【悪党どものお楽しみ】

パーシヴァル・ワイルド
巴妙子訳

国中を放浪した賭博師稼業から足を洗い、故郷の町で農夫として質実な生活を送っていたビル・パームリーが、無類のギャンブル好きでお調子者の友人トニーに担ぎ出されて、凄腕いかさま師たちと対決、その知識と経験をいかしてトリックを次々にあばいていく連作短篇集。みすぼらしい雑種犬を使っていかさま師の裏をかく 「ポーカー・ドッグ」、思い通りの結果を出すルーレット盤の秘密をさぐる 「赤と黒」、伝統あるクラブで毎夜行なわれる不自然なゲームの裏に隠された真実の物語 「良心の問題」、ビルになりすまして有名な賭博師と対決するはめになったトニーの悪戦苦闘を描く爆笑篇 「ビギナーズ・ラック」 他、豊富なアイディアとユーモアに彩られた全8篇。文庫版ボーナストラックとして、ビルとトニーのもうひとつの活躍を描いた 「堕天使の冒険」 を新訳で追加収録した完全版。
エラリー・クイーンの名ミステリ短篇集リスト 《クイーンの定員》、『海外ミステリー マストリード100』 (杉江松恋、日経文芸文庫) に選出された名作。

国書刊行会版に 「堕天使の冒険」 (新訳) を追加収録。

◆ちくま文庫 2017年3月刊 900円(税別) [amazon]
◆解説=森英俊
◆装丁=藤田知子 装画=ヤギワタル


【収録作品】
シンボル/カードの出方/ポーカー・ドッグ/赤と黒/良心の問題/ビギナーズ・ラック/火の柱/アカニレの皮/エピローグ◇堕天使の冒険
パーシヴァル・ワイルド (1887-1953)
アメリカの劇作家・小説家。ニューヨーク生まれ。ヴォードヴィル用の一幕物で人気を博し、小劇場向けに書き下ろした100本以上の戯曲は全米の劇場で上演された。ミステリ長篇に 『ミステリ・ウィークエンド』 (38)、『検死審問』 (39)、『検死審問ふたたび』 (42) など、短篇集に 『悪党どものお楽しみ』 (29)、『探偵術教えます』 (47) がある。