飯田線駅舎図鑑【伊那松島駅】

魅力発見・飯田線

伊那松島駅 駅舎 50kb


伊那松島駅 駅舎

●駅舎について
 駅は箕輪町の玄関口として絶えず改修工事を繰り返しており、現在ではトンガリ屋根を持つステンドグラス貼りの駅舎に生まれ変わっている。

89. いなまつしま
長野県 上伊那郡 箕輪町 中箕輪

 明治42年に飯田線天竜峡以北の前身、伊那電車軌道(のちの伊那電気鉄道)が辰野(西町)〜伊那松島間を開通させたのが伊那谷の鉄道の始まりです。ここ松島には車両工場(伊那電松島工場)が置かれ、車両の製造や修繕が行なわれていましたが、1943(昭18)年8月1日の国有化で伊那松島機関区となり、現在では伊那松島運輸区となっています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【羽場駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路