鳳来寺山紅葉ウォーキング(1) 最終更新日:2004/12/02

魅力発見・飯田線

 さる2002(平成14)年11月23日、飯田線本長篠〜湯谷温泉間でJR東海主催の「さわやかウォーキング」が行われました。今回の目玉は「もみじまつり」開催中の鳳来寺山で、健脚向きと銘打たれた難コースにも関わらず、大変多くのハイカーで当日は賑わいました。

 紅葉は文句無しに美しかったものの、昼頃より降りだした雨は次第に雨足も強くなり、引き返す人も続出。苦労して石段を登った先の鳳来寺も雲の中、下界の展望もききませんでした。翌24日は晴れ渡ったものの、おそらく「もみじまつり」開催期間中の人出のピークであっただろう23日に悪天候であったことが惜しまれます。

【本稿は2004/12/02写真配置のみ変更しています】 

名古屋発の「さわやかウォーキング飯田」号

▲本長篠駅
【2002/11/23撮影】

■名古屋発の「さわやかウォーキング飯田」号
 今回のウォーキング参加者のための臨時列車として、名古屋発本長篠行の臨時快速列車「さわやかウォーキング飯田」号が運転された。113系電車のヘッドマーク付6両編成で、途中新城の3番ホームや終点本長篠では、ホーム有効長の関係で1両の扉が締切扱いとされた。

賑わう本長篠駅

▲本長篠駅
【2002/11/23撮影】

■賑わう本長篠駅
 ウォーキングのスタート地点である本長篠駅では、ウォーキング参加者で賑わいを見せた。中には駅舎前で準備運動をする一団も。

豊鉄の臨時増発バス

▲本長篠付近
【2002/11/23撮影】

■豊鉄の臨時増発バス
 本日の鳳来寺山もみじ祭りやウォーキングに合わせて、参道入口のある鳳来寺バス停まで11月23日限りの多数の臨時バスが運転された。

旧田口線の廃線橋脚跡

▲旧田口線本長篠〜三河大草間
【2002/11/23撮影】

■旧田口線の廃線橋脚跡
 本長篠駅から鳳来寺参道へ向かう途中に、昭和43年に廃止された旧田口線の廃線跡の橋脚の下を通る。橋脚の高さから考えても、田口線は本長篠からかなりの急勾配で登っていたことが伺える。

鳳来寺参道

▲鳳来寺参道
【2002/11/23撮影】

■鳳来寺参道
 本長篠駅から徒歩約1時間、「もみじ祭り」開催中の鳳来寺山参道では、たくさんの露店が出るなどして大勢の人々で賑わっている。

東海市山の家

▲鳳来寺参道にある東海市山の家
【2002/11/23撮影】

■東海市山の家
 参道の途中に、旧門谷小学校の校舎を利用した、「東海市・山の家」がある。小学校の木造校舎の面影をそのまま生かし、最小限の工夫で宿泊施設として再利用したもので、敷地内の紅葉が実に美しく、カメラを向けていた人も数多く見られた。

参道の紅葉

▲鳳来寺参道
【2002/11/24撮影】

■参道の紅葉
 露店の並ぶ参道に連なる紅葉。この写真はウォーキングの翌日、晴天下での再訪時に撮影したもの。

鳳来寺山の石段

▲鳳来寺山
【2002/11/23撮影】

■鳳来寺山の石段
 いよいよ鳳来寺山名物、1,425段と言われる石段の始まりです。

石段を登る

▲鳳来寺山
【2002/11/23撮影】

■石段を登る
 山を登るほどに傾斜がきつくなる鳳来寺山の石段を、あえぎながら登る参拝者。

鳳来寺

▲鳳来寺
【2002/11/24撮影】

■鳳来寺
 ようやく到着した鳳来寺。大勢の参拝客が境内の休憩所で疲れを癒す。とりわけウォーキング当日は天候も悪く、参加者も疲れ気味ではあった。


●次は 鳳来寺山紅葉ウォーキング(2)です●

▲出口

●Report

▼順路