【ヘレン・マクロイ作品】
あなたは誰? 二人のウィリング 割れたひづめ 歌うダイアモンド
【あなたは誰?】

ヘレン・マクロイ
渕上痩平訳

「ウィロウ・スプリングには行くな」 ――匿名の電話の警告を無視して、フリーダは婚約者アーチーと共にその実家へ向かったが、到着早々、再び謎の電話があり、何者かが彼女の部屋を荒らす事件が起きる。どうやらフリーダに激しい悪意を抱く者がこの土地にいるらしいのだ。不穏な空気のなか、その夜、隣人の上院議員邸で開かれたパーティーで、ついに殺人事件が発生。捜査協力に招聘された精神科医ベイジル・ウィリング博士は、一連の事件にはポルターガイスト現象の特徴があると指摘するのだが……。本格ミステリの巨匠マクロイの初期傑作。

◆ちくま文庫 2015年9月刊 900円(税別) [amazon] [honto]
◆装丁=藤田知子 装画=河井いづみ


◇2016本格ミステリ・ベスト10 第2位
◇週刊文春ベスト・ミステリー 第14位

ヘレン・マクロイ (1904-1994)
アメリカのミステリ作家。ニューヨーク生まれ。ソルボンヌ大学に留学、パリとロンドンで美術批評家、新聞記者として活動し、1932年に帰国。精神科医ウィリング博士を探偵役とした 『死の舞踏』 (1938) でデビュー。『家蠅とカナリア』 『暗い鏡の中に』 『幽霊の2/3』 『殺す者と殺される者』、短篇集 『歌うダイアモンド』 など、本格推理からサスペンスまで多彩な作風で人気を博した。



【二人のウィリング】

ヘレン・マクロイ
渕上痩平訳

ある夜、自宅近くのタバコ屋でウィリングが見かけた小男は、「私はベイジル・ウィリング博士だ」 とタクシーの運転手に名乗り、その車で走り去った。驚いたウィリングは男の後を追って、パーティ開催中の家に乗り込み、偽者と対峙するが、そこで奇妙な殺人事件に巻き込まれてしまう。死の直前、被害者は 「鳴く鳥がいなかった」 という謎の言葉を残していた……。ウィリング博士の偽者が本人の前に現れる発端の意外性はシリーズ随一、謎解きの興味にサスペンスに富んだ展開と、円熟味を増した中期の傑作。
「絡み合った謎にも結び目がある。名探偵がそれをほどき、一本の糸になる快感」 ――深緑野分氏 (「解説」 より)

◆ちくま文庫 2016年4月刊 820円(税別) [amazon] [honto]
◆装丁=藤田知子 装画=河井いづみ

◆解説=深緑野分

◇「このミステリーがすごい! 2017」 第15位
◇「2017本格ミステリ・ベスト10」 第2位
◇IN★POCKET 「文庫翻訳ミステリー・ベスト」 総合第9位
◇「このミステリが読みたい!」(ミステリマガジン) 第14位