台湾周遊5日間の旅

 近場で、暖かくて、時差もほとんどなく、体力的にもそう負担にならないことを理由に台
湾に行って来ました。ところが、暖かさの方は、期待はずれで結構寒くて朝夕はセーター
が必要、せっかく持参したTシャツなどは着る機会は全くありませんでした。コースは羽田
から台北の松山空港へ→特急列車で台湾中部の花蓮へ、泊→バスで台湾東部海岸沿
いに南下、台湾第二の都市、高雄で泊→次の日は逆に北上、台南へ、台湾最大のリゾ
ート地、日月潭で泊→台中を経て台北終点と結構、バスの搭乗時間が長い、やや慌しい
台湾一周の4泊5日の旅でした。
 島内の風景は、山が多くて、まだ紅葉前の10月頃、日本の地方を旅しているような感
じ、また島内を走る車のほとんどが日本車、ホテルのTVまでが日本製、NHKのチャンネ
ルも視聴出来るというわけで、余り外国に来ているという実感に乏しく、日本の国内旅行
の延長のような感じでした。あまり感嘆するような景色もありませんでしたが、ホテル、食
事がよくて、宿泊に関しては快適な旅でした。現地ガイドのみによる案内ですが、やや商
業主義的で余り見たくもないところに時間をたっぷり、見たいところは足早にとツアー旅
行だから仕方がないとはいうものの、出来れば台湾旅行は個人旅行がお勧めと思いま
した。
 以下、ごく一部ですが、写真で紹介します。

 有名な太魯閣渓谷、旧日本軍が釘だけで掘ったというトンネルもある。







 高雄の六合夜市風景、大勢の人で賑やかです。




 高雄郊外にある蓮池潭の竜虎塔、龍の口から入り虎の口から出るのがきまり。




 台湾の英雄、鄭成功を祭った延平郡王祠




 台湾最大の湖、日月潭と湖畔にある項羽と孔子を祭った文武廟




 巨大な弥勒菩薩と日本人戦没者を祀った寶覚禅寺




 台平国際花博覧会場の花壇と日本庭園でのミニ石庭、極めてちゃちなもの。




 英霊を祀る忠烈祠での衛兵の交代式、立派なもんだ。






戻る
戻る