飯田線・新旧駅舎対照9【小町屋〜北殿】 最終更新日:2005/07/26

魅力発見・飯田線

小町屋駅旧待合室

【撮影:1996/05/01】

小町屋駅新待合室

【撮影:1997/10/25】

▲小町屋駅・旧待合室/新待合室
●建築年不明/1997(平成9)年10月頃解体・新築

 木造の待合室が1997(平成9)年まで使用されていたが、老朽化が著しく建て替えられた。

【撮影:1996/09/09】

【撮影:1999/10/11】

▲大田切駅・旧待合室/新待合室
●建築年不明/1999(平成11)年解体・新築

 比較的小柄な待合室が使用されていたが、1999(平成11)年に現在の場所に新しい待合室が建てられ、元の待合室は解体された。新待合室使用とともにホームへの入口も改められている。

・[▼駅舎図鑑]に旧・待合室外観図を掲載

宮田駅旧駅舎

【撮影:1995/04】

宮田駅新待合室

【撮影:2000/02/】

▲宮田駅・旧駅舎/新待合室
●1913(大正2)年建築/1998(平成10)年解体・新築

 飯田線の前身「伊那電気鉄道」が宮田まで開通した大正2年以来使用されてきた、非常に長寿を誇っていた駅舎でもある。末期は写真のようにクリーム色のペンキに塗られ、多少厚化粧ながらも若返っていたが、老朽化が著しく解体された。

・[▼駅舎図鑑]に旧・駅舎外観図を掲載

赤木駅旧待合室

【撮影:1995/11/04】

赤木駅新待合室

【撮影:1998/08/20】

▲赤木駅・旧待合室/新待合室
●建築年不明/1998(平成10)年改築

 奥行きの小さい立地に建てられたコンクリートブロック積みの待合室で、扉の配置上狭苦しい印象があったが、改築により開放的な待合室に生まれ変わった。

伊那北駅改築前

【撮影:1988/09/03】

伊那北駅改築後

【撮影:2001/07/29】

▲伊那北駅・改築前/改築後
●1963(昭和38)年建築/1991(平成3)年改築

 コンクリートブロック造り平屋の駅舎で、駅務室部分は外装材で覆われた以外に大きな変化はないが、中央部分に大きな吹き抜けの三角屋根が架けられたことによって、印象は別駅のように変化している。

北殿駅旧駅舎

【撮影:1996/09/10】

北殿駅新待合室

【撮影:1999/04/04】

▲北殿駅・旧駅舎/新待合室
●1923(大正12)年建築/1999(平成11)年解体・新築

 伊那電気鉄道が軌道線から鉄道線へと改修された大正12年築の駅舎で、伊那電時代のプロポーションをよく残しながらも、緑色の瓦葺き屋根など、駅舎としてのまとまりには人気があった。

 平成11年に待合室の新築にともない解体された。

・[▼駅舎図鑑]に旧・駅舎外観図を掲載


●次は 飯田線・旧駅舎写真館10 です●

▲出口

●目次

▼順路