飯田線駅舎図鑑【飯田駅】 新規掲載:2000/05/18

魅力発見・飯田線

飯田駅 駅舎


飯田駅 駅舎

●駅舎について
 大正12年建築の木造駅舎を母体としながらも、平成4年の外壁や屋根の全面的な改築工事により、全く原型をとどめない新しい姿にイメージチェンジしている。赤い半円形の屋根は、飯田名物のリンゴをモチーフとしたとされている。

 なお大変大きな建物であるため、右端の二階建て部分は一部省略して掲載している。

※現在では入口右側の「旅行センター」は閉鎖されています

60. いいだ
長野県 飯田市 上飯田

 古くからの城下町でもあり、伊那谷最大の都市である飯田市の玄関口となる駅で、以前から駅を中心にした商店街が縦横に展開していました。最近は郊外ロードサイドの賑わいとともに商店の減少も目立っていますが、一方で再開発計画により賑わいを取り戻す事業も進行しています。 [▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【元善光寺駅】 です●

▲出口

●目次

▼順路