飯田線駅舎図鑑【下地駅】

魅力発見・飯田線

下地駅 駅舎


下地駅 駅舎

●駅舎について
 飯田線の上下線に挟まれた位置に存在し、駅舎へは築堤下の道路から階段を登って入場する。昭和49年に鉄骨造の現駅舎に建て替えられたが、昭和60年には無人化された。図では正面図と側面図を並べてある

03. しもじ
愛知県 豊橋市 横須賀町 横須賀

 船町と同様、名鉄線との共用区間にある駅で、こちらもやはり飯田線の朝夕列車と豊橋〜豊川間の区間運用しか停車しません。豊川橋梁の架け替えの際に線路が移設されたため、上下ホームが片側ずつ2本ずつ継ぎ足された形状になっています。[▼駅詳細


●次は 飯田線駅舎図鑑【小坂井駅(旧)】 です●

▲出口

●目次

▼順路