飯田線駅舎図鑑【大嵐駅】最終更新日:2005/07/01

魅力発見・飯田線

大嵐駅 駅舎


大嵐駅 待合室

●待合室について
 1997(平成9)年8月、飯田線全通60周年を機に、旧来の木造駅舎が建て替えられたもの。愛知県北設楽郡富山村の出資により建てられた。

38. おおぞれ
静岡県 浜松市 水窪町 奥領家

 トンネルに挟まれた狭隘な駅で、駅の所在地は静岡県ですが、利用者の多くは駅前の鷹巣橋対岸の愛知県北設楽郡富山村(とみやまむら)に住む人々です。富山村は全国の市町村の中で最も人口の少ない村(約200人)として知られており、「日本一のミニ村」として観光をアピールしています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【伊那小沢駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路