5月27日
◆1894年のこの日、『赤い収穫』 他のコンチネンタル・オプ物や 『マルタの鷹』 『ガラスの鍵』 などの作品で、ハードボイルド・ジャンルを確立したダシール・ハメットが、メリーランド州セント・メリー郡で生まれる。
◆1911年のこの日、怪奇映画に多数出演した俳優ヴィンセント・プライスがミズーリ州セントルイスで生まれる。舞台俳優として出発、ハリウッド入りして、犯罪映画 (《ローラ殺人事件》 など)、怪奇映画の個性的な演技で人気を確立した。《アッシャー家の惨劇》 (1960) 以下の一連のロジャー・コーマン製作・監督のポー映画が印象深い。美術コレクター・評論家としても活躍、TVで美術紹介番組のホストもつとめた。ティム・バートン 《シザー・ハンズ》 (90) の老マッド・サイエンティスト役が最後の仕事となった。
◆1922年のこの日、ハマー映画の吸血鬼ドラキュラ役で有名になったクリストファー・リーがロンドンで生まれる。俳優デビュー後、193cmの長身が災いしてながく役に恵まれなかったが、 《フランケンシュタインの逆襲》 (1957) の怪物役でチャンスをつかみ、つづく 《吸血鬼ドラキュラ》 (58) で演じたドラキュラ伯爵が当たり役となり、怪奇スターとして一躍注目を集めた。ミイラ男、フー・マンチュー博士などの他、 《007黄金銃を持つ男》 (74) ではジェイムズ・ボンドの敵役も演じている (原作者イアン・フレミングは従兄にあたる)。また、ビリー・ワイルダーの 《シャーロック・ホームズの冒険》 (70) でマイクロフト、TVムーヴィーでシャーロックと、ホームズ兄弟の両方を演じた珍しい記録も持つ。近年も 《スリーピー・ホロウ》 《スターウォーズ/エピソード2・3》 《ロード・オブ・ザ・リング》 と精力的に映画出演を続けている。
◆1934年のこの日、ハーラン・エリスンがオハイオ州クリーヴランドで生まれる。『世界の中心で愛を叫んだけもの』 はSFファンだけのものにしておいては勿体ない名短篇集。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞等をいくつも獲得した短篇の名手エリスンだが、「鞭打たれた犬たちのうめき」 ではMWA最優秀短篇賞も受賞している。
HOME