飯田線駅舎図鑑【駄科駅】 画像更新:2000/05/24

魅力発見・飯田線

駄科駅 旧駅舎


駄科駅 旧駅舎

●旧駅舎について
 旧伊那電型の外観に近い姿ながら、外壁の仕上げなどに独特の造りが見られた希少な駅舎であったが、1998(平成10)年5月、放火により全焼したため現存しない。

54. だしな
長野県 飯田市 駄科

 天竜舟下りの名所の一つ、「鵞流峡」に近い駅で、もともとは駅員配置のある交換駅でしたが、1984(昭和59)年の無人化に続き、1989(平成元)年に交換設備が撤去されています。駅の裏は凍豆腐や納豆など大豆食品のメーカーとして全国的に有名な「旭松食品」の工場となっています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【伊那八幡駅】 です●

▲出口

●目次

▼順路