営業戦略を展開。78年の『川越』から96年の『吹上』まで総点数328巻にも達した。このシリーズをはじめ、郷土本の編集者は営業を兼ねることも多く、ときにはトラックに出来上がった本を積んで、直接現地へ配本に向かうこともあった。

第五章 奇跡なす者たち
そういう復刻・仏教書・郷土本の出版社に、紀田順一郎氏が数社に断られて断念寸前だった《世界幻想文学大系》の企画を持ちこみ、即決を得たのが74年のこと。翌75年にボルヘス『創造者』を第一回配本としてシリーズ刊行開始。国書ファンにはよく知られたエピソードだが、これを皮切りに《ドラキュラ叢書》《ゴシック叢書》《ラテンアメリカ文学叢書》《セリーヌの作品》《ヘンリー・ジェイムズ作品集》《メルヴィル全集》《ドイツ・ロマン派全集》《フランス世紀末文学叢書》《バベルの図書館》などの海外文学シリーズが陸続と生まれることになる。まさに運命の出会いであった。

国書刊行会に関する噂
国から公的資金の注入を受けている(ウソ。「だから本が売れなくてもいいんだ」などと言う知ったかぶりには永遠の呪いあれ)。明治時代から続いている(ウソ。但し前述のように誤解もやむなしの部分も)。お坊さんの剃髪用シェイバーや中国語ワープロソフトを販売していたことがある(ホント)。日本語学校を経営している(ホント)。かつて魔法講座を開いていた(ホント)。かつて競走馬を所有していたことがある(ホント。正確には関連の印刷会社名義)。地下倉庫の奥深くに禁断の魔道書『ネクロノミコン』原本が秘蔵されている(ウソ。国書クラスタの皆さんには残念なお知らせだが、そもそも国書刊行会に地下室はない)。

第六章 這い寄る混沌
どちらかといえば高踏派の幻想文学が主流だった国書海外部門に、Cthulhu神話やウィアード系ホラー、オカルト書を導入したのが、怪奇小説ファンダム〈黒魔団〉出身で後に作家となる朝松健氏。《真ク・リトル・リトル神話大系》《世界魔法大全》の成功は、《定本ラヴクラフト全集》《アレイスター・クロウリー著作集》へとつながった。ページに封印を施し、「封印開封後に災害・大戦争が生じても小社は責を負わない」という断り書きを付したクロウリーの奇書『法の書』は、現在も版を重ねるロングセラー(「封を切ってしまいましたが、どうしたらいいでしょう」という読者の相談もあとを絶たない。そこは自己責任で)。

第七章 花咲く乙女たち
海外文学部門が次第に存在感を増していく一方、国書伝統の復刻企画も健在で、80年代最大のセールスを記録したのが中原淳一主宰の少女雑誌『ひまわり』復刻版。新聞広告で刊行を発表するや、昭和20年代に思春期をすごした元「少女」からの問い合わせで社の電話は鳴りっぱなしとなった。またこの頃、同じく復刻版を出していた吉屋信子の少女小説『あの道この道』が、《乳姉妹》としてTVドラマ化されている(制作はあの大映テレビ)。『ひまわり』ヒットの余勢をかって『新青年』『スタア』『漫画少年』『野球少年』等の雑誌復刻企画も実現した。

第八章 果しなき流れの果に
その後も、世界文学の最前線を紹介して90年代海外文学ブームをリードした《文学の冒険》、クラシック・ミステリ復権の口火を切った《世界探偵小説全集》、SF出版の空白地帯(テラ・インコグニタ)に果敢に挑戦した《未来の文学》など、ユニークなシリーズを次々に刊行。《叢書江戸文庫》や《日本幻想文学大系》《定本久生十蘭全集》など、日本文学部門でもその独自性は異彩を放ち、鳥山石燕『画図百鬼夜行』は妖怪画ブームの先駆けともなった。ときに出版界の辺境、番外地、特殊版元などと呼ばれ、また自ら「前衛出版社」と名乗ったりもしているようだが、流行りすたりに関係なく、自分が面白いと思うもの、本にしたいものを頑固に追い求める姿勢は、むしろ出版の正道といっていいのではないか。出版なんてそもそもが野蛮な商売だ。「前例がない」「部数が読めない」といった声に屈しているようでは、面白いものが出てくるわけがない。創立四十周年、不惑の年を迎えた国書刊行会だが、『わが人生 わが日活ロマンポルノ』『創世記 若き日の芸術家たち』『幻想文学講義』といったラインナップをみるかぎり、野蛮な遺伝子は現在も受け継がれているようだ。

(2012.10)  

note】

《本の雑誌》 2012年10月号、「特集=国書刊行会の謎と真実!」 に寄稿したもの。タイトルはもちろんジュリアン・バーンズ 『10 1/2章で書かれた世界の歴史』 のもじりだが、「8 1/2」 という数字からフェリーニを想起した人もいたようだ。2章少ないのは紙幅の都合。章題はおおむね本のタイトルに準じている (「這い寄る混沌」 はちょっとだけ例外)。今回、少しだけ情報を追加した。