飯田線駅舎図鑑【沢渡駅】 画像更新:2000/05/18

魅力発見・飯田線

沢渡駅 駅舎 47kb


沢渡駅 駅舎

●駅舎について
 伊那電が軌道線から鉄道線に改修された大正12年の築造とされている駅舎で、手前の待合室部分拡張は昭和時代に行われている。拡張待合室の基礎には桜の老木が2本食い込んでいたが、1994(平成6)年頃に切り株を残して切られている。

82. さわんど
長野県 伊那市 西春近 沢渡

 飯田線の最急勾配である40パーミルの急勾配に近い駅で、信越線の碓氷峠が廃止された現在では、JR線一番の急勾配となってしまっています。

 沢渡は難読駅名の一つといえ、伊那西(旧伊那女子)高校の最寄り駅として朝夕は女学生で賑わいを見せ、待合室も手狭なため駅舎の正面側に増築されています。専用貨物の引き込み線がありましたが、1996(平成8)年3月に廃止されています。1998(平成10)年3月に業務委託化されました。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【北殿駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路