本社ヶ丸 - 清八山(御坂)

日 程: 2016年 2月28日(日)晴れ
山域: 御坂山塊 (滝子駅〜角研山〜本社ケ丸〜清八山〜天下茶屋〜河口湖駅)
形式: 雪山ハイ キング
メ ンバー: 佐藤
記録: 佐藤
行程: 中 央線笹子駅(6:10)〜角研山(8:00)〜本社ヶ丸(9:50) 〜 清八山 〜天下茶屋分岐(13:00)〜天下茶屋(13:30)〜河口湖駅(全行程約7時間20分)


土、日で、三つ峠四季楽園に泊まり、御坂山塊を縦走する 予定でしたが、
土曜日にアクシデントがあり出発ができなかったので、
立川のカプセルホテルに宿泊し、始発で日帰りで楽しむことにしました。


6:10 笹子駅発 日影の林道にうっすら雪が残ります。
6:30 林道が終わり、登山道に入り、渡渉が4、5回続きます。
6:50 ここで4本歯のアイゼンを土踏まずに装着。
   6本、10本、12本は装着したことがありますが、4本は初めて。
   急登が続きます。雪は5cm程度ですが、土は凍っています。
   つま先でけりこむと滑ります。4本歯は急登では役立たずです。
   雪と格闘しながら尾根を目指します。
   途中、このコースお決まりの送電線造形美を撮影。

20160228_071301.jpg 20160228_072331.jpg




8:00 滑りながらも、なんとか稜線に出ました。大休 止。
   これまでの急登と違い、尾根に出るとなだらかになります。
9:50 角研山を過ぎ、本社ケ丸で大休止。

20160228_093250.jpg 20160228_094813.jpg
本社ヶ丸の手前



   三つ峠へのルートを離れ、御坂山、黒岳へと続きま す。
   ここで問題勃発。気付くと、左足のアイゼンがありません。
   どうりでスリップが多くなったわけです。
   来た道を戻ってアイゼンを探します。
   もう、探すのをあきらめた時、落ちているアイゼンを見つけることができました。
   尾根は清八山への急登、清八峠への下りが続きます。
   ここで、またまた問題勃発。気付くと、また、左足のアイゼンがありません。
   なだらかなコースはアイゼンがないことに気付くのが遅れました。
   清八山と清八峠のあたりを何度も往復しアイゼンを探します。
   しかしみつかりません。
   2回の紛失で時間的にも体力的にも、縦走は難しくなりました。
   そして、アイゼン無しで、今日の最高峰黒岳に挑むのは、無謀です。
   天下茶屋に下山することに決めました。
   天下茶屋分岐が遠いです。やっと着きました。13時です。
   あとは20分の下りだけなので、大休止。


20160228_130349.jpg

天下茶屋分岐



13:30 天下茶屋に下山して、山歩きが終わりまし た。
   車道をトボトボ歩いていると、
   三つ峠に登っていた夫婦が車でピックアップして河口湖駅まで送ってくれました。
   めでたし、めでたし。

20160228_133119.jpg

天下茶屋



敗因。
4本歯のアイゼンは山歩きに向かない。
御坂山塊は思ったより大きい。
明らかに体力が低下しており、休み休み歩いたし、コースタイム通りに歩くのが精いっ
ぱい。
ふらつき症状も良くならないです。
 
chronicle
return
すばるM45山の会
.
subaru M45 alpine club