飯田線駅舎図鑑【湯谷温泉駅】 画像更新日:2000/05/01

魅力発見・飯田線

湯谷温泉駅 駅舎


湯谷温泉駅 駅舎

●駅舎について
 鳳来寺鉄道として開業以来の駅舎で、旧三河大野と同様、鳳来寺鉄道直営の旅館が併設されていた。国有化時には営業を取りやめ、一時は職員宿舎として使用されていたが、老朽化のため現在は待合部分しか利用されていない。

21. ゆやおんせん
愛知県 新城市 豊岡

 湯谷温泉郷の玄関口で、開設以来の駅名は「湯谷」でしたが、JR化後の1991(平3)年12月14日に「湯谷温泉」と改称しています。国鉄時代の1985(昭60)年4月1日に一旦無人化されましたが、1994(平6)年3月1日に日中の業務依託ながら駅員配置が復活しています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【三河槙原駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路