大蔵高丸南西尾根 - ハマイバ丸 - 米背負峠(南大菩薩)

日 程: 2016年12月18日(日)
山域: 大蔵高丸 南西尾根(大蔵沢右岸尾根) - ハマイバ丸 - 米背負峠(南大菩薩)
形式: 読図ハイ キング
メ ンバー: ななこ(CL) ゴロー スガ ざく
記録: スガ
集合:
 07:38 JR中央線 甲斐大和駅 〜 タクシーで天目隧道手前下車
行程:  08:00 天目トンネル入り口付近取り付き 〜 08:48 P1152m 〜 09:27白岩P1266 〜 09:45鉄塔 〜 P1453m 〜 11:00 P1600m 〜 11:25 右岸鞍部 〜 大蔵高丸約1781m 〜 ハマイバ丸 〜 14:35米背負峠 〜 15:15大蔵沢林道 〜 16:25天目温泉(全行程約8時間半)


map

前回に続き、2度目の読図山行だ。コンパス、地形図、地 図記号を基に、場所チェックを行いう。コツを掴むとなかなか面白い。しかし、地形の込んだ場所では、地図と実際の地形を一致させることが難しく、まだまだ 道は長いと感じた。
さて、今回の山行は、前半の大蔵高丸までバリエーション、大蔵高丸からは登山道というルートを取った。大蔵高丸山頂までは、霜で土が凍っていて非常に硬 く、私の雪山用登山靴では非常に歩きずらく、前半から大きな肉刺が潰れ苦難の登山となった。

DSCN2655.jpg DSCN2657.jpg DSCN2666.jpg
天目トンネル手前から林道へ
取付き


天目トンネル付近の急登に取り付き登山開始!暫くして尾 根を右に直進。
広葉樹の落ち葉の中、急登をひたすら歩く。緩い登りに入ると背の高い枯れた笹の中を軽快に通り過ぎる。

DSCN2676.jpg DSCN2681.jpg DSCN2692.jpg
白岩付近
白岩付近
白岩付近

P1152m付近、この先の白岩と間違えそうな大きな岩 がいくつもある尾根を越え、急登と緩い登りを繰り返しながらP1266m白岩に到着。白岩では、本当に大きな岩が前途を阻み、しかも急な登り。滑らないよ うに慎重に進む。

DSCN2699.jpg DSCN2701.jpg Attachment.jpg

鉄塔
鉄塔から南アルプス

暫くすると大きな鉄塔に到着。鉄塔からの眺望は素晴らし かった。北側には甲斐駒ケ岳、白根三山、西側には富士山の白と青のコントラストがとても美しかった。

DSCN2730.jpg DSCN2732.jpg DSCN2752.jpg




この後、急登と緩やかな斜面を繰り返し右岸鞍部へ。

DSCN2761.jpg DSCN2774.jpg DSCN2786.jpg

鞍部への下り
鞍部の様子

水や土が凍った小さな沢を渡り、枯れた笹と格闘しながら 源頭を過ぎると穏やかな広い斜面が広がっていた。
 
DSCN2798.jpg DSCN2799.jpg DSCN2802.jpg
小さな沢沿いから進む





DSCN2811.jpg DSCN2815.jpg
小さな沢の源頭に出る



大蔵高丸山頂を目指すために取り付く場所を探し、またま た笹と格闘しながら登山道に出た。そこからは一気に山頂へ。

DSCN2817.jpg DSCN2818.jpg DSCN2823.jpg


登山道に出てマウンテンバイクのグループとばったり遭遇す

白と青のコントラストが美しすぎる富士山を眺めながらプ ライスレスな休息を取った。

DSCN2841.jpg DSCN2834.jpg DSCN2836.jpg
大蔵高丸山頂



大 蔵高丸山頂からハマイバ(破魔射場)丸までは整備された登山道。ハマイバ丸からの登山道は、「イバラの道」か「泥の道」の選択だった。前者は、鋭く硬いイ バラの棘が大量に待っている。後者は、霜が解けた後の泥が待っている。スパルタなCLはいばらの道を選択し、我々に攻略方法を教えながら降りて行った。イ バラの棘が衣服に刺さる音がものすごかった。もし失敗した場合、イバラが目や顔、体に刺さり大きな怪我につながる。CLには申し訳ないが、失敗しても青あ ざ程度で済む泥の道を選択。案の定、転んで泥だらけ且つ大きな青アザを作ってしまった情けない自分。

DSCN2862.jpg DSCN2865.jpg DSCN2873.jpg
ハマイバ丸からの下り 
イバラの道か泥の道の選択
イバラの実を食べてみました

ひたすら登山道を歩き続け、大蔵沢林道から天目温泉まで の長い長いコンクリートの道を歩き続けた。
最後に、バリエーションは楽しい!

DSCN2878.jpg DSCN2899.jpg
米背負峠
長い林道


map

chronicle
return
すばるM45山の会
.
subaru M45 alpine club