8月1日
◆1819年のこの日、ハーマン・メルヴィルがニューヨーク市で生まれる。『白鯨(モービー・ディック)』をはじめとする小説は生前ほとんど評価されなかったが、1920年代に再評価の機運が高まり、19世紀アメリカ文学を代表する作家と遇されるようになった。
◆1862年のこの日、近代英国怪奇小説の巨匠、M・R・ジェイムズがケント州の牧師の家に生まれる。生涯独身で、古文書学・聖書学者として、ケンブリッジ大学で学究生活を送ったジェイムズは、クリスマスなどに友人や学生たちを集めて自作の怪談を朗読していた。そこから生まれた『好古家の怪談集』(1904) は、20世紀初頭の怪奇小説黄金時代の幕開けを告げる名短篇集となった。
◆1923年のこの日、アラン・ジェフリー・イエイツ――カーター・ブラウンの筆名で何百冊ものミステリを書きまくった男――がロンドンで生まれる。
◆1926年のこの日、『ビッグ・ボウの殺人』 のイズレイル・ザングウィルが死去。
◆1966年のこの日、学生チャールズ・ホイットマンがテキサス大学構内の時計塔の天辺にのぼり、午前11時48分、下にいた人々をライフルで狙撃し始める。1時間半後、塔に突入した3人の警官がようやく彼を射殺したとき、被害者は死者15人、負傷者31人に上っていた。ピーター・ボグダノヴィッチのデビュー作 《殺人者はライフルを持っている!》 (68) はこの事件に想を得ている。
◆1971年のこの日、無声映画の弁士から放送界へ転身、一時代を築いた話術の達人、徳川夢声が死去。NHKの推理クイズ番組 《私だけが知っている》 (1957-63) では探偵局長をつとめ、探偵小説の創作に 「オベタイ・ブルブル事件」 などがある。ラジオの朗読で、若き日の都筑道夫を慄然せしめたという岡本綺堂 「笛塚」 の音源など、どこかに残っていないだろうか。