飯田線駅舎図鑑【伊那小沢駅】 新規掲載:2000/05/01

魅力発見・飯田線

伊那小沢駅 旧駅舎


伊那小沢駅 旧駅舎

●旧駅舎について
 正面に鉄板が貼られた以外は、アルミサッシ化も進まず古い面影を残す駅舎であった。ホーム延伸により通行上邪魔となる柱が、レールを曲げた鉄骨で支えられるのが大きな特徴。2000(平成12)年2月に新待合室の建設にともない解体された。図では正面図と側面図を並べてある。

41. いなこざわ
長野県 下伊那郡 天龍村 平岡

 長野県内では最も早く咲くコヒガンザクラで知られる駅で、天竜川を望む高台の駅です。天竜川の中州には「弁天岩水神」と呼ばれる岩を見ることができ、また県道1号線と林道天竜川線を結ぶコンクリートアーチ橋「水神橋」が架設されています。

 2000(平成12)年2月に下りホーム上にも待合室が新設されたため、駅舎は解体されました。 [▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【平岡駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路