大谷ヶ丸 西尾根 - 滝子山(南大菩薩)

日 程: 2018年 6月17日(日)
山域: 大谷ヶ丸 西尾根 - 滝子山(南大菩薩)
形式: 読図ハイ キング
メ ンバー: カオリン(CL) テッチー ざく
記録: ざく
集合:
JR甲斐大和駅
行程: 甲 斐大和駅臨時バス(8:00)----景徳院バス停(8:10)〜曲沢林道〜取付き作業道入口(8:25)〜鉄塔(8:45)〜西別尾根分岐(10: 25)〜麻生山(10:40)〜大谷ヶ丸北峰(11:40)〜大谷ヶ丸南峰(12:05)〜滝子山(13:15)〜登山口林道終点(15:23)〜初狩 (15:55)(全行程7時間45分)


アプローチの大菩薩行きバスは混みそうなので、リーダー の配慮でひとつ前の電車で甲斐大和駅に集合する。
すると臨時バスが待っていたので、運良く始発バスよりも早く出発した。10分ほどで景徳院に到着。バスを降りて進行方向に進み、お蕎麦屋さんのところでな なめ右方向、曲沢林道へ進む。

DSCN7878.jpg





雨上がりの空気がカラッとして気持ちがいい。すべてがク リア。目につきささるようにあざやかだ。林道を少し進むと送電線メンテナンスの作業道入口の標識がある。まず作業道を使って西尾根末端にある送電線鉄塔を めざす。斜面をジグザグに登っていくが不明瞭で見失いがちになる。ところどころにプラスチック製の階段があり鉄塔の少し手前(西側)で尾根に乗る。尾根に のればルートは明瞭で歩きやすい。




DSCN7882.jpg DSCN7886.jpg




長い尾根は終始樹林のなか。展望がないのでカオリン、 テッチーはちょっと残念そうですが、自分にはこんな緑の濃い季節の山歩きがしばらくぶりだったのでとても新鮮。輝くような木漏れ日に感激しています。気が つくと、騒音のようなものすごい蝉時雨です。ハルゼミかな?あとでネットで調べると広葉樹林なのでエゾハルゼミという種類のようです。

バリルートの西尾根は、基本的には東西一直線の登りなので、登りとして使う場合、難しさはあまりありません。しかし長い長い尾根の途中で、現在地を見失わ ないようにすることは、単調な尾根だけにかえって読図技術が必要です。尾根の方向をコンパスで把握して屈曲点に気をつけること、傾斜の変化や小ピーク、支 尾根の派生を確認して位置を把握したりすることなど、、、最初は丹念に読図していきましたが、わずらわしいので、途中からはおおまかなピークの目印を確認 していくにとどめます。

DSCN7888.jpg DSCN7904.jpg DSCN7908.jpg




木材で組んだヤグラの跡がでてくると、西別尾根分岐とな る小ピークです。
さらに進むと枯れたスズタケがめだつようになり、ディーゼルエンジンの残骸のある麻生山が単調な尾根のなかで目印となります。右側が断崖絶壁となった ギャップを越えると、急傾斜が続くようになり苦しい登りになります。樹林で展望がないので一般的には人気ないのかもしれませんが、りっぱなブナの尾根で す。

DSCN7912.jpg DSCN7914.jpg DSCN7921.jpg




やがて、白い岩が目立つようになり岩の間をジグザクに進 み、ふいに樹林の平坦なところに出たと思ったら大谷ヶ丸北峰の頂上でした。「思ったよりもあっけなかったですね。」「なにげに地味な尾根でしたね。」とい うおふたりの感想ですが、それは健脚組ならではの感想だと思います。

DSCN7923.jpg DSCN7925.jpg DSCN7935.jpg




樹林で展望のない北峰で少し休憩の後、コンパスで方向を 合わせて大谷ヶ丸の南峰に向かい途中で登山道に合流。南峰も樹林に囲まれた静かな頂上です。大谷ヶ丸から滝子山へ向かうと、縦走路の踏み跡はとても弱々し くて見失いそうになるので、ほんとに登山者が少ないんだなと実感します。
 
DSCN7937.jpg DSCN7939.jpg DSCN7947.jpg




しかし滝子山に近づくと急ににぎやかになり、梅雨時の晴 れ間なので頂上はいつもにも増して大盛況でした。頂上にて少しの休憩、お弁当にします。振り返ると、雲の合間に大谷ヶ丸の頂上が見えていましたが、次第に 雲に包まれて何も見えなくなってしまいました。

DSCN7957.jpg DSCN7954.jpg




下山は初狩方面へ。霧の樹林のなかを下ります。檜平で は、ヤマボウシの白い十字型の花が満開でした。花が好きなんですねとカオリンさんに声をかけると、なぜかいつも否定されます。
霧が濃くなり、鳥の鳴き声も、あんなにうるさかった蝉時雨がぴたりとやんで、とても静かでした。

DSCN7964.jpg DSCN7966.jpg




登りに使った大谷ヶ丸西尾根と、滝子山から初狩へ下る尾 根、ともに似たタイプの樹林の尾根だと思ったのですが、気象条件でこんなにも印象が違うのかと驚かされたのでした。

DSCN7974.jpg





chronicle
return
すばるM45山の会
.
subaru M45 alpine club