芦沢山 - サカリ山 北東尾根(大指尾根)(奥多摩)

日 程: 2018年 3月24日(土)
山域: 芦沢山 - サカリ山北東尾根(奥多摩)
形式: 読図雪山ハイ キング
メ ンバー: ななこ(CL) ざく ゴロー テッチー カオリン 
記録: テッチー
集合:
調布駅5:50 田無駅6:15
行程: 丹 波山村役場8:30〜グリーンロード入口の標識640m〜P1148m〜芦沢山1272m11:18〜砥沢山1458m12:44〜サカリ山分岐のピーク1510m13:29〜P1246m15:10〜藤タワ 970m15:36〜マリコ川沿い林道〜丹波山役場16:34(全行程約8時間)


map

8:30 丹波山村役場の駐車場に到着しました。天気予報は午前は曇りでしたが、晴れ間もみられ寒くありません。いい季節です。
今週火曜日に降った雪は、2日前の情報では数センチ残っているとのことでしたが、道端では全く見られません。昨日の雨が融かしてしまったようです。
歩き始めは多摩川沿いに、誰もいない静かで穏やかな車道を暫く進みます。
地図を見ながら、奥秋キャンプ場近くのグリーンロード入口の標識から階段を上ります。
遊歩道から取り付き点を探しますが良さそうなところが、なかなか無くて予定より西側から取り付き、芦沢山の尾根を目指します。

DSCN7244.jpg DSCN7251.jpg

グリーンロード入口


9:00 雑木林の中の急坂をひたすら尾根に向かって、ななこ(CL)、カオリン、ゴロー、私、ザク(後ろから写真の記録係)の順で登り始めます。

DSCN7254.jpg DSCN7258.jpg DSCN7261.jpg
グリーンロードの遊歩道を離れて斜面へ(予定よりもずっと西側から)



倒木を避けたり、潜ったり、跨いだりしていくうちにだん だん急になり、四つん這いで汗を掻き、掻き870m付近で尾根に乗りました。
9:51 ここで一休み、ななこさんは50m登った、と言っていましたがそんなはずは無く200m位は登りました。
50mだったら先が長過ぎます。

DSCN7273.jpg

870m付近で尾根に乗る


付近の地面の至るところに鹿の糞がみられ、遠くから「きーん」と鹿の鳴き声が聞こえました。
さて、尾根に沿ってのぼり進むうちに少しずつ雪がついてきました。
途中、林の間から飛竜山、前飛竜が望めました。
1000m位の地点で白い花のあせび(馬酔木)が群生していました。
あせびの枝葉に「アセボチン」という 有毒成分を含まれており鹿などの動物に
食べらないそうです。

DSCN7277.jpg DSCN7278.jpg DSCN7281.jpg
飛竜山、前飛竜を望む
アセビ


また、東斜面に見られた植林は、このあたりで終わりのようで尾根は鈴笹が茂っています。
P1148近くまで来ると、少しずつ雪がついてきました。
雪には、複数の動物の足跡が残っています。
この時点では、下山中に出会う獣のことなど考えもしませんでした。
ピークでは芦沢山に向かって進路を少し変えます。
11:18 芦沢山に到着です。
杭の根元をみると、雪に埋まった「芦澤」の標識が落ちていることに気がつきました。
芦澤と芦沢? どちらが正式な名前なのでしょうか?

DSCN7288.jpg DSCN7284.jpg DSCN7300.jpg
P1148
芦沢山

サカリ山の山容を見ながら尾根伝いで下り進みます。時間の関係からサカリ山ピークは諦め、手間の折り返し点で進路変更することにしました。
11:47 砥沢のりこし(コル)には、戸沢と丹波山の行き先標識がありました。
戸沢は砥沢のことでしょうか?
 
DSCN7305.jpg DSCN7307.jpg DSCN7310.jpg
サカリ山の山容を望む(遠いです)

砥沢のりこし(コル)

ここから登り返しがきつく、急坂で雪も深くなりキックステップで登ります。
目の前には尖ったサカリ山を望みます。
連続急坂で雪が多く降り積もり、大汗を掻きペースダウンです。
12:44 砥沢山(1458m)で小休止して地図を確認します。
サカリ山折り返し点を目指します。
途中の巡視路標識(大黒茂林道)を見送って尾根伝いに進みます。

DSCN7319.jpg DSCN7327.jpg DSCN7336.jpg

砥沢山(1458m)
巡視路標識(大黒茂林道)を見送って尾根伝いに進む

13:29 サカリ山分岐のピークに着き小休止して素早く行動食を取ります。

DSCN7345.jpg DSCN7349.jpg DSCN7346.jpg
大菩薩方面を望む
サカリ山分岐のピーク
サカリ山分岐のピーク

ここから下りなのでアイゼンを装着して、進路を北東にとり大指尾根を進みます。
14:21 小ピーク1380mまでペースを上げて進みます。
いくつかの小ピークを超えたのですが現在地がはっきりしません。
左に進むものの自信が持てなく先に進むか戻ろうか迷います。西側の尾根が識別できないのです。


DSCN7352.jpg DSCN7372.jpg DSCN7379.jpg
サカリ山分岐から北東尾根(大指尾根)に進む


地図と地形を何度も見比べて小ピーク1300mから進行方向の1246mのピークが認識でき、漸く安堵できました。磁石で正確に進行な方向を取るのは難しいですね。

DSCN7382.jpg DSCN7384.jpg DSCN7386.jpg

小ピーク1300m


ここからの下りは、水分含む雪と落ち葉が一緒について滑りやすく、制御が利かない。足場を踏みかためながら一歩、一歩・・・
アイゼンに雪団子が付着するので、慎重に払いのけながら進みます。
15:10 小ピーク1246に到着

DSCN7393.jpg DSCN7399.jpg

小ピーク1246m


この先は、アイゼンをはずして下ります。
後は下りの一本道、浮石が多く慎重に下ります。
大きな石も浮いており、落石が度々あり「ラクー」の声を掛け合います。
途中で、落石かと思ったら左背面側から2m弱の猪が横10mを凄い勢いで走り抜け、皆一斉に驚きました。
正面から出くわさずに良かった。
藤ダワに向かって最後の急斜面を下ります。
15:36 藤ダワに到着しました。一安心です。
花がうす紅色のあせび(馬酔木)を見つけました。

IMG_20180324_151207.jpg IMG_20180324_152550.jpg IMG_20180324_153622.jpg
藤ダワに向かって最後の急斜面

藤ダワに到着して一安心

帰りは全員の意見が一致して高尾天平は通らずにマリコ川に沿って林道から下ることにしました。
このあたりは杉の林となり、ゴローさんが花粉症に悩まされはじめました。
16:34 元の丹波山村役場の駐車場に到着した。
最初から最後まで誰とも出合わない静かな山行でした。

IMG_20180324_160828.jpg IMG_20180324_163448.jpg
マリコ川に沿って林道から下る
丹波山村役場前


帰途の途中、のめこいの湯で汗を流して帰宅しました。
のめこいの意味は、丹波山村の方言で「のめっこい」からの由来で「つるつる、すべすべ」という意味だそうです。

map

chronicle
return
すばるM45山の会
.
subaru M45 alpine club