湯河原 幕岩

日 程: 2018年 3月17日(土)
山域: 湯河原 幕岩
形式: クライミング
メ ンバー: ざく(CL) riki テッチー
記録: ざく
行程: 京王線八幡山駅付近集合(7:00)クルマ利用〜幕山公園駐車場(9:30)〜湯河原幕岩 桃源郷(10:00 - 16:15)〜幕山公園駐車場〜京王線八幡山駅付近




DSCN7089.jpg





シルクロード 5.7
rikiちゃんにクルマをだしてもらったので現地岩場には早めの到着。梅のシーズンには少し遅いためでしょうか?最初は思ったよりも人は少なくルートも空いていました。急いで一本めに登る「シルクロード」を確保。一番最初はいつも怖いです。一本ずつのぼりました。

DSCN7091.jpg DSCN7095.jpg DSCN7098.jpg

シルクロード 5.7


ロープワーク(今日のワンポイント)
そうこうしているうちに、さすが人気の岩場だけあって、続々とクライマーが到着。やさしめのルートが全部ふさがってしまいました。そこでしばらく、ルートになっていない岩場(「とけいワニ」の右)にて、自己脱出のロープワークの練習をおこないました。
自己脱出は、一般的にはスリングを出してマッシャー等のフリクションノットを利用することが多いのですが、今回はメインロープだけで処理するrikiちゃんこだわりの方法。
一般的でないので最初はどうかな?と思っていましたが、ミニマムに構成されていると無駄がなくて美しいとさえ感じます。ロープワークとは単純に覚えればいいという物ではなくて(たくさんは覚えられません)一定のポリシーが必要なのかもしれません。

DSCN7105.jpg DSCN7109.jpg DSCN7112.jpg
ロープワーク(自己脱出 スリングでフリクションノット を使わない方法)
ミュールノットでATCを固定 木の支点からとったカラビナに荷重を移して脱出できまし た
その場を離れた後で、ふたたび復帰できるための配慮も大切です

おたまじゃくし 5.6
やさしいフェースなので各自リード。テッチーは岩場がほとんどはじめてなので疑似リードをしてもらいました。

DSCN7114.jpg DSCN7115.jpg DSCN7121.jpg
おたまじゃくし 5.6



いんちきするな 5.8
rikiちゃんとざくはリード。テッチーはトップロープで。小ハングは簡単に越えたのにそのすぐ上の細かいスタンスに大苦戦しました。

DSCN7129.jpg DSCN7132.jpg DSCN7137.jpg
いんちきするな 5.8



サンセット(右奥のフレークを使ったので)5.9
終了予定の時間よりも遅くなったので、急いで最後の一本です。
右よりから取り付いたら、上のほうでも右のフレークを使って本来の5.10aのラインから離れてしまいました。左のボルト沿いだよと言ったのに、テッチー もrikiちゃんもまねっこして右から登りました。右奥のフレークを使えば5.9という記述をどこかで読んだような覚えがありますが、もしかしたら、もっ とやさしかったかもしれません?
 
DSCN7138.jpg DSCN7139.jpg DSCN7142.jpg
サンセット(右奥のフレークを使ったので)5.9




chronicle
return
すばるM45山の会
.
subaru M45 alpine club