飯田線駅舎図鑑【飯島駅】 最終更新日:2004/03/20

魅力発見・飯田線

飯島駅 駅舎 28kb


飯島駅 駅舎

●駅舎について
 大きな窓と広い待合室が特徴の、シンプルな形状の木造駅舎である。ここ数年で何度か色の塗り替えが行われ、現在では壁がクリーム色、屋根が茶色を経て黒に落ち着いている。

74. いいじま
長野県 上伊那郡 飯島町 飯島

 飯島は古くは江戸時代に幕府の陣屋が置かれ、また明治維新の時には廃藩置県で伊那県の県庁が置かれていた事がありました。駅は1983(昭和58)年2月24日の北部CTC化で業務依託化、夜間無人化されています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【駒ヶ根駅構内赤穂支社(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路