飯田線写真レポート 最終更新日:2005/12/05

魅力発見・飯田線

■飯田線写真レポート

 このコーナーはこれまでの飯田線トピックス内、あるいは更新情報内で案内してきた写真レポートページを分離・独立させたものです。今後も当サイト内の写真レポートを当欄に集約していくほか、新たに旅行レポートや過去の記録を掲載していく予定です。

※[▼新旧駅舎対照]はコーナー分離しました。

題名

頁数

主な
撮影年月

内容

■沿線紀行編

▼田本駅発・さわやかウォーキング

3

2005/05

2005(平成17)年5月21日、JR東海主催の「さわやかウォーキング」が田本駅を出発点として開催されました。特急「伊那路1号」の臨時停車も行なわれ、普段ひとけのない秘境の駅も大勢の人で賑わいました。

▼奥三河芸能祭2004
〜飯田線文化 Part5〜

1

2004/03

愛知県新城市で毎年恒例となっている「第17回奥三河芸能祭 ・第7回三遠南信伝統芸能フェスティバル」が2004(平成16)年3月に開催されました。主に新城文化会館を会場として行われた「飯田線文化」の展示を紹介します。

▼鳳来寺山紅葉ウォーキング

2

2002/11

2002(平成14)年11月23日、飯田線本長篠〜湯谷温泉間でJR東海主催の「さわやかウォーキング」が行われました。もみじまつりピークの鳳来寺山の様子です。【2004/12/02ページ再編】

▼飯田線旧線紀行・鴬巣〜平岡

1

2002/05
2005/03

2002(平成14)年5月に鴬巣〜平岡間を廃線跡に沿って歩いた際の写真報告です。2005(平成17)年3月のウォーキング行事に合わせ、内容を拡張しました。

▼平岡十方峡・旧線&新道めぐり

1

2004/11

2004(平成16)年11月に平岡周辺の「十方峡バイパス」を中心に探索した際の記録です。新旧の十方峡トンネルと平岡へ抜ける旧道からの展望が中心です。

▼飯田線旧線紀行・平岡〜為栗

1

2002/05

2002(平成14)年5月に平岡〜為栗間間の廃線跡を歩いた際の写真報告です。上記[▼平岡十方峡・旧線&新道めぐり]の続編として再編集しています。

▼桜満開・飯田線

1

2002/03

2002(平成14)年の冬は例年に比べ暖冬で、その影響を受けて全国的に桜の開花が早まりました。飯田線沿線では起点豊橋から飯田市内まで、南北100キロ以上にわたって同一日に満開の桜が連なるという、珍しい光景を見ることができました。

▼飯田市内まちなみ探索

1

2005/06

大火後の復興で画一的な街並をイメージしがちな飯田市街ですが、中心市街地より一歩踏み出すと、そこには古い建物が立ち並ぶ魅力的な空間が広がっています。
NEW!

▼林道西山線(西山林道)を歩く

1

2001/05

2001(平成13)年5月に飯田線 魅力発見 談話室の参加メンバーなど7名で大嵐駅〜水窪町間を自主ウォーキングした際の写真報告です。

■列車・車両編

▼飯田線北部トロッコ列車2002

1

2002/11

長年の沈黙を破って、2002(平成14)年11月に飯田線北部に再登場したトロッコ列車。列車運転時はいつも沿線各地の人気者です。

▼第40回伊那松島運輸区撮影会

1

2002/03

伊那松島運輸区恒例の撮影会、今回は最終回と発表され大変多くの来場者で賑わいました。

▼天竜峡駅開業60周年花電車

1

1988/09

1988(昭和63)年9月に、飯田線天竜峡駅を中心に「天竜峡駅開業60周年記念花電車」が運転されました。旧型電車「クモハ12形041号」を使用したイベント列車で、ボディ全体に施された派手な装飾は、沿線の注目を集めました。

▼保線用"レールバス"の方向転換

1

1988/03

1988(昭和63)年3月のある日、小和田駅に停車中の保線用レールバスがいきなりバック。方向転回のうえ大嵐側のトンネルに消えていきました。

■沿線バス編

▼飯田線沿線バス写真
[1|234

4

各時代

飯田線沿線を走る路線バスの写真です。1980年代より見かけるたびに撮影していたバスの写真を集めてみました。

■その他

▼飯田線で見かけたあれこれ

1

各時代

飯田線で見かけたちょっと不思議なもの特集です。


●次は 写真レポート・田本駅発・さわやかウォーキング です●

▲出口

▼順路