注目の近刊・新刊
モバイル用 注目の近刊新刊映画DVD

日々のあぶく

今日は何の日
 5月22日 calendar

twitter

藤原編集室の本棚(ブクログ)


藤原編集室の企画・編集本


読物と資料のページ

書斎の死体
(投稿コーナー)


link

chronicle of 藤原編集室

〈本棚の中の骸骨〉とは?

since 2001.4.8







日本推理作家協会
本格ミステリ作家クラブ

国書刊行会
東京創元社
河出書房新社
白水社
筑摩書房
平凡社
晶文社
講談社
角川書店
翔泳社
basilico










〈藤原編集室〉は、海外文学・ミステリ・怪奇幻想小説・人文書を中心に、書籍の企画・編集を手がけています。〈本棚の中の骸骨:藤原編集室通信〉 は、当編集室の企画出版物のご案内と、新刊情報を中心に掲載しています。
最新刊近刊発売中

5月の新刊 NEW TITLE
カッコウが鳴くあの一瞬

残雪
(ツァンシュエ) 近藤直子訳

白水Uブックス 発売中 1600円(税別) [amazon]

わたしにはわかっている、カッコウがそっと三度鳴きさえすれば、すぐにも彼に逢えるのだ・・・彷徨う女の心象風景を超現実的な手法で描いた表題作。毎夜、部屋に飛び込んできて乱暴狼藉をはたらく老婆の目的とは・・・「刺繡靴および袁四ばあさんの煩悩」ほか、『黄泥街』が大きな話題を呼んだ中国作家、残雪の初期短篇、全9篇を収録。付録として、訳者による「残雪―夜の語り手」を併録。MORE
7月の刊行予定 FORTHCOMING TITLE
アサイラム・ピース

アンナ・カヴァン
 山田和子訳

ちくま文庫 7月9日予定 予価860円(税別) [amazon]

城の地下牢に囚われた女、名前も顔も知らないがこの世界のどこかに存在する絶対の敵、いつ終わるとも知れぬ裁判、頭の中の機械、精神療養所のテラスで人形劇じみた場面を演じる人々……。自身の入院体験にもとづく表題作をはじめ、出口なしの閉塞感と絶対の孤独、謎と不条理に満ちた世界を先鋭的なスタイルで描き、作家アンナ・カヴァンの誕生を告げた最初の傑作。解説=皆川博子
近刊予定 FORTHCOMING TITLE
蒼老たる浮雲

残雪
(ツァンシュエ) 近藤直子訳

白水Uブックス

隣り合わせの家に住む二組の夫婦。片方の家の更善無は、隣家の妻、虚汝華に覗き見られていると思い込んでいる。虚汝華の夫の老况は生活能力のない男で、しじゅう空豆を食べている。家の中では虫が次から次へと沸いて出て、虚汝華は殺虫剤をまくのに余念がない・・・。異様なイメージに彩られ、すべてが夢の中のように支離滅裂な出来事の連鎖によって衝撃をもたらす残雪作品集。中篇『蒼老たる浮雲』に、短篇「山の上の小屋」「天窓」「わたしの、あの世界でのこと」を収録。
近刊予定 FORTHCOMING TITLE
幽霊島 平井呈一怪談翻訳集成 (仮題)

A・ブラックウッド他
 平井呈一訳

創元推理文庫
近刊予定 FORTHCOMING TITLE
スターメイカー

オラフ・ステープルドン
 浜口稔訳

ちくま文庫
近刊予定 FORTHCOMING TITLE
ヴィレット 上・下

シャーロット・ブロンテ
 青山誠子訳

白水Uブックス
▼発売中
1月の新刊 NOW ON SALE
ドーキー古文書

フラン・オブライエン 
大澤正佳訳

白水Uブックス 発売中 1800円(税別)[amazon]

ダブリン近郊の海辺の町ドーキーでミックが知りあった紳士ド・セルビィは、人類救済のための世界破壊を企て、大気中の酸素を除去する物質を開発していた。嘘か真か、時間の制御にも成功したという。一方、ミックは行きつけの酒場で「ジェイムズ・ジョイスが死んだという話は眉唾物だ」と聞かされる……。次々登場する奇人変人に飛びきりの奇想。世界中で愛されたアイルランド文学の異才フラン・オブライン最後の傑作。MORE
1月の新刊 NOW ON SALE
キャッツ・アイ

R・オースティン・フリーマン
 渕上痩平訳

ちくま文庫 発売中 950円(税別) [amazon]

助けを求める若い女性の叫び声に、帰宅途中の弁護士アンスティが駆けつけると、そこには男女が激しく組み合う姿が。男は身を振りほどくと闇の中に姿を消した。近くの邸では主人が宝石コレクションの陳列室で殺害されていて、件の女性は逃げ出した男を追いかけたのだという。一見、単純な強盗殺人に思われたが、被害者の弟ローレンス卿は警察の捜査に納得せず、ソーンダイク博士の出馬を要請する。本格推理に伝奇冒険的な要素も加味した黄金時代ミステリの名作。MORE
日刊ゲンダイ (紹介記事)