飯田線駅舎図鑑【東新町駅】最終更新日:2005/03/04

魅力発見・飯田線

東新町駅 駅舎


東新町駅 駅舎

●駅舎について
 豊川鉄道時代の昭和17年に改築された駅舎で、同じ木造モルタル塗りの旧長山駅と細部の造りに共通性が見られる。改築の手が絶えず加えられていて、手入れもよく非常に状態が良い。

13. ひがししんまち
愛知県 新城市 平井

 桜の名所として知られる桜渕公園の最寄り駅であるほか、新城高校の下車駅でもあるので朝夕は賑わいます。駅舎は木造モルタル塗りの平屋建てで決して新しくはありませんが、手入れが実に行き届いていて何時見てもきれいなのには感心させられます。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【茶臼山駅】 です●

▲出口

●目次

▼順路