飯田線 魅力発見 談話室・過去ログ集54

■■ 飯田線と沿線地域の話題を中心に語り合いましょう ■■
■■■ 本文は掲示板に投稿された内容を集成したものです ■■■


●5400〜5301件目(2005年3月24日←2004年12月1日)の投稿です。
新しい記事から順に記録されています。元内容に対し、投稿件数を付加しています。


▲以後の投稿


ひさびさに…  投稿者: Mc43810  投稿日:2005年 3月24日(木)16時31分33秒(5400)
たぶんはじめての書き込みと思います。

 飯田線との出会いは1980年のGWでした。東京から大垣行きで豊橋に向かい1221Mのクモハ53008で辰野にむかったのが最初です。
 その後、撮影に行ったり、乗り通したりと飯田線は隣の県にあるのに身近な路線で、いつも皆さんの書き込みを楽しく拝見させていただいていました。
 さて、21日に数年ぶりの飯田線乗り通しを544Mで楽しんで来ました。沿線の景色はまだまだ見慣れたものが多かったのですが、河原の木が伸びて撮影できなくなっていたり、たんぼだったところが中華料理屋になっていたりと細かな変化を発見しながらの6時間30分でした。(可動ブラケットがけっこうあるのは驚きです)
 でも、やっぱり楽しい線ですね。


やっぱり旅は三遠南信!  投稿者: 旅なれた人  投稿日:2005年 3月18日(金)16時41分52秒(5399)
 >たもと千代さま

 レスどうもです。おお、鋭い! 私は三重県北部某市に住んでおります。ハマグリの漁獲量が日本一の町(多分)です。新幹線で東京まで行き、「ながら」に乗って豊橋で降りれば、6時の天竜峡行きに乗れますが、金が・・・・(泣 実は以前、中津川発飯田行き高速バス「いいなかライナー」で、飯田に行き、そこから9時24分の天竜峡行きで三遠南信を訪問することが多かったのですが、「いいなかライナー」は昨年9月を以って廃止されてしまいました。私よりももっと遠方から来る方は、中部天竜で天竜峡行き普通列車に乗り換えるんですね。

 そうなんですか。そういえば中部天竜の椅子は3人がけだったなぁ。2人がけは「みすず」や芸備線急行「たいしゃく」にも使われていました。モケットも0系時代のままなんでしょうか。
 それにしても中部天竜は長閑でいい所でした。空気がおいしかったのが印象的です。今度行くときは「トロッコファミリー号」で佐久間レールパークにでも行こうかと考えています。
編集済


奥三河芸能祭終了  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月18日(金)02時03分33秒(5398)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
3月12日〜13日に新城市で開催された「奥三河芸能祭」に参加・観覧された皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございました。

 本年も昨年に引き続き、新城文化会館内の展示会場にて「魅力発見・飯田線」はささやかな展示を行いました。また拙著「飯田線各駅停車の旅」と新葉社刊「奥天竜ろまん紀行・素顔のジパング飯田線」の委託販売も行いました。

 地域で行うイベントとしては比較的地味な題材であるにもかかわらず、数多くの市民の方々にご来場いただき、郷土への関心の高さを伺う事ができました。しかしその一方で展示物が年々減少気味であることも否定できず、何らかの目新しい企画が必要になってくるものと思われ、当方でも翌年に向けて何が出来るかが検討課題として考えなければいけないと痛感させられました。

 さて会期中の12日展示終了後に、桜渕での「文化の夕べ」が始まる前の時間つぶしとして、夕暮れの新城市内をウォーキングしてみました。東新町の陸橋を越え、茶臼山駅の先のバイパスの果てまで行って折り返してきたのですけど、行きの時に陸橋近くの住宅街の中で「ナザレ」といううどん店を見つけ、帰りに寄ってみました。

 ひと気のない静かな住宅地にそっと建つ静かなたたずまいに、「本当に営業しているのか」と不安になったのですが、扉を開けてびっくり、見た目以上に広い店内には軽く20名を越える先客が。1テーブルだけかろうじて空いていたものの、帰るお客が居ればすぐに新しい客が入れ替わり入ると行った状態で、賑わいが絶える事がありません。

 あまりにキツネに摘まれたような体験であったため、翌日地元の方に訊いてみますと、やはり市内の人には知られている店のようで、わざわざ車に乗って食べに行くこともあるとのことでした。意外な立地に意外な賑わいがある、ということが今回の新しい発見でした。ちなみにこの後桜渕へと向かう途中、東新町近く?で花火が何発か上がっていました。この季節に花火とは珍しいものです。

●愛・地球博>かずリン様
 万博もいよいよ開幕が目前ですね。
この掲示板開設当初の6年前にも随分と話題になりましたが、当時は否定的ムードが支配していたものの、いざ目前というと意外なほどに歓迎ムードで盛り上がっていますね。

 なんかメジャーパビリオン狙いだととんでもなく行列に並ばされそうなので、のんびり場内の森でも巡ってみたい気がするのですけど、それだけだとあの入場料では割に合わない気もしますし悩ましいところです。

 「花博」みたいに台風の日を狙って行くかな(←なにも狙った訳ではないんだけどさ^^;)。

●さわウォ>たっちー様

 あ、豊橋駅を通ったのにパンフレットをもらい忘れてしまっていました。(^^;
駄科・大海・田本は時刻表の臨時停車から何となく様子が掴めそうですけど、飯田というのがどういうコースなのかちょっと興味があります。ひょっとしたら市内の桜めぐりかな。

●富山村消滅>Maru様
ついにこの日が来てしまいましたか。
富山村の玄関口である「大嵐駅」が浜松市になるというだけでも違和感一杯なのに、その浜松市から橋1本越えた先が豊根村になってしまうとは、にわかに信じ難いものがあります。

 そうなると「日本一のミニ村」がキャッチフレーズとして使えなくなってしまう訳で、富山村ファンの我々としてはどうやってその魅力をアピールしていいのか、頭をひねらなくてはいけません。

 それはそうと合併で村の施設が統廃合されたりしたら、これまで狭い村域で完結していた元村民の生活も変化せざるを得ない訳で、村民バスの大嵐〜漆島間に加えて豊根村中心部方面への延伸など、短期間にさまざまな変貌を余儀なくされそうです。

 こう聞いてしまうと、ぜひ今年の夏には最後の「富山村」へ遊びに行きたくなりますね。

●飯田線の旅>旅なれた人様
 旅なれた人さん、初めまして、です。これからもよろしくお願いします。
豊橋8時12分に乗車できるということは、東海地区からのお出かけでしょうか。東京方面からですと夜行を使って豊橋6時発の電車か、当日の朝発だと早くても豊橋9時08分発の「伊那路」になってしまうので、旅なれた人さんとは逆に中部天竜で「伊那路」から普通電車へと乗り換えるパターンが多くなっています。

 
 いずれにしても中部天竜駅で、ホッとしたひとときを過ごす事には変わりありませんけどね。

 さて中部天竜駅の新幹線シートですが、実はここで使用されているシートは「3人掛け」の方なんですね。0系が廃車されている頃、2人掛けシートは各地の在来線車両の車内設備改善用に引っ張りダコだったのですが、3人掛けの方はさすがに再利用できる車両もなく、細々とこのような駅の待合室に転用されるくらいしかなかったので、現在から見れば貴重な生き残りと言えるでしょうね。


そろそろ桜も・・・・・  投稿者: 旅なれた人  投稿日:2005年 3月17日(木)12時03分11秒(5397)
 以前から拝見させていただいておりましたが、初めて書き込み致します。飯田線ファンの旅なれた人と申します。以後、宜しくお願いします。

 昨日、飯田線前線を乗りとおしてきました! 営業キロ195,7キロの飯田線はやはりたくさんの魅力を秘めていますね。3回目の訪問でしたが、十分に楽しめました。豊橋8時12分の天竜峡行きに乗り、中部天竜で「伊那路1号」に乗り換えました。なんと中部天竜駅の待合室の椅子は、169系「みすず」から取り払われた元0系の新幹線のシートなんですね。小和田駅通過の風景をしっかりビデオカメラに収めました(笑)。飯田11時36分の岡谷行き普通列車に乗り換え、駒ヶ根で下車しました。しらび平行きのバスに乗り換え、お土産品を売っている「駒ヶ根ファーム」まで行きました。岡谷で事故のため、30分ほど立ち往生しましたが、飯田線を1日中満喫でき、とても贅沢な旅でした。


富山村消滅  投稿者: Maru  投稿日:2005年 3月16日(水)08時57分15秒(5396)
 Yahoo!ニュースによれば、かねてから協議が進んできた愛知県豊根村・富山村の合併について、豊根村への編入という形できょう16日、協定書の調印が行われるようです。合併後の人口は1600人と、「日本一のミニ合併」になるようですが、飯田線ファンにも愛されてきた「富山村」の名が消えるのは時代の流れとはいえ、少し寂しい気もしますね。
 地形的障壁もあって、1876年に4か村が合併して村ができて以来、これまで一度も他町村と合併せずに130年近く歴史を刻んできたわけで、重大な決断をされたことと思います。
 合併は11月27日の予定だそうです。

遅レスですが・・・

【たもと様】
>ところで一つ気になるのですけど、番組収録のスタッフは伴走したのでしょうか。機材もあ
>るでしょうから車だと想像するものの、もしカメラを担ぎつつ「足」を使っての伴走ならこ
>れはチャンピオン級の走りでしょうね。


 私がまず伊那上郷→下山村(14分)を試走してTBSの安東アナが車内で待機し、その後、下山村→伊那上郷(21分)を安東アナが走るというものでした。私が走った時は、一番若いADの方が小さなハンディカメラを持って一緒に走りました(伊那上郷のホーム出口の階段で早速転倒していましたが…)。私の走行シーンを前から押さえるために先回りしなければならなかったりして、大変そうでした。
 安東アナが走る時はカメラマンさんや音効さん、照明さんなどが総出で走っていきました。ロケバスは伊那上郷へ先回りして待機していたので、当然「ワープ」はしておらず、さすがプロフェッショナルだと感心したものです。ロケ隊はゴール後、ヘトヘトになっていましたが(笑)
編集済


さわウォ  投稿者: たっちー@豊橋  投稿日:2005年 3月12日(土)04時36分40秒(5395)
只今豊橋にいます。
駅にあったパンフによれば、今春のさわウォ開催箇所は飯田線関係では駄科・伊那市・飯田・宮田・大海・田本となっています。


いよいよ芸能祭迫る  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月10日(木)01時48分18秒(5394)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
トップのページにも書いていますが、ここで改めて告知をさせていただきます。

第18回奥三河芸能祭・第8回三遠南信伝統芸能フェスティバル開催
〜飯田線文化Part6〜
3月12(土)日〜3月13(日)日


○新城文化会館で行われる「飯田線情報の旅」に、「魅力発見・飯田線」は
出展予定です。

・今回は当ブースにて新葉社刊「奥天竜ろまん紀行・素顔のジパング飯田線」を
販売予定です。

新城の方も遠方の方も、ぜひ飯田線に乗ってお出掛けくださいませ。
詳しくは「飯田線トピックス」をご覧ください。

●競争>豊川 鼎様
>ただ、時間が合わなくてどうも15分前後の速達列車には挑めそうもありません…どうしよう。
>皆様お勧めの列車があれば教えて頂きたいのですが…宜しくお願いいたします。

 え〜、いつもワンテンポもツーテンポも遅れてしまいまして申し訳ないです。
ただ現在のダイヤでは日中は飯田乗り換えの電車が多いですから、実際の選択肢はあまりなさそうですね。
別の電車に勝っても嬉しくもありませんしねぇ〜。
ま、がんばってください。(^^)

●養命市>ishi@駒ヶ根様
>ところで養命市ですが公募された市名候補に含まれていました。
>養命酒のルーツは中川村なのでエリア全体との関連はありますね。

 ありましたか。たしか中川村では「養命の里」なんてのがあったなぁ〜と思いまして…。
ま、これも歴史があるとはいえ一企業の一ブランドというイメージが強いから難しいでしょうけどね。

>カタカナ名のものも問題の中央アルプス市以外にツインアルプス市・コスモ市など
>結構あります。

 ツインアルプス市!…なんだか口にするのもコッ恥ずかしい名前ですね(苦笑)。
それからコスモ市もあったんですね。やっぱりカタカナで書くくらいなら「越百市」の方がいいですね(←実は気に入っていたりする)。

●伊那小沢のカンザクラ>飯田人様
>本日、伊那小沢駅へカンザクラを見に行ったのですが見頃はあと一週間後くらいです。

 おっと、我々と1日違いではないですか。もし次の日だったら大群衆が訪れてビックリだったかもしれません(笑)。
今年の冬は本格的に寒かったですから、通常の桜も遅くなりそうですね。…というか元に戻るだけかもしれませんが。

●カルチャートレイン>ムーンライト東海道様
>ところで、場所が場所だけに帰還が遅くなるかと思いましたが、意外に早かったですね。


 目的地がどこであろうとも豊橋発と豊橋着はいつも同じくらいなので、遠くへ行けば行くほど現地での滞在時間が短くなる、というジレンマはあります。今回のウォーキングもフルで歩けば結構難儀なコースですし。平岡は龍泉閣のおかげでいくらでも時間が過ごせるので、時間が足りないと思うことはあっても、決して退屈する事はありませんね。

●いま、会いにゆきます>淵東 渚様
 そうですか、ご覧になりましたか「痴漢電車車内はムラムラ」。(←だから違うって)
外観が115系なのに車内が京王線とかりんかい線だったとか。(←だから違うって)

 さて、ぐぐってみたらかなり詳しいロケ地のガイドを掲載しているページがあるんですね。
ほんと信州一円というか、一部は山梨にまでまたがってロケをしているそうで、かなりシチュエーションにはこだわっているみたいです。さすがに七久保までは載っていませんでしたが(←ひょっとしたら思い込みかもしれないので、これから見に行かれる方はぜひ確かめてみてくださいね)。

 そうそう、映画といえば中部地方を中心に放映されている映画「1リットルの涙」というのがありますが、その舞台が豊橋という事で(豊橋での実話を元にした映画だそうです)、飯田線こそ出てきませんが、路面電車の軌道や地域の諸施設が登場します。

 もともと地域でささやかに上演されていた映画だけに、全国的には放映されているところは少ないですが(東京だと池袋だけとか)、機会があったら見ておきたい映画だと思います。

>実は私、3/5の63Mに乗っていました。
>管理人様は11Mか59Mでしたでしょうか?

 11Mでした。(^^)
あ、前後してしまいましたが、3月5日分の紀行は後から掲載の予定です。


3月6日はせっせと仕事をしていました  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2005年 3月 9日(水)06時33分10秒(5393)
おはようございます。
>管理人さん
文化列車のレポ、ご苦労様でした。
やはり引き上げ駅は平岡駅でしたか。
個人的には、天竜峡駅若しくは平岡駅を予想していましたが、的中でしたね。

次に定員割れとのことでしたが、驚きでした。
管理人さんが仰るように毎年受付開始から僅かな期間で定員に達するのですが、定員割れになるとは思っても見ませんでした。
このままだと減車、は…(この先は想像もしたくありません)

>かずリンさん
万博のボランティア、ご苦労様です。
それと、万博列車についてのご教示ありがとうございます。
個人的には3本とも中央線内も快速運転すると良かったと思いますが、そうは行かないようですね。
あと、万博輸送の影響からか、静岡区の車両が中央線の運用に入っていますね。実際名古屋駅で静岡区の車両を使用した多治見行き等と言うものも目撃しました。(車内を見たら広告が無かった)

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


カルチャートレイン乗車しました  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月 9日(水)01時35分58秒(5392)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
現地から少々書き込みましたが、3月5〜6日にかけて新城市主催のカルチャートレイン「飯田線文化号」への乗車も兼ねて、飯田線へ出掛けていました。簡単ですが当日のリポートです。

●3月6日(日)
 いよいよ「カルチャートレイン」当日となりました。毎年のこととはいえ豊橋発が7時08分と早めなため、朝の苦手な私には少々つらいものがあります。豊橋駅で本日一緒に貸切列車に乗車するカネト合唱団の方々とも合流し、1番ホームへと向かいます。

〜往路〜
 毎年気になる「カルチャートレイン」充当車両ですが、本年は117系4連が入線してきました。主催側としては165系亡き今、ヘッドマークの取付が可能な113系充当を希望しているようですが、毎回JR側の事情で投入車種が決まるそうです。たしかにヘッドマーク付列車は写真撮影の際には大きな華となる一方、純粋に乗車する側から見れば113系だとロングシート席で終始往復となる乗客も出てくるわけで、なかなか両者の利害を一致させる車両がないのがつらいところです。

 さて私たちに指定された車両は先頭の1号車。もともと新城市で募集する列車であるがために、豊橋からではまだまだ空席も多数あります。たまたま運転室直後の席が空いていたので、乗務員用の時刻表を見るのに便利!とその席に陣取りました。

 列車は豊橋を出ると、豊川・新城・大海と停車していきます。募集時に乗車駅として指定されているのがこの4駅で、停車するたびに空席は埋まっていきますが、今回は乗車率100パーセントには達しませんでした。毎年募集定員に対し応募が殺到し、1週間以内には満員締め切りになると言われているカルチャートレインですが、今回はたまたま時期的にインフルエンザの大流行が重なり、多くの事前キャンセルが生じたと聞きます。空席のすべてが病欠と言う訳ではないでしょうが、少々気になります。

 大海で参加者が出揃うと、車内で本日の行程や観光ガイド、次週の奥三河芸能祭の案内といったパンフレットの配布が始まります。毎回感心するのですが、通常こうしたパンフレットを配布する際は大型封筒に一度に入れて、というパターンが多いのですが、この「カルチャートレイン」では2つ折のクリアーファイルに綴じ込みのうえ、スリットを入れて「豚汁無料券」や「温泉割引券」が挟み込んであるという、機能的にまとまったものが配布される事です。新城市のこの行事に掛ける意気込みが伝わってきます。

 三河大野到着時より車内では、「カルチャートレイン」ですっかり恒例となった勝楽寺(三河東郷駅前)住職による尺八の演奏が始まり、続いて三河川合付近で「カネト合唱団」による合唱(線路がない歌)が始まります。両者が各車両を巡回しているうちに列車は奥三河から北遠へと入り、浦川駅で行き違いのための長時間停車があります。列車内には約200名の参加者に対しトイレが1箇所しかないため、行列状態となっていたのですが、この停車で駅のトイレが使用できかなり救済が計られたようです。たしかに近距離客の比率も高い通勤車両に対し、長距離を行く団体貸切列車ではより一層トイレの需要も高い事から、通勤車両を貸切に転用することの難しさを感じずにはいられません。

〜ウォーキング〜
 10時05分、伊那小沢駅に到着。電車はこのまま平岡駅まで回送されるとの事でした。カンザクラの咲く駅として紹介されましたが、飯田人さんからの投稿にもありました通り、見頃にはまだ少々早かったようです。簡単にコース説明を受けた後で、平岡駅までのウォーキングに出発です。

 駅前の天竜川を越えるコンクリート橋を実に200人もの行列が渡り、これはこれで壮観です。渡り終えると本来のコースは右側なのに、左側へと向かう人々が多数。何かと見るとそこは「ニセンジふれあい広場」というちょっとした公園のような場所で、トイレへと向かう大行列ができていたのでした。ふと見渡すと、広場の端にものすごく既視感を覚える建物が。平面で見て三角形のログハウス調の小屋なのですが、その形態は平岡駅が改築される前に駅前広場に建っていたバス待合室と酷似しています。同一図面で新築されたのか、バス待合室を移築したのかは不明ですが、非常に気になる建物ではあります。

 このさき道は複雑に曲がりくねり、方向感覚を失いそうです。そのうえ各所に分岐しているので、このあたりのマクロな地形を知っていても、道路の分岐がどちら方向へ向かうのか見当も付きません。そのせいかドライブやツーリングで来た運転者はみな車やバイクを道路脇に止め、道路沿いに建てられた地図を食い入るように見ていました。

↓下に続きます


カルチャートレイン乗車しました(後編)  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月 9日(水)01時34分58秒(5391)
 さてさてその大きな地図が掲げられているところから、対岸にある伊那小沢駅の全貌を拝む事ができます。時刻表を見るともうすぐ119系と特急伊那路の交換が見られそうな事から、しばらく立ち止まって写真を撮る事にしました。毎回毎回こうやって電車を狙っているから、いつも最後尾になってしまうのですけどね(笑)。

  伊那路を撮影後、気を取り直して進みます。前方に古風なトラス橋が見え、天竜川を横断します。この橋の対岸が鶯巣の集落で、その全貌は飯田線の車内から見た印象よりもはるかに大きな集落に思えました。集落の中心には村営バスの鶯巣停留所があり、ここにもトイレがあるとあってやはり行列が出来ていました。

 もう少し歩くと、飯田線の付け替えられた旧線と現在の飯田線が並行した鉄橋があります。またも電車の時間が近付いているので、ここで写真を撮る事に。さらにここからは平岡駅までほぼ完全に旧線の線路と並行するとあって、気分は廃線跡巡りです。

 さすがに谷間ごとに錆び付いた鉄橋が見える光景は一般の人にも気になるようで、旧線の写真を撮っているとウォーキング参加の見知らぬ人からも「ここは何線が走っていたのですか?」という質問も受けたりしました。途中「精心の滝」で一休み。夏でもひんやりとする滝の周囲は、まだまだ春とは言い難い気候の中で一層の寒気が取り囲んでいました。

 途中山を駆け上るサルの姿を見ながら、ようやく平岡の街へと到着。駅前の出店は大勢の人々で賑わっていました。しかし本来のコースでいうとまだまだここは終点ではありません。コース完歩を目指す我々は食事を採りたい気持ちを抑え、次の目的地である満島神社へと向かう事にしました。

 線路を越え神社へと向かう山を登り始めた頃、村中に案内放送が響き渡ります。本日12時30分より平岡駅龍泉閣前にて、カネト合唱団による合唱の披露があるとか。この時私たちはカネト合唱団の方々数名と歩いていたのですが、すでに12時10分頃ですぐに戻らなければなりません。「聞いてないよ!」と引き返す合唱団員を見送り、さらに山を登って満島神社へと向かいます。

 山を登るたびに展望は開け、117系電車が待機する平岡駅の全貌が望めるようになります。外気は寒いのに相次ぐ登り坂ですっかり汗まみれになった頃、ようやく満島神社へと到着です。境内では多くの参加者が昼食を採っていましたが、さすがに帰りの集合時刻まで約1時間というところまで迫っているので、少々休憩の後コースの続行に入ります。

 そのまま山を下れば時間の節約にもなるのですが、せっかくここまで来たからにはと正規のコースを進み、平岡ダム一望の箇所へと進みます。飯田線の十方峡トンネルの真上を通過し、目の前に平岡ダムの勇姿が望めます。ここからは一気に下り坂の連続、みるみる平岡駅が近付きます。

〜平岡着〜
 平岡駅に戻ると、龍泉閣前でカネト合唱団による合唱が続いており、周囲を観客が取り囲んでいます。さっそく無料でいただける豚汁で冷えた体を暖めつつ鑑賞します。合唱終了後、私は露店で五平餅を買って昼食としますが、何人かの方とお話をするうちに残り時間も少なくなり、混雑している事もあって温泉はあきらめ、売店で特産品を購入し、帰りの電車を待ちます。

〜復路〜
 行きと同じ117系電車に乗って帰路に着きます。お世話になった天龍村の人々に手を振って名残を惜しみつつ電車は走ります。帰路はみなウォーキングでぐったりお疲れと思いきや、そこは逆で往路と違ってアルコールを各人が持ち、すっかりと行楽気分です。このあたりは貸切電車ならではの楽しみですね。

 復路も往路同様、長時間停車を重ねながら進むのですが、気分的に時間が長くて焦るような気持ちもなく、むしろもう少し旅の余韻を楽しみたいという気分にすらなります。大海・新城・豊川と停車するたび往路とは逆に人数が減少していき、車内にも空席が目立ってきます。

 終着点を目前とした小坂井でしばらくの停車。複線区間での時間調整とは意外でしたが、通常では豊川駅で名鉄線との時間調整を行うところを、豊川駅で線路を定期列車に空け渡すために早々に出発し、ここ小坂井で調整しているのでしょう。ここまで来たら「もう少し乗っていたい」という悪あがきも無駄で、電車は豊橋駅に滑り込みました。

 こうして私にとって4回目となる「カルチャートレイン」の乗車が終了しました。毎回毎回企画運営される新城市の方々には頭が下がる思いです。来年も目的地はどこになるか、また車両が何になるかに期待を寄せたいと思います。


リニアを見に愛・地球博へ  投稿者: かずリン  投稿日:2005年 3月 8日(火)05時57分11秒(5390)
3月6日ですが、皆さんがカルチャートレインウォーキングを楽しんでいる頃、
私は愛知万博(愛・地球博)ボランティアの研修で、万博会場をウォーキング
していました。
飯田線とは話題が離れますが、「JR東海」関連の情報ということで、ご容赦を・・・

万博の見所はたくさんあり、ガイドブックを参照して頂くとして、以前掲示板で
話題となりました、JR東海のリニアモーターカーが万博に展示されています。
もしかしたら、飯田市を通る(通過?)かもしれない中央新幹線です。

近くにいた係員の方に聞いたところ、映像や展示、実車に触れることで、
リニアの技術や時速500kmの世界を体験できるとのことです。

時速500kmではありませんが、会場までのアクセスとして「リニモ」が
名古屋の藤が丘〜万博会場〜愛環鉄道の八草を結んでいます。
(駅間平均1km強にも関わらず、90km/h走行が可能。もちろん静かで快適)
会場内にも様々な乗り物がありますので、興味のある方は訪れてみては
いかがでしょうか。

○万博輸送>ムーンライト東海 様
3月1日のダイヤ改正より、中央線〜愛環線直通の「エキスポシャトル」が
運転開始となりました。使用車種は、211系5000番台の7両(4+3)編成。
停車駅は、快速が名古屋・金山・鶴舞・千種・大曽根・高蔵寺・万博八草。
普通が名古屋〜高蔵寺が各駅停車、高蔵寺から万博八草までノンストップ。

ちなみに、愛知環状鉄道も、通常の2両編成から、3両もしくは4両の
増結運転を行っているとのことです。


追記?  投稿者: 淵東 渚  投稿日:2005年 3月 8日(火)04時21分37秒(5389)
撮影に使用された某歯科大のグランドは塩尻市です。
大会の行われた運動公園は松本ですが(^_^;)


協力に「原村」「旭町中学?」の文字も見えましたね。

景色の良いのはやっぱり七久保辺りでしたか。
DVD買おっとo(^-^)o


週末のご報告?  投稿者: 淵東 渚  投稿日:2005年 3月 7日(月)16時25分42秒(5388)
今月初投稿です。宜しくお願い致します。(←もういいって・・・)
週末のご報告・・・と言ってもカルチャートレインではなくすみません。

カルチャートレインにご参加の皆様お疲れ様でした。
皆様が文化に触れていらっしゃる頃、私は一人で映画を観ていました。

塩尻市内の東座という映画館が先週?から上映を始めた
「痴漢電車車内はムラムラ」「いま、会いにゆきます」を♪
予めタオルハンカチ持参で。(ティッシュじゃないです。ハ・ン・カ・チ!です!)

貸切で上映して頂き他人の目を気にする事なく、
オープニングからハンカチを活用していたという軟弱者です(^^ゞ


さて、管理人様が仰っていた115系信州色の入線は
「塩尻駅に限りなく近い」と思われます。
〇構内放送「2番線」への入線が左方向からの急なカーブである。
〇入線してくる方向に出発信号の?「赤」が3つ点灯していた。
〇ベンチが木のベンチであった。(長野県内多いですが)
バックは上手にぼかしてあってよく見えなかったのでイマイチ確信は持てませんが。

「2番線の電車は松本へ行っちゃうよ」とか細かい突っ込み所満載でしたがそそれは置いといて(爆)

その他にも辰野駅前で撮影された場面がチラホラ。
最初の119系は辰野駅の先のほたる祭の鉄橋だったし。
サティから新しくなった生活館?がしっかり映ってましよね?

映画の感想はここで書くべきではないのでしょうが身につまされながら観ていました。
もう少し早く観ていたら色々優しくできたのかなと少々後悔と自責の念にかられたりしつつ。。。


>管理人様
 長くなってすみません。 実は私、3/5の63Mに乗っていました。
 管理人様は11Mか59Mでしたでしょうか?
 予め知っていれば横の席にお邪魔したものを。。。(本当に邪魔なだけという話も・・・)

長文失礼しましたm(_ _ )m


文化列車、ご苦労さまでした  投稿者: ムーンライト東海道@携帯  投稿日:2005年 3月 6日(日)19時17分16秒(5387)
こんばんは。
本日の文化列車に乗車された方、また歩行会に参加された方、ご苦労さまでした。
出勤前に見ましたが、車両は管理人さんがおっしゃる通り、117系電車でしたね。やはり万博輸送が響いているのでしょうか。(当初の予定ではホームにて待機するはずが、寝坊のため出来ず)
ところで、場所が場所だけに帰還が遅くなるかと思いましたが、意外に早かったですね。(仕事を終えて会社に戻る時に見た。ちなみに16時前に新城駅前を赤バイクで通過したのは私です。)
息をつくまもなく、今週末は芸能祭ですね。どんな展示になるか楽しみですね。


カルチャートレイン  投稿者: たもと千代@i-mode  投稿日:2005年 3月 6日(日)07時25分27秒(5386)
おはようございます。
ただいま新城カルチャートレインに乗車中です。本年の車両は117系4連(S16編成)です。引上げ駅は今のところ未確認です。


伊那小沢のカンザクラ  投稿者: 飯田人  投稿日:2005年 3月 5日(土)14時47分45秒(5385)
本日、伊那小沢駅へカンザクラを見に行ったのですが見頃はあと一週間後くらいです。
話は変わりますが、中津川線の伊那山本駅付近が三遠南信自動車道の工事でかなり変わりました。


230M乗車中  投稿者: たもと千代@i-mode  投稿日:2005年 3月 5日(土)12時42分46秒(5384)
現在明日の新城カルチャートレイン乗車に備えて、230Mで飯田線を南下中です。思ったいたほどは積雪は多くなく、むしろ中央線の高尾付近の方が多かったくらいです。


養命市  投稿者: ishi@駒ヶ根  投稿日:2005年 3月 5日(土)10時48分51秒(5383)
ご無沙汰しています。ishi@中央アルプスになり損ねました(^^;
経緯は七久保さん・たもとさんの投稿にあるとおり新市名が駒ヶ根市で裏目にでたことは疑いありませんが、駒ヶ根市のままでも駒ヶ根のみの賛成多数となり結局実現しなかったのではないかと思います。今回の結果は市名に絡む感情的な要素が大きかったのですが、市名変更が決まるまで私を含めて比較的無関心であった駒ヶ根市民に合併問題を考えさせる効果はありました。
ところで養命市ですが公募された市名候補に含まれていました。養命酒のルーツは中川村なのでエリア全体との関連はありますね。カタカナ名のものも問題の中央アルプス市以外にツインアルプス市・コスモ市など結構あります。飯島市・中川市・駒飯中市・飯駒中市・中飯駒市と何でもありのほか、いいずら市・おいで南市・南信州青空市など面白いのもありました。
将来どうなるかは判りませんが当面は@駒ヶ根でいきますので、今後ともよろしくお願いします (^^)


競争の件  投稿者: 豊川 鼎  投稿日:2005年 3月 3日(木)22時58分46秒(5382)
こんばんは。
競争の件ですが、行けることになりました。友人数人も道連れです(笑)。
ただ、時間が合わなくてどうも15分前後の速達列車には挑めそうもありません…どうしよう。
皆様お勧めの列車があれば教えて頂きたいのですが…宜しくお願いいたします。

http://limited-local.if.tv/


伊那小沢のカンザクラ  投稿者: 飯田人  投稿日:2005年 3月 1日(火)06時48分3秒(5381)
本日の南信州に花スポット情報が掲載されていました。
伊那小沢駅のカンザクラはもう咲いているみたいです。
また、平岡発電所構内なソメイヨシノ約50本は、3月下旬から夜ライトアップされ夜桜も楽しめるそうです。


いっそのこと「養命市」とか  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月 1日(火)01時59分52秒(5380)
続きです。

●駒ヶ根駅>すわエコー様
>3月1日より時刻変更の話題は先日お伝えしましたが、同日より
>駒ヶ根駅の営業時間が変更となり、従来よりも営業時間が短縮され、
>業務委託化される模様です。

 うむついに業務委託化ですか。もうこうなったら東海交通事業だけでなく伊那バスや中央アルプス観光にも入ってもらって、バスやロープウェイの乗車券を発券するなど、もっともっと町の核として賑わう場所にしてもらいたいものです。

 それにしても、登山客で待合室が座りきれないくらい賑わっていた頃の駒ヶ根駅を知っていると、今の駒ヶ根駅の寂しさはほんと悲しくなってしまいます。

●市町村合併>七久保様、ムーンライト東海道様
>合併でカタカナ市名となるのではと、こちらでも
>話題になった「中央アルプス市」(駒ヶ根市、飯島町、中川村)についての
>住民投票でも、やはり駒ヶ根市と飯島町で反対が過半数を占め、3市町村の
>法定合併協議会は解散する見通しとなったようですね。

 南セ市、中ア市ともに「名前のせいで注目が高まり、反発も高まって結果としてご破算」という共通の構図が見られますね。特に駒ヶ根市では、公募市名で最多だった「駒ヶ根市」が却下された時点で市民の反発を買って形勢が逆転したとも言われますし、かといって実際に「駒ヶ根市」となるとどうしても編入合併の印象は拭えないだけに、市町村合併はつくづく難しいものだと考えさせられます。

 個人的には駒ヶ根市や飯島町にはそれぞれ馴染みも深く、名称がそのまま残るのは嬉しい事ではありますが、今後を考えた場合どうなるかは推測できない事があまりにも多く、結論を出すのはまだまだ難しいところです。

>新城市と鳳来町と作手村を廃止して新城市を設置(新設合併だが、現実は
>新城市への編入合併に近い)することについて2月9日にそれぞれの議会で
>採決が行われ、結果可決されました。

 決定されましたか。う〜んそうなると鳳来寺山も新城市、湯谷温泉も新城市、愛知県民の森も新城市…ですか。いや反対の意図は全くないのですけど、自分の中で長年のイメージとのギャップが大きくて、整理されるのにしばらく時間が掛かりそうです。

 ただネガティブばかり考えるよりは、これまでは別自治体だった「設楽原合戦場」と「長篠城」が同一市内となり行事のタイアップなどがしやすくなるなど、メリットを積極的に考えていった方が今後のためにはいいのかもしれませんね。
編集済


伝説の田本停車再来  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 3月 1日(火)01時57分10秒(5379)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
いよいよ3月、飯田線でも一部のダイヤが変更になるみたいですね。
3月号の時刻表を見ますと、特急の臨時停車や臨時快速電車の運転日から今後の「さわやかウォーキング」の日程をかいま見る事ができます。
<推定>
4月9日:駄科→伊那八幡(伊那路1号の駄科停車、2・4号の伊那八幡停車より)
5月5日:大海〜長篠城(伊那路1号の大海停車、1〜3号・トロッコの長篠城停車ほか)
5月21日:田本→温田(伊那路1号の田本停車、2・4号の温田停車より)

</推定>
 そうです、また伝説の「特急伊那路、田本駅に停車」が再現されるのです(といっても知る限り3度目ではありますが)。興味のある方はぜひとも足を運ばれてみてはいかがでしょう。ただしこの田本〜温田ウォーキングはかなりきついですので、覚悟の上でご参加を…(笑)。

 さて、JR東海の公式サイト(お知らせ欄)に「鉄道車両搭載型『電力貯蔵システム』の開発について」という一見地味な記事が掲載されています。読んでみると、回生ブレーキ失効時の電力を貯蔵し加速時に再利用することで、省エネルギーを計るシステムを試作・走行試験を行ったとの事です。

 まぁ平たく言えば、「本数の少ない電化線区でもエネルギーを無駄にしませんよ〜」ということにもなり、省エネルギーばかりでなく車輪や制輪子の摩耗も減るなど、いいことずくめのように思えます。JR東海では在来線での早期実用化を目指しているようで、実用化できれば次世代の飯田線車両にはもってこいの装備となることでしょう。この技術が確立するまで、まだまだ119系には活躍してもらわないといけないですね。

●サクラチル>かずリン様、松哲様
>今月末で、ブルートレイン(寝台特急)「さくら」「あさかぜ」が
>廃止になってしまうということで、2月中旬頃から早朝。深夜の
>名古屋駅などで鉄道ファンを多く見かけます。

 いよいよ今晩が最後の旅立ちでしたね。
私は「さくら」は何回か乗ったのですが、「あさかぜ」は乗らずじまいでした。
東海道本線沿いに住んでいながら、写真は全く撮っていなかったりします。
やはり「あさかぜ」と言ったら、A寝台を連ねた20系の時代が華でしたからねぇ(←いつの時代だ^^;)。

 20系がなくなってから急速にブルトレに興味を失った私でしたが、乗車したのはいずれも14系や24系ばかりで、20系には一度も乗車できませんでした(座席利用だけならありましたが)。でもここしばらく寝台特急には乗っていないので、久々に乗車してみたい気もします。

●豊橋(名古屋)往復きっぷとなごや特割>かずリン様、良い打線様
 この切符もいろいろと波紋を呼んでいますね。
たしかに豊橋駅そのものの利用者にとっては、まさに歓迎すべき切符でしょう。
 しかしこれまでですと、より遠距離の利用者ほど割引を享受するという考え方が、普通乗車券・企画乗車券を問わず切符全般の当然の流れとして存在していたうえ、「企画乗車券での乗り越しは、有効となる末端駅からの打切り計算」が大原則だっただけに、その概念が通用しないと言う点でよけいに「なぜ豊橋より先に行く人が冷遇されるのか」という反感が生まれてしまうのでしょうね。

 これまでのJR東海の営業施策を見ていても、どうも「会社側の言い分は理解できるが、利用者に対して納得させるのは難しい」という例が多い気がします。ハード造りはうまくても、それを人々に納得させて使ってもらうためのソフトが今ひとつなのかなぁ、と思ってみたりもします。

>新幹線用で、乗り越すと悲惨です。
>例えば、名古屋から新城(無人時間帯)まで乗車すると、
>乗車券1620円 幹特定特急券 950円の支払いを求められます。

 これはもう、新幹線用を使用したら「連絡改札を使っちゃあいけない」と自主規制するしかないのかもしれません…(^^;。一度改札さえ降りてしまえば、間違っても追徴される可能性はありませんからねぇ…。

 ただ考えようによっては、本来の直通乗車券なら途中下車できないはずのところを「豊橋で途中下車出来るうえに安くなる」と解釈することもできるわけで、そうやって自己暗示を掛けるのが一番ハッピーな気もしますね。もっとも「豊橋で途中下車しても仕方がない」と言われてしまえばそれまでで、そこから先は豊橋そのものの魅力の向上を期待しましょう。
編集済


市町村合併  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2005年 2月28日(月)19時42分36秒(5378)
こんばんは。
七久保さんが中央アルプス市の話題に触れましたが、当方は豊川市と一宮町、そして新城市と鳳来町と作手村の話題について取り上げます。

●一宮町と豊川市
一宮町が豊川市へ編入合併することの是非についての住民投票が昨日行われ、本日の開票の結果、僅か20票差で賛成が反対を上回りました。これから市町議会での議決やら県への申請やらがありますが、いずれにしてもこれにより編入が確実となりました。
豊川市への編入が実現した場合、牛久保から東上までの6駅が豊川市内の駅となります。

●新城市と鳳来町と作手村の話題
新城市と鳳来町と作手村を廃止して新城市を設置(新設合併だが、現実は新城市への編入合併に近い)することについて2月9日にそれぞれの議会で採決が行われ、結果可決されました。
これから県への申請などが行われますが、これにより10月1日に合併がほぼ確実となりました。
実現した場合、野田城から池場までの15駅が新城市内の駅となります。

いずれにしてもこれから合併によっていろいろな変化ややるべきことが出てきますので大変です。

追伸
まもなく奥三河芸能祭、カルチャートレインが催されますが、
6日は当日勤務のため不参加、但し出勤前に新城駅に出没する可能性あり
12日は、参加の予定
13日は、翌日にかけて尾鷲方面に行くので不参加の予定

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


市町村合併  投稿者: 七久保  投稿日:2005年 2月28日(月)17時28分14秒(5377)
たもと@管理人様、みなさま、ご無沙汰しております。
今年ももう「奥三河芸能祭」の季節なんですね。あいにく開催期間中は
ちょうど仕事が忙しい時期なので、残念ながら出かける事ができないの
ですが。

●中央アルプス市
世間では、愛知県美浜町と南知多町が合併し「南セントレア市」となるための
住民投票が昨日行われ、名称以前に合併反対多数で否決された事がニュースに
なっておりましたが、同様に合併でカタカナ市名となるのではと、こちらでも
話題になった「中央アルプス市」(駒ヶ根市、飯島町、中川村)についての
住民投票でも、やはり駒ヶ根市と飯島町で反対が過半数を占め、3市町村の
法定合併協議会は解散する見通しとなったようですね。

よそ者の私が、合併による利害についてどうこう言うのは遠慮しておきますが
少なくとも、住民不在の地名決定というのはどうかと思いますし、住民
投票の結果もやはりその影響が少なからずあったのではと感じます。

ただ中川村だけは、辛うじて賛成が過半数を超えており、合併協議会
解散後の動向も気になるところですね。


今年も「奥三河芸能祭」近付く  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 2月28日(月)02時37分42秒(5376)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
 いよいよ毎年3月恒例の新城市「奥三河芸能祭」が近付いてまいりました。今年のテーマももちろん(笑)「飯田線文化」です。新城市近傍の方はもちろん、遠くの方もこれを機に飯田線に乗って出掛けてみてはいかがでしょう。詳細は「飯田線トピックス」をご覧願います。

●あけましておめでとうございました>淵東 渚様
 大変お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。(^^)

>「いま会いに行きます」
>とーっても見に行きたかったのですが、
>「今更・・・」な感があり、もう県内では伊那でしか上映されておらず。。。

 それなら是非とも伊那まで行きましょう!(笑)
山岳部在住の方もぜひご一緒に(^^;

>最近松本近辺やたらロケに使われ、
>上田と共に「映画・ドラマの誘致」に力を入れているようです。

 近ごろはそのように「ロケ地」として売り込む自治体が増えていますね。
地域としてもロケそのものの経済効果と知名度の向上で二重の効果がありますし、ロケに耐えうる環境を維持するために景観破壊に歯止めがかけられるのなら、ある意味いいことずくめかもしれません。

 飯田線沿線も背景にそびえるアルプスや手つかずの自然が残るなど、ロケ地としての環境は申し分ありませんし、なまじ観光地として知られすぎていないぶん、またかと既視感を与える事も少ないでしょうから、もう少し積極的に売り込んでもらいたいとも思っております。

●電車と競争>豊川 鼎様、むにゅん様、Maru様
 むにゅんさんもMaruさんも、これはこれはお久しぶりです(^^)

>こうなったらやるしかないと勝手に一人で盛り上がっておりますので(笑)、
>おそらく決行すると思います。その時はまた書き込ませて頂くかも知れ
>ませんので、よろしくお願いいたします。

 ぜひぜひ結果報告お願いします。
こう書いておくといよいよプレッシャーで負けられないかも(笑)。

>わたしも高校生の時は伊那八幡から伊那上郷まで走り
>ましたから・・・(足つりましたけど) 理由は挑戦したかったわけじゃ
>なくて、自転車を盗まれてしまったからなんですけどね・・・(泣)

 すごすぎます(笑)。でも理由が理由だから笑ってしまっては失礼ですね。

>私事ですが、昨年GWに、全国ネットの某情報番組のロケに参加させられまして、
>この区間を走りましたが、大雨警報が出るほどのひどい雨でした。
>でも、ロケの予定を変えるわけにいかず、全身びしょ濡れになって何とか成功はしましたが…。

 全国放送ですか。見たかったです!(調べてみましたら、どちらにしてもその日・時間は飯田線に乗車中で見られないところでしたが)。大雨かつロケのプレッシャー下で勝利するとは常人ではありません。

 ところで一つ気になるのですけど、番組収録のスタッフは伴走したのでしょうか。機材もあるでしょうから車だと想像するものの、もしカメラを担ぎつつ「足」を使っての伴走ならこれはチャンピオン級の走りでしょうね。

●231Mワンマン化>たかあき様
>231Mのワンマン化は知らなかったので、びっくりです。
>ただ混雑するのは、小町屋駅までですので、大丈夫でしょう。

 この時間帯、222Mも小町屋・伊那福岡を過ぎると拍子抜けするほどガラガラですもんね。また高校生がほとんどでしたら、定期券乗車が大半となるので、ワンマン化でも問題がないとされたのかもしれません。ただほとんどの人はわざわざ先頭へ回らず入口から出てしまうかもしれませんけどね(笑)。

>115系モーター故障で下島駅にて立ち往生。
>快速電車165系4両編成に助けて貰った。
>それで、7両編成で伊那市へ行きました。

 7両!昔の急行「伊那」みたいですね。しかもその「伊那」も飯田以北は4両でしたから、伊那市で7両というのはちょっと想像も付きません。踏切鳴りっぱなしで大変そう。(^^;
編集済


Re:豊橋(名古屋)往復きっぷとなごや特割2  投稿者: 良い打線  投稿日:2005年 2月25日(金)21時50分48秒(5375)
かずリン様

豊橋(名古屋)往復きっぷですが、
乗越をすると差額収受すると券面には記してありますが、飯田線については取り扱いが違います。
駅員がいれば、差額収受でいいのですが、無人時間帯や無人駅で乗越してしまいますと、
【正規の運賃料金全額】を車掌に払い、乗ってきた切符を後日駅に持っていき全額払戻という形になります。
新幹線用で、乗り越すと悲惨です。
例えば、名古屋から新城(無人時間帯)まで乗車すると、乗車券1620円 幹特定特急券 950円の支払いを求められます。

豊橋発車前には、車掌が注意放送してます。こんな内容です。
「豊橋(名古屋)往復割引きっぷ ご利用のお客様にご案内いたします。
豊橋(名古屋)割引往復きっぷでは乗越の取り扱いができません。
乗越しますと、実際に乗った駅から降りる駅までの正規の運賃料金を頂き、乗ってきた切符は、駅にて払戻となりますので、あらかじめご了承ください。」  


船町通過の「さくら」  投稿者: 松哲  投稿日:2005年 2月24日(木)22時27分19秒(5374)
かずリンさんと同じことを考えて、先日私も船町駅へ行きました(笑)

日曜日でしたので、「さくら」に追い抜かれる列車は119系ではなく、313系の特別快速米原行きです。休日とあって、下地とともに撮影ファンが何人もいました。いざ廃止となると、見納めしたくなるものです。

あと数日ですが、これから撮影に行かれる方、船町・下地は通過列車がとても多いので、充分に注意なさってくださいませ。


豊橋(名古屋)往復きっぷとなごや特割2  投稿者: かずリン  投稿日:2005年 2月23日(水)20時48分21秒(5373)
今月末で、ブルートレイン(寝台特急)「さくら」「あさかぜ」が
廃止になってしまうということで、2月中旬頃から早朝。深夜の
名古屋駅などで鉄道ファンを多く見かけます。

私もこれら列車には愛着があり、記録に残そうと、飯田線の船町駅で
撮影しました。さすがに船町駅で撮影する鉄道ファンは1人もおらず
自由に撮影できた上、119系とのコラボレーションも撮ることが
でき(これが真の目的なのだが)、満足しました。


名古屋から豊橋へは、1月にJR東海から、2月に名鉄から
お得な往復きっぷが発売されました。これらきっぷを利用する
機会がありましたので、簡単なご紹介と個人的な感想を記させて頂きます。
ちなみに、往復きっぷが発売される前は、青空フリーパス(2,000円)
を使ったり、名鉄電車を利用(名古屋〜豊橋 片道1,080円/ちなみに
JRは1,280円)していました。


○JR東海 豊橋(名古屋)往復きっぷ
 ・平日1,800円 土休日1,500円
 ・新幹線(自由席)を利用する場合は、片道500円プラス
 ・きっぷは「往復」タイプ
 ・乗り越しをすると、実際に乗車した区間の正規の運賃が必要
 ・自動券売機で購入可能
 ・有効期限は、発売日当日限り

○名鉄 なごや特割2
 ・平日1,800円 土休日1,500円
 ・きっぷは「回数券」タイプ
 ・乗り越しをした場合は、別途所定の運賃が必要(通常の乗り越し)
 ・窓口での購入
 ・有効期限は、購入月の末日


JR東海の豊橋(名古屋)往復きっぷは、新幹線がワンコインで乗車
できるのは非常に便利。券売機で購入できるのも便利。反面、往復使用を
前提としているうえ、乗り越しも認めていない(一度改札を出てきっぷを
購入すれば良いのだが、移動距離が長く手間がかかるのは事実)点が不便。

名鉄のなごや特割2は、回数券タイプなので、往復使用以外にも、2人で
片道使用することもできるのが便利。反面、きっぷは窓口で購入するのが
不便(特に窓口が混んでいたら)だと思いました。

選択肢が増えたことは、利用者にとっては喜ばしいことだと思います。
JRは新幹線・特別快速などハードが充実していますし、名鉄電車は
早朝・夜間帯でも特急を15分ヘッドで運転するなどソフトが充実して
いますので、当日のスケジュールにあわせて、きっぷを選ぶことに
なりそうです。


駒ヶ根駅について  投稿者: すわエコー  投稿日:2005年 2月23日(水)16時40分38秒(5372)
3月1日より時刻変更の話題は先日お伝えしましたが、同日より駒ヶ根駅の営業時間が変更となり、従来よりも営業時間が短縮され、業務委託化される模様です。駅頭に詳しい営業時間が掲示されていましたが、メモを取り忘れてしまった為、混乱防止のため詳しい時間は割愛しますが、確か7:30〜18:30くらいだったと思います。つい3年程前までは、始発から最終まで駅員がいたのに寂しくなりますね・・・


実際走りました^^;)  投稿者: Maru  投稿日:2005年 2月22日(火)09時40分20秒(5371)
超久しぶりの投稿です。ごぶさたしております。

>豊川 鼎様
 はじめまして。
 何度か(何度も?)走って(走らされて?)いますが、
 トシを取るにつれて成功率が低くなっていきます。
 若いうちに走りまくって下さい(笑)

 経験則でいうと、まず天候に左右されやすいですので、小雨ぐらいまでならともかく、
 しっかりした雨の場合には、安全のことも考慮して中止したほうがよいかと・・・。
 (雨が降るとまっすぐ前を向きにくく、下向きになりやすいのです)
 私事ですが、昨年GWに、全国ネットの某情報番組のロケに参加させられまして、
 この区間を走りましたが、大雨警報が出るほどのひどい雨でした。
 でも、ロケの予定を変えるわけにいかず、全身びしょ濡れになって何とか成功はしましたが…。

 数人で行かれるということですが、荷物は車内で残る人に預けて、
 きっぷと現金と携帯電話ぐらいを持って手ぶらで走るのがいいでしょう。
 雨の場合、傘もあまり役には立ちません。
 携帯が普及していない頃は、失敗した場合のフォローに一苦労しましたが、
 便利な世の中になったものですね。

 ご健闘をお祈りします。交通事故にはくれぐれもお気をつけて…。


Re:競争  投稿者: 豊川 鼎  投稿日:2005年 2月21日(月)17時27分19秒(5370)
>むにゅん様
情報ありがとうございます。
予定している行程ではその後豊橋へ出て四国方面へ向かう予定でいますので下山村からのコースで可能かどうか少々心配ですが、どうにかして挑戦しようと思います。

http://limited-local.if.tv/


競争  投稿者: むにゅん  投稿日:2005年 2月21日(月)13時23分41秒(5369)
お久しぶりです。

>豊川 鼎さま
はじめまして。下山村→伊那上郷間はローカル道路酷使で2km強ですが
たもと千代さまが仰られるとおり、上りっ放しですので完走するには
体力が必要かと思います。しかし、今春、高校に入られる方でしたら大丈夫
でしょう(笑) わたしも高校生の時は伊那八幡から伊那上郷まで走り
ましたから・・・(足つりましたけど) 理由は挑戦したかったわけじゃ
なくて、自転車を盗まれてしまったからなんですけどね・・・(泣)

なお、PC地図ソフトやカーナビなどではルートしてくれないと思いますので
事前に調べておいたほうが無難かと思います。挑戦されるようでしたら、ぜひ
ご成功をお祈りします。


231Mワンマン化に思う。  投稿者: たかあき  投稿日:2005年 2月20日(日)21時24分48秒(5368)
<たもと千代管理人様
231Mのワンマン化は知らなかったので、びっくりです。
ただ混雑するのは、小町屋駅までですので、大丈夫でしょう。
高校の授業開始が8時45分なので、沢渡駅以降の高校は遅刻になってしまうので。
(10年前は、小町屋駅が最寄りの高校に通ってましたので。
ちなみに、通学区間は北殿ー小町屋間)
4両で飯田線北部で走ることは、もう夢でしょうか?

昔、駒ヶ根から2両増結した時に、4両編成で
駒ヶ根で運用終了の運転手さんと車掌さんが伊那松島まで回送の時に、
話しながら、帰ったことがあります。
今も、現役の運転手さんです。

まだまだ、飯田線の通学の時の事件はいろいろありましたので
また、書きたいと思います。
ちなみにベスト?Bは、

?@115系モーター故障で下島駅にて立ち往生。
快速電車165系4両編成に助けて貰った。
それで、7両編成で伊那市へ行きました。
?A今はなき、ED62が沢渡ー赤木間にて立ち往生、
沢渡駅で反対側ホームに止まった。2時間おくれ。
?B特急伊那路が駒ヶ根に乗り入れた時に
駒ヶ根発の一番最初の乗客になった。

長文失礼しました。


丁寧なご回答に謝謝(笑)  投稿者: 豊川 鼎  投稿日:2005年 2月20日(日)19時14分19秒(5367)
どうも、貴重な情報ありがとうございます。
こうなったらやるしかないと勝手に一人で盛り上がっておりますので(笑)、おそらく決行すると思います。その時はまた書き込ませて頂くかも知れませんので、よろしくお願いいたします。

(江ノ電は昨日から義経号が出て話題ですが自分的には湘南モノレールが面白いのではと…)

http://limited-local.if.tv/


あけましておめでとうございます!  投稿者: 淵東 渚  投稿日:2005年 2月20日(日)15時21分38秒(5366)
今年初めて投稿しますっ!!(爆)

相方が軽く入院したり、仕事がドタバタだったりで書き込めずにおりました。
遅い挨拶、お許しください。

1/13に管理人様がお書きになっていらっしゃった
「いま会いに行きます」
とーっても見に行きたかったのですが、
「今更・・・」な感があり、もう県内では伊那でしか上映されておらず。。。

>途中で長野色の115系電車が入線してきた駅は塩尻かと思われましたけど、
>地元の方いかがでしょう?(笑)
の問いかけにお答えするにも。。。
(だったら書き込むなって)
もう一方山岳部在住の方がいらっしゃるので、そちらの方は
おでぇとなんかで見に行かれたりされてないでしょうか?

最近松本近辺やたらロケに使われ、
上田と共に「映画・ドラマの誘致」に力を入れているようです。

伊那まで行くか、DVDを待つか。。。

あと、飯田出身のタテタカコさんが主題歌?を歌う
「誰もしらない」も見に行きたかった(T_T)
トキワ劇場とかで舞台挨拶とかもされてたようなのに。。。
↑と無理矢理飯田線に絡ませる。。。

P.S.ラジオの朝の番組で2月は飯田線の話が取り上げられていますよ。
  (えーっと、確か水曜日か木曜日)
  …って、残りあと1回。
  遅ネタでごめんなさいm(_ _)m


競争は楽しいらしい(伝聞)  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 2月20日(日)01時24分9秒(5365)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
なんだか掲示板がリニューアルされてから、非常に重くなってしまった気がします。まだリニューアルされていないヨソの掲示板だとまだまだ軽いんですけどね。ちょっと先が思いやられます。

●電車と競争、楽しいぞ>豊川 鼎様
 豊川 鼎様、はじめましてです。
私も思いっきし飯田線的なHNですが、実際東京都民です。
しかも神奈川県までは徒歩と電車で10分あまりという距離にいます。
さらに最近、江ノ電の模型が次々に発売された関係もあって、自分の中で江ノ電がブームになってしまっています。
…と、思いっきり話がそれたので軌道修正っと。

>下山村〜伊那上郷での例の「電車と競争」ですが、あれは実際に走った
>場合可能なものでしょうか?また、両駅のどちらから出発するのがお勧め
>でしょう?(挑戦するかもしれないもので…)

 え〜と、実際に走った方が現れるかなぁ〜と思っていたのですけど、まだ現れないようですので実際に経験のない私が書きます。

 で、実際に可能らしいですよ(←無責任な口ぶり)。(^^)
私も電車に乗りつつ、間に合ったランナーを何度も見ていますから。
ちなみに飯田での停車時間がほとんどない14分コースの場合ですとだいたい五分五分くらい、20分くらい掛かる長時間停車込みの場合は、ほとんどの人がゴールできると聞いています。

 ただコースを知らないことにより(知っていても勘違いにより)道を間違えてしまうという報告も数多く(笑)聞いていますので、現地の地図であらかじめ予習しておく事をお薦めします。道を間違える人のほとんどは2本の川(松川・野底川)を混同し、野底川に沿っているつもりで松川をさかのぼり、飯田へ向かってしまうのだそうです。

 で、方向は下山村→伊那上郷のガンガン登りコースの方が正式?なものだそうです。伊那上郷→下山村では下り坂の勢いを借りる事になるため、あくまでも参考タイムとか。ただ下り坂とは言っても駆け降りれば相当足の負担になりますので、いずれの場合でも無理は禁物です。あと、交通ルールは是非とも遵守の上でお楽しみくださいませ。

●3/1ダイヤ変更>たかあき様、すわエコー様
>3月1日より、一部修正があります。(2本のみ)
>最大2分短縮がありますが。

 今度の改正、飯田線は何も変わらないと思っていたのですけど、変わるんですね。
そしてこれまでは時間の延伸ばかりで、慢性的なスピードダウンばかりだった改正ダイヤに珍しく短縮の兆しが現れるとは、これも少々驚きです。

>3月1日より駒ヶ根〜伊那大島(1432M)は全区間車掌が乗車(234M)になり、
>伊那大島〜岡谷間(231M)と駒ヶ根〜岡谷間(241M)の辰野までの区間で
>ワンマン列車に変更となるようです。

すわエコー様、はじめましてです。
私はこれを見たとき、昨年の台風で被災した119系ワンマン車の復旧をあきらめ、ワンマン車を1運用差し引いたものにするのではないかと思ったのですけど、スジをたどるとそういう訳でもなさそうですね。

 231Mのワンマン化はもともとワンマン車運用なだけに車両振替とは関係なさそうで、234Mの車掌乗務と241Mのワンマン化は、どうやら日中に駒ヶ根駅留置中の119系2本を午後に出庫させる際、234Mと241Mとで車両を振り替えて出庫させるのではないかという仮説が成り立ちます。

 どちらにしても伊那大島までしかワンマン化できない1432→234Mにワンマン車を充当するよりは、現在の車輌運用上車掌乗務とせざるを得ない241Mをワンマン化した方が効率がいいと判断したのではないかと思います。両者の車両は後に天竜峡で合流しますので、その後の運用にも影響はありませんし。

 ということで、ワンマンの所要運用数に変更はない訳ですが、231Mは初のラッシュ時間帯ワンマンということになりそうです。もっともピーク時間帯には郡境部を走っている231Mのことだから、実際に問題がないと判断されたのかもしれません。


3月1日ダイヤ修正・・・  投稿者: すわエコー  投稿日:2005年 2月19日(土)18時50分20秒(5364)
こんばんは!初めて投稿します。3月1日より駒ヶ根〜伊那大島(1432M)は全区間車掌が乗車(234M)になり、伊那大島〜岡谷間(231M)と駒ヶ根〜岡谷間(241M)の辰野までの区間でワンマン列車に変更となるようです。3月以降に利用される方は、ご注意ください。


飯田線一部ダイヤ変更。  投稿者: たかあき  投稿日:2005年 2月19日(土)18時28分7秒(5363)
3月1日より、一部修正があります。(2本のみ)
最大2分短縮がありますが。
あと、駒ヶ根ー伊那大島間一部ワンマン運転の電車が、
全区間車掌付きにて運転しますね。


お初にお目にかかります  投稿者: 豊川 鼎  投稿日:2005年 2月18日(金)20時40分17秒(5362)
はじめまして。春から高校生になる者です。
思いっきし飯田線的なHNは響きに惹かれて決めただけで実際神奈川県民ですが…どうか宜しくお願いします。

春に友人数人と青春18きっぷで旅行することになっておりまして、飯田線にも乗る予定です。各駅の解説は非常に参考になりました^^
ところで、下山村〜伊那上郷での例の「電車と競争」ですが、あれは実際に走った場合可能なものでしょうか?また、両駅のどちらから出発するのがお勧めでしょう?(挑戦するかもしれないもので…)
不躾で申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。

http://limited-local.if.tv/


寒い日が続きます  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 2月17日(木)01時19分22秒(5361)
ご無沙汰しております、たもと千代@かんりにんです。
皆さまご覧の通り、掲示板の仕様が若干変わったようです。機能的にはいろいろと増えているようですが、今のところはこれまでと同様にお使いいただける事かと思います。

 さて、ご覧になった方もいるかとは思いますが、本日夕刻のNHK番組「ためしてガッテン」は寒天の特集でした。寒天といえば…と思いながら見ていると、やっぱり出てきました「長野県伊那市の大手寒天メーカー」。

 考えてみると、飯田・駒ヶ根・伊那の伊那谷三市には、凍豆腐と薬酒と寒天というそれぞれの健康食品のトップメーカーが揃っているんですね。体に良い商品の製造には良い環境が不可欠ですから、健康食品関連のメーカーが伊那谷に揃うのも、ある種必然だったのかもしれません。さぁ、明日は直営売店は大賑わいかな。

●文字の大きな時刻表>かずリン様
>交通新聞社の「文字の大きな時刻表」05/2月号の表紙・背表紙に、
>七久保〜伊那本郷を走る飯田線119系の写真が使われています。

 あらほんと、いわゆる「伊那路弁当」アングルですね。(^^)
やはり冬と言うと雪景色ですから、ストレートに雪山の迫力が伝わる七久保の写真は重宝されますね。

●中央アルプス市>たっちー様
 私も新聞で読みました。無難に「駒ヶ根市」に落ち着くかと思っておりましたから、意外と言えば意外でした。ただやはり公募では「駒ヶ根市」がトップだったようですね。

 たしかに吸収合併のイメージを与えるという点では「駒ヶ根」の継承は難しかったかもしれませんが、もともと駒ヶ根も公募で支持された名称でしたし、わずか半世紀で看板を下ろすのも何だかもったいない気もします。まぁそれ以上に「アルプス」という外国語起因の名称に借り物っぽさを感じるという抵抗があるのかもしれませんけどね。

 個人的には「越百(こすも)市」なんかでも良かったかとは思いますけど、それだと「駒ヶ根」以上にローカルになってしまうかな。(^^;
いずれにしても新市名が新しい市民の賛同を得られるのなら、それはそれで良いのかも、とは思います。

●113系>松哲様、ムーンライト東海道様
 万博がらみの転配なんだか、検査がらみの一時的な措置なんだか気になりますね。
う〜ん、もしかして119系不足分補充用の割当だったりして。

●ハンドル形電動車椅子>ムーンライト東海道様
 飯田線の使用可能駅が豊橋・豊川・東新町・鼎ってのも、なんだか消去法で残ったと言う感じですね。これで見ると無人駅以外にも、例えスロープがあっても構内踏切を渡らなければいけない場合のある駅は除外されているみたいですし。あとはわざわざスロープを新設した三河一宮までもが除外になっているのも波紋を呼びそうです。

●素顔のジパング飯田線>(株)新葉社 鈴木様
 私の方でもお世話になっております。
好評で迎えられているとは、嬉しい限りです。(^^)
沿線各地の図書館の蔵書を通して、さらに沿線の人々の間に広がって行くといいですね。


文字の大きな時刻表  投稿者: かずリン  投稿日:2005年 2月16日(水)05時54分43秒(5360)
交通新聞社の「文字の大きな時刻表」05/2月号の表紙・背表紙に、
七久保〜伊那本郷を走る飯田線119系の写真が使われています。

興味のある方は、チェック・購入されてはいかがでしょうか。
(今週末には次号が発売されますので、チェックはお早めに・・・)


中央アルプス市?  投稿者: たっちー  投稿日:2005年 2月15日(火)22時52分40秒(5359)
どうもです。
信州毎日のサイトを見ていたら、駒ヶ根市・飯島町・中川村が合併した場合は新市名を「中央アルプス市」にするとのことです。

読んでいて思わず脱力してしまいました(^^;
もう少し慎重にやってほしかったかな、というのが個人的な感想です。私の地元でも合併話が持ち上がりましたが、反対多数で消えました…


Re:豊橋の113系  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2005年 2月15日(火)05時36分5秒(5358)
おはようございます。
>松哲さん
当たりです。
「静シス」の表示がありました。しかも、色がだいぶ褪せています。

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


豊橋の113系  投稿者: 松哲  投稿日:2005年 2月14日(月)23時58分46秒(5357)
こんばんは。車両の話題ばかりですみませんが・・・

予備の車両として、豊橋に113系電車が常駐していますが、いつの間にか車両が交代しています。窓の間隔が細かいので、静岡所属の古い車ではないかと思われます。

それから、北部の霜取りに活躍しているクモヤ145ですが、先日南部で見かけました。定期検査に行ったのでしょうね。


ハンドル形電動車椅子  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2005年 2月12日(土)08時41分34秒(5356)
おはようございます。
JR東海のHPに3月から表題のものが一部で使用できるようになるとの記載がありました。
http://www.jr-central.co.jp/news.nsf/frame/2005210-142132
詳細は↑を見ていただくとして、飯田線での使用可能駅をあげます。
・豊橋駅※新幹線は不可
・豊川駅
・東新町駅※利用時間は7:30〜17:45、利用の申し込みは豊川駅へ
・鼎駅※利用時間は8:00〜16:15、利用の申し込みは飯田駅へ

こうしてみるとまだまだ少ないですが、今後に期待したいですね。

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


『素顔のジパング飯田線』ご不便をおかけいたします。  投稿者: (株)新葉社 鈴木  投稿日:2005年 1月31日(月)18時35分50秒(5355)
『素顔のジパング 飯田線』を発行いたしました、長野県飯田市の出版社「新葉社」の鈴木と申します。
当サイトの管理人であられる、たもと千代様には日頃より大変お世話になっております。
おかげさまで、『素顔の〜』は長野県内の平安堂書店さんを中心に、好評をいただいております。
多彩な執筆人、豊富な写真や資料、そして何よりも、地元ならではのこだわった編集と、手前味噌ではありますが、実際に手にとっていただきさえすれば、必ずやご満足いただける内容の書籍であると思っております。
私どもは何ぶん小さな出版社ですので、購入できる書店さんも限られますし、ましてや関東地方となると、ほとんど販売ルートが確立できておりません。そのため、皆様方には大変ご不便をおかけいたしますが、お取り扱いいただけるお店を少しずつでも増やしていく努力を続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、メールやお電話などで直接ご連絡いただければ、送料当社負担にてお送りいたしますので、
お手数ですがお声をおかけいただければ幸いです。

メール  mail@shinyosha.jp
〒395-0806 長野県飯田市鼎上山3771-12 (株)新葉社 担当 鈴木
TEL 0265-22-2232  FAX 0265-22-3332


小和田駅今昔  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 1月30日(日)01時52分30秒(5354)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
先日発売された「実話ヘッドバット10号」という月刊誌に、「平成今昔物語」のひとつとして「御成婚ブームに沸いたあの駅はいま」というタイトルで、小和田駅の紹介が掲載されています。一部の写真は当サイトから提供していますので、見覚えがあると感じた方もいらっしゃるかも。

 パッと見ではとても飯田線の事が掲載されているとは思えないような雑誌なんですけど(^^;、一つ前の号には大井川鉄道の尾盛駅が掲載されていたりと、意外と「秘境駅」方面へは関心が高そうです。

●ウォーキング>いいだ様
>30日に豊橋から乗車し、天竜峡で一泊する予定です。5才と2才の子供がいます。
>2時間くらい、のんびり歩けそうなコースはありますでしょうか?

 いいださん、初めましてです。すでに30日になってしまっていましたね(^^;申し訳ありません。
明日の朝にでも読んでいただけることを期待しつつ…。

 さてさて、ウォーキングとなればまさに飯田線沿線どこでもウォーキング適地、と言ってもいいほどのところなんですけど、お子様が2人となれば健脚向けのコースや危険なところは省かざるを得ないですね。

 天竜峡のどこの宿にお泊まりかは分かりませんけど、比較的平易な道としては、天竜峡駅近くの姑射橋でまず天竜峡の全景を見たあと、駅に向かって観光案内所の前までやや戻り、脇道を入って峡泉の前を通って公園に入り、そこから「ツツジ橋」という吊り橋にいたるコースがあります。大人の足で片道およそ15〜20分ほど、お子様とご一緒ならその倍は見ておいた方がいいと思いますので、往復で1時間強と言ったところですね。

 公園入口からツツジ橋まではかなりの勾配(階段)がありますので、そこは足下にご注意を、というところでしょうか。とりあえずは駅前の観光案内所でイラストマップを見ながら決めていただくのがいいかとは思います。ぜひ楽しんで行ってきてください。

●素顔のジパング>百名山様
>話題の「素顔のジパング飯田線」早速買いました。伊那市駅近くに、
>駅前再開発でできた「いなっせ」という建物が最近できて、その1階の
>「ニシザワ」書店にどっさりあったので、奮発して買いました。

 それはそれは、お買い上げありがとうございます。(^^)
「どっさり」置いてありましたか。それはそれで見てみたいものです。
(まだ発売が始まってから飯田線方面は行ってないので…)

>その「ジパング」の門谷集落物語には、しみじみ感じ入りました。
>あの住人がみられなかった集落が、かつて300人を数えたとは。

 私もあの話には非常に興味がありました。小和田駅の誕生と門谷集落の繁栄に関係があったとは、現在から考えると信じられない思いです。それにしても現在以上に交通が不便だった時代の方が栄えていたとは、ちょっと皮肉なものがあります。

>その「いなっせ」のすぐそばにある食堂「うしお」は是非おすすめです。
>ご存じの通り、伊那市はローメンを売り出していますが、元祖萬里も
>よろしいでしょうけれど、この「うしお」の味を試してみてください。

 実は私も「うしお」の味は結構気に入っています。私が伊那市で初めてローメンを食べた店がゴマ油風味のソース味だったので、むしろ私にとっての最初のイメージに近いのは「うしお」の方なんですけど、日曜に訪れる場合がほとんどなので、なかなか食べる機会がありませんでした。店の場所も皮肉にも分かりやすくなったことですし(路地裏だった頃はよく迷ったものでしたが)、次にはぜひ食べてみたいです。
編集済


ウォーキング  投稿者: いいだ  投稿日:2005年 1月28日(金)16時11分27秒(5353)
初めまして。いいだと申します。お勧めのウォーキングコースを教えていただきたいです。30日に豊橋から乗車し、天竜峡で一泊する予定です。5才と2才の子供がいます。2時間くらい、のんびり歩けそうなコースはありますでしょうか?よろしくお願いします。


素顔のジパング飯田線買いました。  投稿者: 百名山  投稿日:2005年 1月22日(土)02時22分55秒(5352)
こんばんは。
昨晩(日が変わっているので)は、新年会があり、21時32分発辰野行きにのり、辰野発22時45分発の最終で帰ってきました。たまには、通勤で飯田線もいいですね。最終電車は結構乗ってましたよ。といっても都会の最終とはレベルが違いますけれど。
話題の「素顔のジパング飯田線」早速買いました。伊那市駅近くに、駅前再開発でできた「いなっせ」という建物が最近できて、その1階の「ニシザワ」書店にどっさりあったので、奮発して買いました。脱線しますが、その「いなっせ」のすぐそばにある食堂「うしお」は是非おすすめです。ご存じの通り、伊那市はローメンを売り出していますが、元祖萬里もよろしいでしょうけれど、この「うしお」の味を試してみてください。
で、元に戻って、その「ジパング」の門谷集落物語には、しみじみ感じ入りました。あの住人がみられなかった集落が、かつて300人を数えたとは。なにかしら、せつない気分になります。また、じっくり訪ねたいと思います。


今年こそ飯田線希望の年に  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 1月20日(木)00時42分44秒(5351)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
まずはたっちーさん、ムーンライト東海道さん、新年のご挨拶ありがとうございました。

●素顔のジパング飯田線>たっちー様
 ご購入ありがとうございます(^^)。

>早いところ都内の書店にも並んで欲しかったり…。

 都内ではとりあえず神保町の書泉グランデでの扱いが決まったそうです。
飯田線内での取り扱いももっと増えるといいですね。

●今冬の駅舎待合室建替>たっちー様
>北部は先日は237Mで北殿までしか行っておらず、木ノ下〜宮木は
>見ていないので分かりませんが…

 当日は辰野から乗りましたけど、特に建替等はなかったようです。
もっともこの区間で今後建替になりそうな駅施設と言ったら、宮木駅の待合室(と便所)くらいしかないんですけどね。

●レールパーク>プチマニア様
 私の方からもはじめまして〜です。

>今度遠くから友達が遊びにくる予定(鉄道マニア)ありまして、佐久間レールパーク
>に行こうかと予定しています。何かイベント情報がありましたら教えてください。

 う〜ん、冬の間はイベントも一息といった感じではないでしょうか。
トロッコファミリー号の走り出す季節になれば、また何らかのイベントもあるかもしれません。
地元の皆さま、何かありましたらよろしくお願いいたします。

>余談ですがレールパークって案内プレートとかって売ってましたっけ

 案内プレートって言うと、行先表示札(サボ)とかのことでしょうか。
だとすると置いてある時とない時があります。だいたいイベントの際に「部品即売会」と称して大量に入荷してくるような気がします。あまりお役に立てずすみません。

●飯田線の「食」>をかだ様、noguchi様
 をかださん、5年ぶりの投稿、ありがとうございます(^^)。
そしてnoguchiさんははじめまして、ですね?(違っていたらごめんなさい)

>私は飯田市内に在住のものですが、先日地元新聞で伝えられた情報によると、
>地元の農協やコミュニティーエフエムなどが主催となって今年、飯田線の「駅弁
>コンテスト」を計画しているようです。

 地元組織が飯田線をバックアップというわけですか。
それは大変いい傾向ですね。最近は飯田線自体が沿線から見捨てられているのではないか、というあきらめの声が聞かれていただけに、こうして地元主導で飯田線を盛り立てる企画が出ることは非常に喜ばしく感じます。

>乗って楽しい飯田線企画の一つのようなのですが、皆さんなら「飯田線らしい
>駅弁」をどのようにイメージしますか?

 飯田線も長いので、どの場所をイメージするかで内容も変化しそうな気もしますが、「伊那谷」という点でいくとやはり五平餅なんでしょうかね。あとは鯉とか遠山の羊肉なんてのもいいかもしれません。

>途中駅から変なおばさんが乗ってきました。車内に勝手に布を張ってコントでも
>するのかと、注目していたらそれは臨時車販室だったのです。スーパーのかご
>みたいなものに弁当とお茶を入れて売っていました。

 むむ、車内でコントとは面白いかも(^^)。さてこれはいつ頃のお話でしょう。残念ながら飯田線北部で長年親しまれていた車内販売は、昨年に廃止になってしまったそうです。北部を数日間旅行したりするうちに顔を覚えられ、お茶をオマケしてくれたりしたのも今では懐かしい想い出です。

 ちなみに「おばさん」は駅構内および車内販売の許可を受けた「伊那谷駅弁」の方ですので、決して怪しい人ではありません(^^)。

>ところで年末に転倒した119系はどうなったでしょうか、ちょっと心配です。

 とりあえず昨年のうちに伊那松島運輸区から搬出され、現在は工場に入場中だそうですが、復旧されるのか代替新造されるかはまだ私にも分からないです。ただこの事故によりワンマン対応車の予備がなくなり、運用上の支障となっていることは事実です。最悪の場合、次の改正でこっそり1運用分削減されるのではないかと心配でもありますが、まずは無事に復旧されることを期待したいです。


車販  投稿者: noguchi  投稿日:2005年 1月18日(火)21時51分9秒(5350)
飯田から辰野へ向かったときの話しです。北線はご存知のように特急が無く、各停ばかりです。途中駅から変なおばさんが乗ってきました。車内に勝手に布を張ってコントでもするのかと、注目していたらそれは臨時車販室だったのです。スーパーのかごみたいなものに弁当とお茶を入れて売っていました。沿線ではお馴染みかもしれませんがよそ者には普通列車に車販とは珍しかったです。ちなみに2度目以降は慣れました。弁当結構うまかったです。ところで年末に転倒した119系はどうなったでしょうか、ちょっと心配です。最初の旅のとき、豊橋でマニアックな話に付き合ってくれたJR東海の車掌さんには感謝します。119系を大切にしませう!


飯田線駅弁コンテスト  投稿者: をかだ  投稿日:2005年 1月16日(日)22時07分14秒(5349)
 管理人様、そのほかの多くの皆様。こんにちわ。5
年ぶりの投稿になりますので、ほとんど「初めまして」
の状態です。
 私は飯田市内に在住のものですが、先日地元新聞で
伝えられた情報によると、地元の農協やコミュニティ
ーエフエムなどが主催となって今年、飯田線の「駅弁
コンテスト」を計画しているようです。
 乗って楽しい飯田線企画の一つのようなのですが、
皆さんなら「飯田線らしい駅弁」をどのようにイメー
ジしますか?昔は急行列車が飯田駅に着くと五平餅を
売るおじさんが客席に入ってきて、伊那谷らしい雰囲
気を出していたのですが。
 いくらコンテストと言っても駅弁ですから、いきお
い「おたぐり」「ざざむし」など大衆受けの難しい品
目が一人走りしすぎないように願っております。 


謹賀新年  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2005年 1月15日(土)05時28分35秒(5348)
遅まきながら新年明けましておめでとうございます。
管理人さんが書かれましたように、今年は飯田線にとって素晴らしいニュースがもたらされることを期待したいと思います。

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


はじめまして  投稿者: プチマニア  投稿日:2005年 1月14日(金)19時02分39秒(5347)
はじめまして飯田線の沿線に住んでいまして、いつも拝見させて頂いております。
今度遠くから友達が遊びにくる予定(鉄道マニア)ありまして、佐久間レールパークに行こうかと
予定しています。何かイベント情報がありましたら教えてください。

余談ですがレールパークって案内プレートとかって売ってましたっけ


素顔のジパング飯田線  投稿者: たっちー  投稿日:2005年 1月14日(金)00時06分47秒(5346)
遅れ馳せながら新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

●素顔のジパング飯田線
 都内の書店を幾つか回ってみましたが置いていなかったので取り寄せてもらい、10日に無事に購入できました。
 私の知らない飯田線の幾つかが載っていましたし、特に5ページめの画像は思わずニヤリと。
 長篠の戦いの謎解きやカネト、小和田のコラム、地域の宝「飯田線」など興味深く読ませて頂きました。
 読んでいて思わずウンウンと頷いていたり、画像を見ていて「ああ、ここ行ったなぁ…」と訪問した当時を懐かしく思い出したり。

 たもと千代さんが書かれている、

>飯田線に興味がおありの方はぜひとも読んでみることをお薦めします。

 には同意です。早いところ都内の書店にも並んで欲しかったり…。


●今冬の駅舎待合室建替
 先日(12/11)に飯田線に乗車した時に注意してみましたが、今のところ確認できたのは三河槙原のトイレだけのようです。
 見落としがあるかもしれませんけれど…。

 北部は先日は237Mで北殿までしか行っておらず、木ノ下〜宮木は見ていないので分かりませんが…
 (その後北殿から1430Mに乗り、南下されていたたもと千代@かんりにんさんと合流し飯田まで南下)


会いにゆきました  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 1月13日(木)00時16分14秒(5345)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
本日、たにたさんが先月にここに書いていました映画「いま、会いにゆきます」を見てきました。
しっかり出てきましたね、飯田線。

 最初の方で出てきたのはおそらく宮木〜辰野間の横川川を渡るところで、終盤近くに七久保付近の光景と思われるものが一瞬と119系の車内が出てきました。ロケ地など結構気になったのですけど、特に伊那谷をモチーフとしたわけではなく、諏訪を中心に茅野〜松本あたりでロケを行っているようです。途中で長野色の115系電車が入線してきた駅は塩尻かと思われましたけど、地元の方いかがでしょう?(笑)

●駅間ウォーキング>百名山様
 おやおや、三大難関駅間を早くも制覇ですか。
ここが終わってしまえば後は怖いモノ無しですね。

>国土地理院発行の2万5千分の一の地図では、大嵐駅の天竜峡側のトンネル
>直上に歩道が有るはずであったが、竹やら雑草が生い茂り、廃道化していると
>予想し、素直に県道を栗代経由で2時間で門谷へ。

 その判断は賢明です(^^)。私が15年ほど前に通った時点ですでに崖崩れの激しい廃道でした。途中にある西山の集落もすでにその時点で無人となっていて空き家が2軒残るのみでしたが、現在どうなったのか気にはなります。

>地図では対岸に歩道があるので、そこにたどり着けば楽勝か、と期待した
>ところが大きな間違いでした。
(大嵐〜小和田間)

 あの道がすでに多くの方がチャレンジされていますが、すべて「崖崩れで通行不可」とのことでした。門谷に定住されている人がいなくなった現在では、もはや復活することもないでしょうね。もっとも定住者が居たところで、今さら歩いて小和田駅を利用するとは思えないですけどね。

>通常ルートであろう塩沢−引田集落経由の大迂回ルートを、
>覚悟を決めて歩き始めました。

 ここなのですが、他のサイト情報によりますとどうやら塩沢集落を経由せず、引田〜小城方面へと向かうルートがまだ生きているらしいのです。このルートですと天竜川林道へと向かう急な上り勾配も避けることができますので、いずれ出掛けてみたい気分も満々であります。

>佐久間から峰集落へ登り、さらに愛宕山山頂を踏んで、水窪側斜面は
>峰トンネル直上の尾根を降り、「塩の道」秋葉街道が通っていた立原集落を
>経て、吊り橋を渡って相月駅へ。

 愛宕山を越えるとは恐れ入ります。私には全く発想すらしないルートです。
愛宕山と言えば前から気になっているのですけど、1/25000地形図「佐久間」には十年ほど前から、愛宕山山頂付近から北に向かって山々の嶺を貫くように縦断している謎の道路が描いてあります。この謎を解いた方ってどなたかいらしゃいますでしょうか。

●素顔のジパング>近藤様
>昨年の話なんですが、地元の本屋へ行ったら、題名の表記で飯田線と言う本が
>紹介されていたので、購入してしまいました。第6巻・・・価格2千2百円。

 そうですか購入されましたか(^^)。
9月時点で飯田人さんからの書き込みもありましたため覚えている方もいるかもしれませんが、10月の発売予定よりおよそ2ヶ月の順延で発売されました。

 私自身が宣伝するのも何やら照れくさいわけですけど、飯田線に興味がおありの方はぜひとも読んでみることをお薦めします。現在のところ平安堂各店をはじめとする地元書店を中心に販売しているようですが、今後の販路拡大が期待されます。

書名:「奥天竜ろまん紀行 巻六 素顔のジパング飯田線」
編集・発行:株式会社 新葉社
定価:2200円(税込)
ISBN4-88242-100-3

 なお今後も飯田線を題材とした書籍の話はいくつか聞いていますので、今年は案外飯田線書籍花盛りの年になるかもしれません。
編集済


駅間ウォーキング(その後)  投稿者: 百名山  投稿日:2005年 1月 7日(金)01時52分22秒(5344)
年末年始に3行程を楽しみました。
?@大嵐−水窪−向市場
?A大嵐−小和田−中井侍−伊那小沢
?B中部天竜−佐久間−相月−城西−向市場

?@
おめでたい話に花が咲いている天皇誕生日は快晴で絶好のハイキング日和で、楽しみにしていた大嵐−水窪ウォーキングに行って参りました。天竜峡丁度10:00発の列車に乗って大嵐駅へ。富山村の玄関口のためか乗降客が多く意外な気分。駅にストックされている雑記帳を眺め、11時15分頃出発。国土地理院発行の2万5千分の一の地図では、大嵐駅の天竜峡側のトンネル直上に歩道が有るはずであったが、竹やら雑草が生い茂り、廃道化していると予想し、素直に県道を栗代経由で2時間で門谷へ。道の脇に一軒家あり。明るい小春日和にうららかな気分でしたが、畑や入り口付近の歩道の様子だとその家に、しばらく生活されている痕跡がなさそうでした。(実は生活されているようでしたらごめんなさい。)
門谷から大津峠に至る登山道が見つからないので、なお舗装道路を上り続け、午後2時15分に峠のトンネルを通過。電波塔通過し、標高800mから南南東に派生する高圧線巡視道でもある尾根を駆け下り、午後3時過ぎに水窪駅に到着。大嵐方面への列車まで時間があるので、線路の東斜面の遊歩道を歩いて向市場まで足を伸ばしました。汗びっしょり。

?A
翌日12月24日は大嵐駅から伊那小沢へ。私としてはこれまで経験した飯田線ウォーキングの中で一番大変な行程となりました。
伊那小沢8時34分発で大嵐駅へ。9時頃出発。結構寒い。門谷経由だと大変な大回りになるので、栗代集落近くから門谷川を渡ることに。斜面の途中に不動明王像様が。地図では対岸に歩道があるので、そこにたどり着けば楽勝か、と期待したところが大きな間違いでした。まず、門谷川を渡る飯田線鉄橋近くの河原に降り立つのが一苦労。あまりにも急斜面に肝を冷やし、まかり間違えると、滑り落ちて未来の化石に。なんとか河原に降りると、ニホンシカの足跡が沢山。対岸の急斜面を這い上り、地図では河岸沿いに歩道があるはずが、見つからず。そもそも、ここには吊り橋があったのだが、完璧に破壊していて、痕跡を残すのみでした。仕方ないので地図にはある標高450m付近を這っている歩道を探索したのですが、途中で大崩壊していてやむなく、山の斜面をへつるように北上。途中、トンネルを抜け出した飯田線を見つけ、その沢を一気に下ったところで川沿いの歩道を発見。ちょっとした崖を上り歩道を順調に北上。天竜川のS字カーブを経て、神社経由で、無事、小和田駅へ。ここに「門谷」への指導表がありますが、途中で崩壊していたので、やめた方がいいでしょう。塩沢集落経由で大迂回するのが無難です。この日のエネルギーの大半を使った後でしたが、続けて小和田駅から中井侍です。地図では長野−静岡の県境になっている河内川に橋があるはずでした。サイトでよくよく調べておけばわかっていたのでしょうけれど、準備不足、現地に行って知ったのですが、その昭和32年製の「高瀬橋」はとっくに崩壊していて、とても渡れません。かといって、門谷川の様に、河口の崖っぷちを降りる気力も失っていたので、通常ルートであろう塩沢−引田集落経由の大迂回ルートを、覚悟を決めて歩き始めました。が、地図をみると送電線の印が。高圧送電線には巡視路がつきものなので、これを利用すれば、河内川もうまく越えて長野県天龍村の「途中」集落に行けると踏んで、巡視路へ。ところが、この巡視路事態が廃道になってしまってました。いまさら引き返すのも面倒だし、そもそもその覚悟で登山靴も履いてきたのでこの斜面をダイレクトに登っていきました。この斜面からみる対岸の塩沢集落の一軒家は、どこぞのサイトに記載されていましたが、それこそ、ネパールか雲南か、で仙人様がおはしているのではないか、という雰囲気で、しみじみ感じ入ってしまいました。冬でありながらも全身汗みどろで「途中」集落へ午後2時40分に到着。冷たいわき水を存分に飲んで、あとは舗装道路を降りるだけです。赤石茶で有名な中井侍集落の駅へ。もひとつ、気力を出して伊那小沢。丁度停車していた527Mに特急伊那路4号が通過していたところでした。駅の寒桜はすでに三輪咲いていました。

?B
新年1月5日は、中部天竜−向市場間でした。佐久間駅からは国道経由を避け、佐久間から峰集落へ登り、さらに愛宕山山頂を踏んで、水窪側斜面は峰トンネル直上の尾根を降り、「塩の道」秋葉街道が通っていた立原集落を経て、吊り橋を渡って相月駅へ。あとは国道を北上して、城西、向市場に到着しました。吊り橋を渡る頃、特急伊那路2号が南下していました。遠州の名山、竜頭山やおそらく(前)黒法師山が見えたり、最高の景色でした。


素顔のジパング  投稿者: 近藤  投稿日:2005年 1月 5日(水)23時39分58秒(5343)
管理人さん、あけましておめでとうございます。
本年も良い年である事を伊那谷の田舎から祈っています。。。

昨年の話なんですが、地元の本屋へ行ったら、題名の表記で飯田線と言う本が
紹介されていたので、購入してしまいました。第6巻・・・価格2千2百円。
管理人さんの写真がたくさん載っています。
応援しよう、地域の宝。こんな形で飯田線を書かれると
地元に住んでいる一人としてはチョット考えさせられますね。。。
まだ、全部読んでありませんが、じっくり読んでみようと思っています。
私も最近は機会があれば飯田線を利用しています。
また、ノーマイカーデーと言うのも月1日は個人目標に今年は設定しましたので、
久々に飯田線で通勤がありそうです。。。
ではでは、近藤

http://ja0hxv.calico.jp


謹賀新年  投稿者: たもと千代  投稿日:2005年 1月 4日(火)23時53分44秒(5342)
皆さま、明けましておめでとうございます、たもと千代@かんりにんです。
昨年は「魅力発見・飯田線」ならびに「飯田線 魅力発見 談話室」をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

 さてネット環境がまだまだ貧弱であった数年前には、「写真がなく、その分文字情報の充実したサイト」という方針のもとに運営してきた「魅力発見・飯田線」も、環境の劇的な変化により、むしろ写真などの画像を前面に出したサイトへの転換を図っている最中であります。20年余りにわたって撮影してきた写真も少しずつではありますが整理と取込みも進み、今後の更新に活かして行きたいと思っております。

 本年は以下のような目標のもとに更新を続行する予定であります。

1.「飯田線各駅停車」の全駅解説個別ファイル化
 サイト開設時の総容量の制約から、もともと6駅を1ページずつにまとめていた「各駅停車」ですが、昨今の飯田線紹介サイトでは当たり前となっている1駅1ページ掲載を、今後も進めてまいります。

 現在のところ本長篠〜下平間など50駅が個別掲載化されていますが、近日中に山吹〜辰野間を、追って豊橋〜長篠城間を個別化する予定で作業を進めております。

2.新コーナー「飯田線ヒストリー」開設
 「飯田線各駅停車」は距離を軸に置いた紹介ですが、場所だけで飯田線を説明するには限界があるため、まずはここ20年ほどの飯田線の流れを1年ごとにまとめ、「駅」と「年」いずれの視点からも飯田線の出来事を追えるようなページ構成を目指します。

 いわば現在のコーナーでいう「飯田線トピックス」を過去に向けて展開するもので、現在でも「トピックス」に掲載されている一部は「ヒストリー」に模様替えを予定しています。

3.初心者対応の充実
 現在の飯田線が置かれている状況を考えると、少しでも多くの人たちに飯田線の旅を楽しんでもらい、沿線地域の魅力を感じていただきたいと思っております。しかし当サイトの内容がどちらかと言うと「飯田線をすでに知っている人向き」なのは否定し難い事実でした。

 飯田線の乗り方さえ知らない、切符の買い方も分からないといった人も多いのではないかと思われます。「そんなことは飯田線ではあたりまえ」と決めつける前に、予備知識のない人にも分かる「飯田線のあたりまえ」を解説するページを作って行きたいと考えております。

 さすがにこのようなチッポケなサイトが「飯田線の乗客を増やす」などと大層な結果を招くとは考えにくいですが、「飯田線のファンを増やす」くらいでしたら、少しは可能性もあり得るかな?といったところでしょうか。

 また飯田線のこと、飯田線沿線のことについて、どのような小さいことでもここ「飯田線 魅力発見 談話室」に投稿していただければ、幸いに思います。中には沿線地域の話でも飯田線という鉄道が絡まない話題は遠慮したほうがいいか、と思っている方も時々いらっしゃいますけど、ここでは電車の話題も地域の話題も同列だと私は考えております。ぜひともお気軽に投稿していただきますよう、よろしくお願いいたします。


豊川初詣2  投稿者: 松哲  投稿日:2005年 1月 2日(日)23時19分45秒(5341)
豊川稲荷初詣輸送について追加です。

朝8時台の豊橋〜豊川間、407M3410Mが119系3連、409M412Mが113系4連です。
昨日、見落としました。
その他は昨日と同様の編成になっています。


新春  投稿者: 四線会飯田支部  投稿日:2005年 1月 2日(日)11時01分31秒(5340)
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
去年は私的にはいいなかライナーが廃止になったこと。飯田線が減便したこと。
が一番のニュースでした。今年はいい年になりますように期待します。
では


豊川初詣  投稿者: 松哲  投稿日:2005年 1月 1日(土)23時38分39秒(5339)
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

豊川稲荷初詣輸送について現状報告します。

1)大晦日終夜臨時列車
東海道本線直通2往復:いずれも313系4連、自動ドアで運転。うち1往復は中央西線高蔵寺からの直通。
豊橋〜豊川間2往復:119系2連(E編成)で運転。

2)元日昼間の定期列車
1両運転列車のうち、豊橋〜豊川間7往復が、113系4連・自動ドアで運転。
(411M414M415M418M419M422M423M426M427M430M431M434M435M438M)
他の列車は全て通常通りで、1両のままの列車も多数あり、混みあっています。
明日以降はどうなるかわかりませんが、利用の際はご注意を。

また、年末の帰省シーズンでも、519Mなどの増結は見られませんでした。


いよいよ歳末  投稿者: たもと千代  投稿日:2004年12月31日(金)23時58分9秒(5338)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
いよいよ今年も残り少なくなりました。
最近はなかなか顔を出さず、申し訳ありません。

 さて毎年末になりますと飯田線のこの1年を振り返り、この場所で三大ニュースとして挙げていますけど、今年はやはりこの3つかなぁ…と思います。

1.台風23号による路盤流失により羽場〜伊那新町間で脱線転覆事故【2004年10月20日】


2.JRダイヤ改正で飯田線北部が減便に【2004年10月16日〜】


3.JR東海バス「いいなかライナー」が路線廃止に【2004年10月15日迄】

 なんだかどれも明るくない話ばかりになてしまいました。しかもこれらの出来事がわずか数日の間に起こっているという点が、また非常に象徴的なように思えます。ただ脱線事故の際は負傷した4名がいずれも軽傷で済んだことや、関係者の方々の尽力によりわずか3日後には現場復旧を終えるなど、正に不幸中の幸いと言うことができたのではないでしょうか。

 来年こそは飯田線に素晴らしいニュースがもたらされることを期待したいと思います。


初飯田線  投稿者: 通りすがり  投稿日:2004年12月31日(金)20時33分29秒(5337)
30日に初めて飯田線乗り切りしてきました。
小田急−東海道を乗り継ぎ豊橋から乗りました。お約束の小和田で長野からの友達と待ち合わせし3時間ほど滞在したあと岡谷行きの電車で終点まで乗ってきました。
小和田から北の眺めは日没になったとこにより全く見えなくなり期待していたのですが大変残念でした。
今回は3人でしたが1人でも楽しめそうです。
鈍行での旅行も良いですね。
また来たいと思います。


東海道接続  投稿者: クモハ211-1  投稿日:2004年12月31日(金)17時36分26秒(5336)
通りすがりさん
>快速以上の列車に接続していたのに、今では特に日中は全くといっていいほど接続していません。
そうでしょうか?
確かに東海道普通と豊川行の接続や新快速(朝夕は特別快速)と豊川以遠は最悪ですが、
快速(朝夕は新快速)と豊川以遠の接続はいいような気がします。
ということで結論?:豊川行きの乗車→新快速。豊川以遠→快速がベストなのではないでしょうか
くだらない事ですみません。
編集済


このごろ、東海道線との接続が、悪くなっている。  投稿者: 通りすがり  投稿日:2004年12月28日(火)16時44分4秒(5335)
飯田線と東海道本線下り方面の接続について

Re 管理人「たもと千代」さん 来年の飯田線に期待
>豊川〜名古屋のような「ほとんどの利用者が他社線を選択」するところを割り引いた方が、自社線への転移効果は大きいと思うのですけどね。
>あるいは飯田線方面からの乗客増はもうアテにしていないとか…じゃあまりにも悲しすぎます。

タイトル通り、このごろ、東海道線との接続が、悪くなっている気がします。

1999年改正では全ての快速以上の列車に接続していたのに、今では特に日中は全くといっていいほど接続していません。(一方、名鉄は、速い特急に豊橋乗換えですがベストの接続です。)

夕方も幸田or三河三谷停車の新快速から飯田線への接続時間が短く、接続できない場合があります。

また、豊川〜名古屋1450円(名鉄は、豊橋乗換えでも1280円)という運賃も割高で、利用しにくいといったところです。

下手をすれば、豊川〜豊橋〜国府と回るのがデフォルトになってしまうかもしれません。


ありがとうございます  投稿者: azul  投稿日:2004年12月26日(日)01時10分57秒(5334)
>飯田人さん
個人的によく18切符でいろんな場所を放浪しながら実家まで帰ることがあるんですけど、たまに凄まじい混み具合の場所(塩尻〜中津川とか米原〜大垣など)があったので少し心配になって質問させていただきました。途中で食料不足にならないようにして飯田線楽しみたいと思います。ご回答ありがとうございました。
ナイトスクープの件はかなり有名な話なんですね。少し探してみることにします。


年末年始の飯田線  投稿者: 飯田人  投稿日:2004年12月24日(金)19時02分33秒(5333)
azul 様
あまり詳しいことはわかりませんが、とりあうず言います。
時間帯にもよると思いますが、ほとんど混雑することはないと思います。
多少混雑するとしたら伊那、飯田辺りだと思います。
車窓から天竜川が見られるような所までくれば、自由に席を移動できるほどになると思います。
しっかり食料を買いこんで飯田線楽しんで下さい。

探偵ナイトスクープの件ですが、下山村〜伊那上郷間の電車との競争のことですね。検索するといくつかせれらに関するレポートが見られると思います。

たもと千代 様
佐久間〜相月のウォーキング是非また一緒に歩きましょう。


はじめまして  投稿者: azul  投稿日:2004年12月24日(金)03時41分18秒(5332)
年末実家に帰る際にのんびり飯田線経由で帰ろうと思い少し調べてたらここにたどり着きました。いろんな景色が楽しめそうな路線ですね。帰省がちょっと楽しみになりました。

ところで年末年始の飯田線はやはりほかの路線同様混雑するものなのでしょうか?私は上諏訪から豊橋までノンストップの電車に乗ろうと考えているのですが、終点まで6時間くらいかかる上、豊橋から実家までも遠いので長く立つことにならないか心配です。どなたか教えて頂ければ幸いです。

あと飯田線と言えば数年前「探偵ナイトスクープ」という番組で、ある駅で電車を降りた人が普通に走っていくつか先の駅に先回りして同じ電車に乗れるかどうか試したいっていう依頼が取り上げられてたような気がします。(間違っていたら申し訳ありません)


4両運転  投稿者: 松哲  投稿日:2004年12月23日(木)21時18分41秒(5331)
・車両運用>たもと千代様
>およおよ、そうなると明後日あたりは北部に久々の4連登場になりますかね。

少し遅れていましたが、本日の534Mが4両でした。ということは、北部でも4両だったのでしょうか。M編成の北部での運用がいまひとつわかりませんが、まずはこれで、代走のE15が豊橋に戻ったことにはなりますね。


駅間ウオーキングにはまる。  投稿者: 百名山  投稿日:2004年12月22日(水)03時42分58秒(5330)
12月はじめに温田−田本−門島をウォーキングして、門島−唐笠を残してしまったのですが、12月12日にこの区間を、12月18日に温田−為栗−平岡−鶯巣−伊那小沢を歩いてきました。
正直言って、今、飯田線中部の駅間ウォーキングにはまってしまっています。景色の美しさ、経路の難度、集落の人々のやさしさ、素直さにはまっているのだろうと思います。
たもと千代さんがおっしゃるとおり、門島駅から平野集落に登る斜面は、多くの広葉樹が茂っているところから紅葉の頃がベストと感じました。私はすっかり落ち葉の遊歩道を踏みしめる時期でしたが、小春日和、汗をかきかき標高差300mを登りきりました。同じ遊歩道登山コースである田本の上りは、泰阜村でしっかり整備している様子ですが、今回の門島の登山コースは、手入れもほとんどされておらず、なすがまま、やがては灰道になってしまうのではないかと思われる状況でした。登りきったところにはどこにも門島の行き先表示が無く、地元の方も使っている様子はなさそうな感じですね。しかし、門島駅は、下条村の人々が盛んに使っており、唐笠駅から乗車した554Mからは私を含め6人が門島駅に降り立ちました。下城村方面は、車道があり、車では簡単に行き来できるのですね。

12月18日には、温田−為栗間を天竜川左岸のこれまたまもなく廃道になりそうな遊歩道を歩きました。油断すると平岡ダムによるダム湖に転げ落ち土佐衛門になってしまいそうです。この間約2時間。思いのほか時間がかかりました。為栗からは天竜川左岸をあきらめ、意外と交通量の多い県道1号線を南下。夕暮れ前に伊那小沢駅につき、暗くなったので中井侍は次回に回して、527Mで温田に戻りました。南宮峡にかかるグリーン色のライトアップに照らされた斜長橋を渡って自家用車にたどり着きました。伊那小沢駅には寒桜が一本あり、つぼみがふくらみかけていたばかりでなく、一輪すでに花を咲かせていました。その一方その近くにはなんとコスモスが咲いていてびっくり。この駅ではこれが普通なのか、それとも暖冬の影響なのか、どうなんでしょうねえ。

年末の休みにはいよいよ飯田線駅間ウォーキングクライマックスの大嵐−水窪の山越えにチャレンジしたいと思います。楽しみです。


続、奥三河芸能祭  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2004年12月21日(火)05時55分30秒(5329)
おはようございます。
>管理人さん
広報に掲載の写真は今年使用した113系です。
実際にどの車両が使われるかは分かりませんが、この写真を載せ、尚且つ注意事項(車両は変更の可能性がありますなどの記載)がないことから113系の可能性が高いです。

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


早くも来年の芸能祭…  投稿者: たもと千代  投稿日:2004年12月21日(火)01時37分23秒(5328)
●奥三河芸能祭>ムーンライト東海道様
 いよいよ来ましたね(^^)。
私も例年のことながら、また出掛けたいと思います。
ひょっとしたら今年同様に、会場でのブース出展があるかも(詳細未定)。

>飯田線の旅・ウォーキング
>場所:長野県下伊那郡天龍村(伊那小沢⇔平岡)
>※文中は静岡県となっていますが、明らかな間違い

 あら、そうなりましたか。意表をつく展開で驚きです。
ちなみに静岡県と出ているのは、当初静岡県で予定されていたものが区間だけ急遽変更になったものと思われますが、真相はいかに…。

 でもこの区間ですと、国道沿いにへばりつく飯田線の廃線跡探索が楽しめますね(な〜んて言っておいて国道経由でなく山越えのルートだったらどうしよう…^^;)。

 で、車輌は来年も113系なのかなぁ…。個人的には117系を希望したいところなのですけどね。あ、311系でも可です。ユーロライナーならさらに喜んで…(こらこら)。
#ま、マジな話ユーロだと、参加費は2倍にはなりそうですね。
 それ以前にユーロってその頃まで車籍あるんだか…?


>飯田線情報の旅
>時間:10時から17時まで
>場所:文化会館展示室
>内容:飯田線絡みの展示、鉄道模型、竹細工、機織展示実演

 内容を見る限りでは今年に準じて、という感じですね。
この掲示板に参加あるいは見ておられる新城付近の方々とは、ぜひこの機会にお会いしたいですね。


来年の飯田線に期待  投稿者: たもと千代  投稿日:2004年12月21日(火)01時26分20秒(5327)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
今年も気がついたらあと十日余りなんですね。
飯田線にとっては残念ながらいい1年とは言い難かった年ではありますけど、現状打破の明るい動きも見え隠れしており、何とか来年は飛躍の年になってもらいたいですね。

●車輌運用>クモハ211-1様、松哲様
>5両編成の件なんですが、
>一応車掌は1人ではなく2人乗っていました。(もしかしたら3人かも...)

 もし何らかの事情で2本の列車を連結したとしたら、それぞれに乗務員が1組ずつ乗っていることでしょうから4人にはなりそうですね。その場合、本来の1組が乗務に当たりもう1組は便乗扱いになるのか、2列車分の乗客が乗っているはずですから2人ずつで乗務に当たるのか、気になるところです。

 もっとも車掌はともかく運転士が2人となると、かえって分担は難しいかも。実際どうしているのでしょうね。

>今日、M編成(1両電車)の代わりにE編成(通常の2両編成)が入りました。
>559Mの後につながっていましたので、明朝の中部天竜発飯田行きになるものと思います。

 およおよ、そうなると明後日あたりは北部に久々の4連登場になりますかね。もっともE編成を早く回収するために、飯田停車時に1506M→566Mあたりと車輌交換して戻してしまうのではないか、という心配もなくはないのでしょうが。

●霜月>hirom様
>さて、去る11日から12日にかけて下伊那郡上村へ行ってきました。
>上村の上町で霜月祭りが行われていて、見物です。

 いいですねぇ、霜月祭り。一度は見てみたいと思うのですけど、時間的に深夜なもので仮眠や宿泊との兼ね合いが難しく、なかなか実現しそうもないですねぇ。

>舞といいながら余興度がとっても高くて一緒に盛り上がってしまうほど。
>百聞は一見に如かずといいますが、見てみる価値のある祭りだと思います。

 う〜ん余興ですかぁ。どんな余興なんだか興味津々ですね。それはそれは良い体験をされたようで…。

●豊橋〜名古屋>いい打線様
>1月8日から豊橋〜名古屋間の往復きっぷを発売
>平日 1800円 土休日 1500円

 これ、各所で話題になっていますね。たしかに安いのは大いに結構なんですけど、純粋に「豊橋駅」対「名古屋(あるいは尾頭橋・金山)駅」の2駅間に使う場合はともかく、それ以外の利用には極めて制限の多い切符となりますね。とりわけ

>更に、この切符の注意点は、発売日のみ有効で乗り越した場合は、
>所定運賃の差額を払うという所です。

 というのが最たる特徴とでも言えましょうか、通常の回数券やフリー切符の類いでしたら、券面表示末端駅からの打切り精算ということになるのでしょうが、この乗車券では所定運賃との差額の精算…つまりは割引自体が「無かったことに」されてしまうんですね。

 改札を一旦出さえすれば割引の恩恵にあずかれるわけですので、飯田線利用者に全く恩恵がないわけではないものの、それでもちょっとややこしい感はありますね。

>豊川・二川・(名古屋)市内の3種類は、廃止だそうです。
>理由は、ほとんどの利用者が豊橋〜名古屋のみという点。
>豊橋〜名古屋に区間を限定し、大幅に割引した点。

 なんかこのあたりは「ほんとにいいの?」と感じてしまいます。「ほとんどの利用者が豊橋〜名古屋」ならば、わざわざ放っておいても利用の多い区間を割引するより、豊川〜名古屋のような「ほとんどの利用者が他社線を選択」するところを割り引いた方が、自社線への転移効果は大きいと思うのですけどね。あるいは飯田線方面からの乗客増はもうアテにしていないとか…じゃあまりにも悲しすぎます。


今度はM編成の代走  投稿者: 松哲  投稿日:2004年12月20日(月)23時00分7秒(5326)
今日、M編成(1両電車)の代わりにE編成(通常の2両編成)が入りました。
559Mの後につながっていましたので、明朝の中部天竜発飯田行きになるものと思います。
E編成は大忙しですね。


第18回 奥三河芸能祭  投稿者: ムーンライト東海道  投稿日:2004年12月19日(日)19時30分38秒(5325)
こんばんは。
今日我が家に配布された広報しんしろに表題の案内がありました。
日程と内容を書きます。
2005年3月6日(日)
飯田線の旅・ウォーキング
場所:長野県下伊那郡天龍村(伊那小沢⇔平岡)※文中は静岡県となっていますが、明らかな間違い
定員:220人
受付開始:2005年1月15日(土)※要参加料、申し込み

2005年3月12日(土)

新城伝統芸能の夕べ
場所:新城観光ホテル東館
定員:150名
入場:無料

2005年3月12日(土)〜13日(日)
グラントゴルフ大会
時間:10時から
場所:桜淵芝生広場
参加料1000円、要申し込み

飯田線情報の旅
時間:10時から17時まで
場所:文化会館展示室
内容:飯田線絡みの展示、鉄道模型、竹細工、機織展示実演
入場料:無料

2005年3月13日(日)
フリーマーケット、ミニSL運転会・試乗会、鉄道模型運転会、芸能フェスティバル(このオープニングにカネト合唱団の皆さんが出演されます)、など

毎年のことながら、今からたのしみですね。
編集済

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


豊橋〜名古屋のつづき  投稿者: いい打線  投稿日:2004年12月19日(日)15時21分40秒(5324)
豊川・二川・(名古屋)市内の3種類は、廃止だそうです。
理由は、ほとんどの利用者が豊橋〜名古屋のみという点。
豊橋〜名古屋に区間を限定し、大幅に割引した点。

連続投稿失礼しました。


豊橋〜名古屋  投稿者: いい打線  投稿日:2004年12月17日(金)11時39分44秒(5323)
飯田線と関係あるような、ないような話題。
1月8日から豊橋〜名古屋間の往復きっぷを発売
平日 1800円 土休日 1500円
新幹線には片道+500円で変更可。
新幹線用も有 平日 2800円 土休日 2500円

新幹線名古屋往復きっぷについてですが、JR東海HPでは触れられていませんでしたが、この切符は、初めは「Qきっぷ」という名称で、豊川〜名古屋の設定の切符については豊橋〜豊川の伊那路の自由席に乗れました。
次は「新幹線往復きっぷ」という名称に変わり、伊那路自由席には乗車券のみ有効で特急券は630円別途必要になっています。
そして、推測ですが1月8日からは豊橋〜名古屋間のみの設定のようなので「豊川〜名古屋」は、廃止かも…

更に、この切符の注意点は、発売日のみ有効で乗り越した場合は、所定運賃の差額を払うという所です。
例えば、船町140円の切符を車内で購入、豊橋で改札を出て、名古屋往復切符(土休日用1500円)を購入。帰りに、豊橋で改札を出ないで船町まで乗り越した場合、名古屋〜船町1280円ー750=所定運賃との差額530円精算になりますよね。要注意です

長文失礼しました。


霜月  投稿者: hirom  投稿日:2004年12月16日(木)00時06分3秒(5322)
今年も残すところあとわずかですね。今年は飯田線に殆ど乗ってない気がする・・・
最後に乗ったのは4月かも。(ぉぃ)

さて、去る11日から12日にかけて下伊那郡上村へ行ってきました。
上村の上町で霜月祭りが行われていて、見物です。

夕食後に出かけましたので上村へ着いたのは日付が変わる0時ごろ。
祭りの方は「神送りの神事」がおこなわれているところで、神事の方は殆ど終わり。
でも、このあとの余興がメインなんです。
この時点で広くない神殿の中に50〜60人ほど入っていたと思います。
眠いなか、様々な舞が披露されているのを見物していましたが、
3時を過ぎると人が増え増え増え、余興のクライマックスを迎えるころには、
200人近く入ったのではないかと思う程押し合い圧し合いでした。
余興のクライマックスというのが「神太夫(かんだゆう)夫妻の舞」「四面(よおもて)の舞」
舞といいながら余興度がとっても高くて一緒に盛り上がってしまうほど。
百聞は一見に如かずといいますが、見てみる価値のある祭りだと思います。

この日は4時半頃にダウンして車中で仮眠してから昼頃に帰宅しましたが、
祭りは朝6時半ごろに終わったとのことです。

いやぁ つかれました。


5両  投稿者: クモハ211-1  投稿日:2004年12月15日(水)17時52分46秒(5321)
5両編成の件なんですが、
一応車掌は1人ではなく2人乗っていました。(もしかしたら3人かも...)


歩く醍醐味・飯田線  投稿者: たもと千代  投稿日:2004年12月15日(水)02時08分50秒(5320)
それではレスの続きです。

●三河槇原か?三河槙原か?>Kanaru様
>中央西線は、自宅からの両面作戦
>東海道本線の京都〜静岡間は、名古屋からの両面作戦で踏破しました。

 京都〜静岡間とは恐れ入りました(^^;
そのまま続けると「東海道五十三次」も歩けそうですね。
もっとも駅の位置と宿場の位置は微妙に異なりますから(それ以前に三重〜滋賀あたりは完全に別ルートですし)、両方同時にはとても無理でしょうけどね。

>池場の近くの店は、定休日でした。
>実は車窓から確認してあったので、ここを昼食場所にと考えていたのですが、
>悲しいことに、この日は昼抜きになってしまいました。
>入った店は、国道沿い、むしろ三河川合よりでした。

 後で池場〜三河川合間を歩いた際の写真を見ましたら、たしかにありましたねぇ。あの区間内の飲食店は、開業したり廃業したりのペースが非常に速く、なかなか計画通りの食事がつらいのは事実です。その点、20年以上も前からあった池場駅前の「軽食喫茶四季」は、息の長い方でしょうね。

 でもこの先の区間は、もっと食事のできる店が少なくなりますね。ほんと確実に食べられそうなのは、中部天竜や平岡の駅前に水窪町内くらいでしょうか。基本的にはあらかじめ用意しておくか、駅に着いたら速攻電車で食べに行く形になるかと思います。そのあたりが他の路線と大きく違うところかもしれません。

>ところで、時刻表等では「三河槇原」、現地の駅名では「三河槙原」となってますが、
>どちらが正式なんでしょうね?

 これって旧字体と新字体の違いじゃなかったでしたっけ?(自信なし)
澤と沢、嶋と島みたいなものではないかと思っていましたけど…。私もパソコン上では「槙原」を使っていますけど、手書きの際は味のある「槇原」を使っています。

●田舎に泊まろう!>たっちー様

 この番組、残念ながら見逃してしまいました。親から「中井侍」云々と、普段では絶対に口にしないような単語を聞いたため、あ〜しまった見たかった〜、と思いました。

>そこで疑問に思ったのですけれど、中井侍から鶯巣まで歩いてどのぐらい時間が
>かかるのでしょう?営業キロだと3.9kmですが、地図を見ると道路が遠回りしているような…。

 中井侍から鶯巣って、びっくりするほど遠くはないんですね。駅間の道路の標高差が意外と少ないうえ比較的線路に沿っているので、中井侍〜伊那小沢、伊那小沢〜鶯巣のいずれの区間も1時間弱で到達できます。ですので中井侍〜鶯巣で1時間半くらいあれば到達できます(道にもよりますが)。

 とはいえ快調に歩けるのも明るいうちの話であり、暗くなってしまってからは民家の光もなく大変なことだと思います。私でも歩きたくないなぁ…。

●長野県縦貫特急>たにた様
 なんかこれにも続報があって、「公共交通網整備を目指す中南信地区協議会」と呼ばれる県議のグループがこれに「不十分だ」と噛み付き、試験運行が短すぎるだとか、中央東線特急の伊那や木曽への直通運転、それにリニア中央新幹線の整備などを求めたそうです。

 ちょっとあまりにも次元の違いすぎる話が交錯してはいるのですけど、伊那谷の公共交通を考えている人たちもいるんだなぁ…と認識できただけでも心強いのではないでしょうか。具体論はまだまだこの先が難しいのでしょうけどね。

●飯田線沿線ウォーキング>飯田人様
>しかし、私の場合は歩ける距離であれば歩きますが、
>何時間もかかるようなら電車に乗ります。

 いやいやそこが何時間も歩くようなコースほど、景色が素晴らしいのですよ(^^)。
佐久間〜相月なんて歩いてみると感激すると思います。今度一緒に歩いてみませんか?

>私の知る限りでは、佐久間〜水窪を結ぶ旧街道を歩き、相月には
>水窪から向市場、城西を通り過ぎて行くしかないと思います。

 そのルートもありますね。佐久間から二本杉峠〜北条峠を登り、民族文化伝承館を通って峠を下るコースになります。これだと城西と向市場の間あたりの国道に合流し、とりあえずは城西駅に出ることはできます。

 二本杉峠の展望も佐久間の街が一望できて素晴らしいのですけど、それ以外は谷に囲まれたようなところを通るので、どちらかというと尾根の先端からいきなり両側に川が見える明光寺峠ルートをお勧めしたいところです。北条峠ルートで民族文化伝承館に立ち寄り蕎麦を食べる、というのも捨てがたい魅力なのですけどね(私が通った際は時間が遅くて営業していませんでした)。
編集済


い伊那、すご伊那、飯田線  投稿者: たもと千代  投稿日:2004年12月15日(水)01時07分42秒(5319)
こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
前の投稿にもありますように、飯田線に乗ってきました。
ただここ数回の例に漏れず飯田線そのものが目的ではなく、東京から新城へ往復するのに、新幹線経由の単純往復も「一筆書き切符」の大回りでもほとんど乗車券代に差がないことから、それならばと往路を中央本線経由としたものです。

 最近は月に1回ペースで飯田線には出掛けてはいるものの、飯田線で遊ぶだけのための旅行はかなりご無沙汰なので、ぜひとも冬の飯田線を満喫しにいきたいです。

●飯田線に行ってきました>たかあき様、たにた様
>来たのですね。伊那市に。

 はい、伊那市に行きました(笑)。
そのまま1430Mに乗ってEF58を撮影するのも良かったのですけど、一食抜きはさすがにきつそうなので伊那市で降りてしまいました。ちなみに1423Mで北上していたたっちーさんも最終的には飯田に戻られるとのことでしたので、1430Mで合流し、飯田までご一緒いたしました。

 飯田からは時間の都合上「伊那路4号」に乗らざるを得ず、車窓をのんびりと探勝できなかったのは残念ではありました。当日は飯田駅前で豊川市の観光キャンペーンがあったため、豊川へと戻る観光協会の方々が十数名乗っていたのですが、それ以外の一般客は1両数名ずつといった感じでした(指定席は完全にカラになった時もありました)。

>まるっきりそのままの画像が載っていてびっくりです。
>その2日後に萬里の近くの飯島食堂でお昼食べました。

 途中下車でどこかへ出掛ける際には、大抵「魅力発見」の更新ネタと連動している場合が多いので、直ちに「伊那市駅」が掲載されたことになります。分かりやすいでしょ(笑)。ちなみに現在、本長篠〜飯田間で掲載している1駅1ページ解説を一気に辰野まで延伸させるべく、水面下で作業を続けていますので、伊那市駅だけすぐにアップできたのもそのためです。

 そういえば今回、「萬里」の近く(姉妹店の玄関前)に「ローメン発祥の地」を示す碑が建っていました。もうローメンが生まれてから半世紀なんですね。

>この頃は伊那にも行く機会がなく、飯田線が恋しくなる今日この頃です。

 なかなか帰省されていないことになるのでしょうか。
お正月こそは伊那谷でのんびりしてくださいね(^^)。

>ホームページ開設6周年、おめでとうございます。
>そういえば私がここへ初めてお世話になった時、中学生だった事を考えると、
>時がたつのは本当に早いですね。

 祝辞を戴きまして、ありがとうございます。中学生ですか、それは若い…。
中学から大学の間って、同じ6年間でも最も顕著に成長が見られる6年間のような気がします。大人へのステップって感じみたいですもんね。私みたいに歳取っちゃうと、6年くらいでは全然成長しないような気がして…(苦笑)。

●夢の列車>松哲様
>昨夜熟睡中にエンジンの音が聞こえたので、慌てて部屋のカーテンを明けたら、
>119系などが牽かれて行くのが見えました。一瞬夢かと思いましたが、
>現実だったのですね。後部にはクモヤ145がつながってました。

 クモヤが見えたのならたぶん夢ではないです。119系のクハだけが1両で走って行ったのなら、間違いなく夢ですが(笑)。
それにしても応急的な復旧はしているとはいえ、一度転覆した後の車輌をはるばる200km以上も線路上を回送させることは、乗務された方々にとってもヒヤヒヤものではなかったのかと余計な気遣いをしてしまいます。

●5両編成>クモハ211-1様
>そのせいか知りませんがR編成+E編成+M編成の5両編成の列車が運転されました。


 5両編成とはすごい。昭和の頃は当たり前のように走っていましたけど、R編成が出てからの5両運転は大変に珍しいと言えるでしょうね。5両だと三河大野より北でドアカットが必要になってくるうえ、車掌さんが一人で発券に回ると大変なことになってしまいますから、締切扱いは妥当な措置と言えるでしょうね。
編集済


来たんですね。  投稿者: たかあき  投稿日:2004年12月14日(火)19時38分10秒(5318)
たもと様
来たのですね。伊那市に。
まるっきりそのままの画像が載っていてびっくりです。
その2日後に萬里の近くの飯島食堂でお昼食べました。


いいなぁ  投稿者: たにた@大阪在住  投稿日:2004年12月14日(火)06時19分11秒(5317)
おはようございます。

たもと様は飯田線へ行かれたんですか。ホント羨ましい。
この頃は伊那にも行く機会がなく、飯田線が恋しくなる今日この頃です。
久しぶりの飯田線はどうでしたか?

チェックしておらず、遅れてしまいましたが、
ホームページ開設6周年、おめでとうございます。
そういえば私がここへ初めてお世話になった時、中学生だった事を考えると、
時がたつのは本当に早いですね。
これからも不束者ですが、どうぞ、よろしくお願いします。


夢の中の列車  投稿者: 松哲  投稿日:2004年12月13日(月)22時40分57秒(5316)
○5日>クモハ211−1様

この日は、前日の低気圧のせいで乱れていましたね。5両は見逃しましたが、朝113系が動員されているのは見ました。
○EF58 122>たもと千代様

昨夜熟睡中にエンジンの音が聞こえたので、慌てて部屋のカーテンを明けたら、119系などが牽かれて行くのが見えました。一瞬夢かと思いましたが、現実だったのですね。後部にはクモヤ145がつながってました。


EF58 122  投稿者: たもと千代@230M  投稿日:2004年12月11日(土)14時05分6秒(5315)
230Mで伊那本郷を通過したところ、EF58 122に牽かれた二両の14系客車と行き違いがありました。編成からしてまだ伊那松島区に残る脱線車両(クハ)の引き上げ用の回送列車かと思われます。


久しぶりの飯田線  投稿者: たもと千代@1430M  投稿日:2004年12月11日(土)11時24分23秒(5314)
1430Mで南下中です。現在辰野の13分停車に続き、伊那松島の14分停車です。座席が大方埋まるほどの乗りです。飯田線北部に乗車するのは夏以来です。


久しぶりの飯田線  投稿者: たっちー@1423M  投稿日:2004年12月11日(土)09時44分9秒(5313)
現在1423Mで北上です。改正後初めての飯田線なのでどのように感じるか楽しみな反面、心配なところも…


5日  投稿者: クモハ211-1  投稿日:2004年12月10日(金)17時40分14秒(5312)
去る日曜日、飯田線がストップしました。
場所は三河川合〜池場だったと思います。
それに関連して遅れが発生しました。
そのせいか知りませんが←豊川R編成+E編成+M編成→豊橋の5両編成の列車が運転されました。
豊橋に14:30ごろ到着しました。
最後尾の車両は扉締切扱いになっていました。
到着後そのまま豊橋区に入庫しました。
編集済


三河槇原か?三河槙原か? 投稿者:Kanaru  投稿日:2004年12月 9日(木)23時01分27秒(5311)

飯田人様、たもと千代@かんりにん様、
投稿してすぐにレスをいただき、ありがとうございます。
お礼が遅くなりましたが、とても参考になりました。

私は中央西線神領駅近くに住んでいます。
といっても線路沿いに歩いて1?ほどなので、
飯田線の出馬〜上市場より遠い・・・

中央西線は、自宅からの両面作戦
東海道本線の京都〜静岡間は、名古屋からの両面作戦で踏破しました。
ただ、一気に歩いているわけではないです。
飯田線も豊橋から歩き始めたのは2000年です。
(このサイトで小坂井駅が新しくなったのを初めて知りました。)
5年もかけて、まだ飯田線は30%弱の踏破です。
したがって、あと10年は、このサイトのお世話になりそうです。

池場の近くの店は、定休日でした。
実は車窓から確認してあったので、ここを昼食場所にと考えていたのですが、
悲しいことに、この日は昼抜きになってしまいました。
入った店は、国道沿い、むしろ三河川合よりでした。

駅の情報に関心があるので、
ここの詳しい情報にはとても感謝してます。
三河大野駅が「コノハズク」だということは初めて知りました。
そう言われてみれば、そう見えますね。

私の付け加えることのできる情報はほとんどありませんが、
三河槇原駅は、10月にトイレ建設中だったので、もう完成しているころかと思います。
ところで、時刻表等では「三河槇原」、現地の駅名では「三河槙原」となってますが、
どちらが正式なんでしょうね?


田舎に泊まろう!で 投稿者:たっちー  投稿日:2004年12月 7日(火)00時51分39秒(5310)

 ご無沙汰しております。
 最近は飯田線に行く機会がほとんど無く、西武池袋線と東武東上線で昔の塗装に戻された101系と8000系を追いかける日々でした(^^;
 でも10日からの冬青春18解禁に伴い、10日東京発のながらで飯田線に出かける予定です。

●祝6周年
 開設6周年、おめでとうございます。
 私もこちらにお邪魔するようになってからもうそんなになるのか、という感じです。
 更新は大変だと思いますが、頑張ってください。これからもよろしくお願いします。

●田舎に泊まろう!
 先週だったと思いますが、たまたまテレビのチャンネルを回していたら、「田舎に泊まろう!」という番組でウド鈴木が中部天竜駅に向かっていくシーンが見えたのでそのまま見続けてました。ちなみに芸能人がアポなしで民家に泊めてもらう番組(でいいのかな?)で、ウドは天龍村、ウドの相棒の天野ひろゆきは佐久間町で宿泊、というものでした。

 ウドは中部天竜から天竜峡方面行き(たぶん527Mだと思われます)に乗り、中井侍で下車し、付近の集落で交渉したものの断られ、1時間かけて他の集落に行ったもののそこもダメで、真っ暗闇の中歩いて、3時間後にとある集落でやっとOKが出ました。
 そこの集落は鶯巣でした(たぶん...)

 そこで疑問に思ったのですけれど、中井侍から鶯巣まで歩いてどのぐらい時間がかかるのでしょう?営業キロだと3.9kmですが、地図を見ると道路が遠回りしているような…。


それでは。
編集済


長野県縦貫特急のチャンス 投稿者:たにた@大阪在住  投稿日:2004年12月 6日(月)19時56分17秒(5309)

お久しぶりです。

先日、「いま、会いにゆきます」という映画を観てきたのですが、
なんと飯田線が最初と最後に登場していました。
しかもラストの一番良いシーンはたぶん119系の車内と思うのですが、
誰か観た方いらっしゃいませんでしょうか?

●飯田〜長野間の特急試験運転>伊那市民さま、たもと千代さま

おぉ、すごいですね。
この頃の飯田線はワンマン化や夜間無人化、そして減便ダイヤ改正と暗いニュースばかり
だったので、久々の明るいニュースにホッと安堵しています。
ぜひ成功するためにも、今後は計画を詳細に詰めてゆくとともに、
この飯田線にしては画期的な運転を活かすためにも、沿線住民へのPRなどを行ってほしいものですね。

ただ、たもと千代@管理人さまのご指摘通り、
臨時列車だけに定期列車の待ち合わせ等なども想定されますし、
二週間という極めて短期間にどれほどの効果があるのかという疑問も感じます。

とにかく、この飯田線にとっての大きなチャンスですので、是非とも活かし、
ゆくゆくは定期化され、長野県縦断特急として伊那谷を走ることを祈るばかりです。
ガンバレ、飯田線!


幻の特急よ再び 投稿者:たもと千代  投稿日:2004年12月 5日(日)00時51分59秒(5308)

こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
このところ暗くて後ろ向きな話題ばかり続いた飯田線に、ひさびさの前向きなニュースですね。

●飯田〜長野間特急試験運行>伊那市民様

 これは信濃毎日新聞12月4日号の紙面ですね。

http://www.shinmai.co.jp/news/20041204/mm041204sha6022.htm

 まずは飯田線の閉塞化した現状に対し、それを少しでも打破しようとする検討が、鉄道会社内部からではなく外部からなされたというだけでも、価値あることだと思います。また構想だけで議論百出して計画倒れになりかねない事案を、試験運行といった具体性ある目標を定めて検討することにより、「議論のための議論」からより一歩進んだ成果を獲得したいという切実な意図が感じられ、これはまさに画期的な視点であると思います。

 まさに我々としては成功を願って推移を見守りたいものですけど、やはりどうしても気になるところを指摘せざるを得ないのは趣味者の悲しい性でしょうか(^^;

 まずは現在の快速「みすず」が遅すぎて一般にはとても使い物にならない、というのはもはや共通認識と言えるのではないでしょうか。全線に渡り停車駅が増加したのはもちろんのこと、中には長時間停車を重ねる末に、14〜26分後に発車した列車3本にまで追いつかれてしまうパターンすらあります。

上下5本の「みすず」の飯田〜長野間の平均所要時間は239.6分、つまりはほとんど4時間ジャストなわけで、平均速度は41km/h、これではとても長距離列車としての使命を果たすのは困難と言えるでしょう。

 もちろん言われているように飯田線区間での停車駅の多さや、とりわけ郡境部付近での線形の悪さは言うまでもありませんが、篠ノ井線内での処遇の悪さも見逃せない要因でしょう。ただでさえ単線のうえに上下とも1時間間隔で特急「しなの」が走り、さらにその間を縫ってほぼ同一本数の普通列車に、さらに貨物列車まで挿入されるのですから、ダイヤの過密さは飯田線の比ではありません。

 そんな中「快速」というある意味どっち付かずの種別が入るわけですから、特急ほど優先なダイヤは組めないし普通列車との重複も避けたい、こうして快速とは名ばかりの、限りなく普通列車に近い存在として徐々にその地位を低めて行ったのも、ある意味必然と言えば必然でした。

 今回はあらかじめ「特急」と宣言していることにより、こうした成り下がりダイヤを一掃して意欲的なスジを引いてもらえそうなことだけは期待したいです。ただ前述の通り「しなの」をはじめ定期列車だけで煩雑なダイヤですから、わずか2週間程度の臨時特急にどのくらいの優先権を持ったダイヤを組んでもらえるかは未知数です。短期間の試みのために定期列車に不便をかけられない、というのもまた正論だとは思います。

 また候補となる停車駅の絞り込みがあまりにも厳しく、明らかに運転停車が必要となる岡谷または辰野のいずれも候補に挙がっていないところは、いかにも「素人考え」にさえ思えます。しかし新線旧線いずれの経由かが明らかにならないうちに一方を発表すると、仮に別案になびいて停車しなかった際に地元からの反発が予想される、という観点から、あえて意図的に外したとも言えなくもないのでしょうが。他の線内の駅も同様の理由かもしれません(私は少なくとも飯田線内は明らかに少なすぎだと思いますが)。

 「駅を通過すればするほど(それに比例して)速くなる」という鉄道各線での一般論では、こと飯田線に限ってはなかなか思った通りの成果が出ないとは思いますが、まずは風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなるよりは、問題の少ないところから進めて行くという点ではまずは正解かもしれません。

 もう一つのポイントとして、駅の大小よりは実のところ「パークアンドライドが可か否か」の方が、停車駅選定の重要な要素になってくる気がします。中央高速バスの高い支持の背景には、駐車場でのいわゆる「パークアンドライド」のしやすさを抜きに語ることはできません。いっそのこと伊那北のように遊休地を抱えた駅を整地して駐車場を整備し、乗継ぎ重点駅とした方が良いのかもしれません。

 いろいろ苦言は述べてみたものの、やはり純粋に成功してもらいたい気持ちはあります。ましてや行政側が費用負担までして行うのですから、JR側からしても「ここで乗客獲得ができれば確実に収入増」との意欲を持って最善のプランを立てていただきたいとも思います。くれぐれも「会社の壁」などと利用者側にとって何ら関係な問題を最前面に出して、最初から消極姿勢にならないように願いたいものです。


実現してくれ!! 投稿者:伊那市民  投稿日:2004年12月 4日(土)13時32分13秒(5307)

飯田―長野に特急列車 試験運行を県が来年度計画 

--------------------------------------------------------------------------------

 県は来年度、JRの協力を得て飯田―長野間の特急列車を試験運行することを検討している。 現在、直通の快速は四時間近くかかっており、高速バスより一時間程度遅い。特急は、途中の 停車駅を五つくらいに絞り、二時間台で運行したい、としており、JR側に通常ダイヤに組み入れるよう要望していく上で生かす狙いだ。
県交通政策課によると、試験運行は、平日の利用が多く見込める時間帯に一日一往復、二週間程度を計画している。停車駅は、駒ケ根、伊那市、塩尻、松本、篠ノ井を予定。どれくらい時間が短縮でき、利用者を見込めるか調べる。試験運行は県が費用を負担。乗客には普通運賃(片道二千九百四十円)を払ってもらう予定だ。
 ただ、区間は単線だったり、カーブも多く、空き時間に運行するため、待ち時間が不明なことも あり、どこまで時間短縮できるかは分からない、としている。 県は十二月県会に、第三セクターしなの鉄道(上田市)への貸付金百三億円を資本金に振り替えるための補正予算案を提出している。中南信地域の全県議三十人は「県の施策がしなの鉄道に偏らないように」と十月、中南信の公共交通の充実を求める協議会(木下茂人会長)を発足させており、県に対策を示すよう求めていた。六日の協議会総会で特急の試験運行について意見交換する。


池場を越えて行けば 投稿者:たもと千代  投稿日:2004年12月 3日(金)01時45分14秒(5306)

こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
ムーンライト東海道様、開設6周年の祝辞ありがとうございました。
これからも沿線の皆さまとともに盛り上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

●飯田線沿線ウォーキング>Kanaru様

 Kanaru様、はじめまして、です。
興味深い投稿ありがとうございました。
私もいずれは飯田線全駅間のウォーキングガイドを作りたいとは思っているのですけど、さすがに93もの駅間があると簡単には踏み入れないでいます(その前に94駅の方が先だし…)。

>次の駅、次の駅と進んでいくうちに、豊橋から飯田線に突入。


えっ、中央本線から豊橋経由で飯田線ですか。
中央線が東線か西線かは分かりませんけど、いずれにしてもすでに東海道本線を部分的にでも歩かれているわけですね。う〜んすごい。私はJR線で全線歩いているのは飯田線のほかは南武線・鶴見線だけです(^^;
東海道本線で歩いているのはわずかに東京〜川崎間だけですね。

>三河川合〜池場は、歩道がない国道を歩く部分がかなりあって、ちょっと辛かった。
>しかし、いい喫茶店を発見したのが収穫。

 あそこは中部天竜以南では最大の難所ですね。旧道が沿っている場所はいいのですけど、人家が無くなってからが大変ですね。喫茶店は池場の駅前でしょうか?飯田線中南部では駅前で飲食できる場所が非常に少ないので、池場の駅前喫茶は長年にわたり大変重宝しています。また峠の頂上の酒屋さんに立ち寄るのも毎回楽しみにしています。

>このまま中部天竜・佐久間あたりまでは簡単に行けそうな気がします。
>ただ心配なのは、水窪から先。
>どうやって進めばよいのか見当がつきません。


 まさにその通りです(^^)。水窪〜大嵐〜小和田〜中井侍という連続区間に、飯田線駅間ハイクの難易度ベスト3が揃ってしまっているのです。結論から言いますと、これら3区間は水窪から伊那小沢へと抜ける林道天竜川線を軸にして歩くしかありません(その他の道はほとんど廃道になっています)。

 時間で言うとそれぞれ6時間、4時間、5時間は見込んでおいた方がいいと思います。ほぼ完全な無人地帯で商店や自販機、トイレの類いは皆無、携帯電話もほとんどの区間で使用できないという、完全に陸の孤島状態ですので、それなりの装備と覚悟は必要でしょうね。ただ小和田駅〜林道沿いの塩沢集落間を除いてはどれも舗装道路経由なので、時間と労力さえ掛ければ到達できる、といったところです。

 ちなみに佐久間〜相月間はぜひとも久根〜西渡〜明光寺峠〜瀬戸〜間庄〜立原経由で行かれることをお勧めします。私は最初国道経由で歩きましたが、2度目にこのルートをたどって「こんな素晴らしい景観が飯田線沿線にあったのか」と感動してしまいました。人間の力強い営みに感銘を受けることは確実でしょう。


飯田線沿線ウォーキング 投稿者:飯田人  投稿日:2004年12月 3日(金)01時23分21秒(5305)

>kanaru さん
私もここ1〜2ヶ月の間に出馬〜水窪間を散策しました。
しかし、私の場合は歩ける距離であれば歩きますが、何時間もかかるようなら電車に乗ります。
水窪より北も問題ですが、佐久間〜相月間も大変だと思います。
あまり道には詳しくありませんが私の知る限りでは、佐久間〜水窪を結ぶ旧街道を歩き、相月には水窪から向市場、城西を通り過ぎて行くしかないと思います。
これで行くとなると半日以上かかるかも・・・。


飯田線沿線ウォーキング 投稿者:Kanaru  投稿日:2004年12月 2日(木)23時53分7秒(5304)

初めて投稿します。
飯田線に関してこんなに詳しく調べられたWEBページがあることに
すごく感動しました。
すばらしいです。
私は、中央本線沿線に住んでいるのですが、
ある日、自宅の最寄り駅から隣の駅まで歩いてみようと思って以来、
それが私の趣味になりました。
ルールは絶対に途中の駅をパスしないことと、
前に歩き終わった駅からスタートすることです。
次の駅、次の駅と進んでいくうちに、豊橋から飯田線に突入。
最近では、柿平〜三河川合〜池場〜東栄〜出馬〜上市場〜浦川と歩きました。
三河槇原〜柿平〜三河川合は線路のすぐ横の「望月街道」がとてもいいですね。
まさに沿線!
途中、線路工事の警備員のおじさんに話しかけられましたが、
このあたりは猿の集団が出没するとか。
三河川合〜池場は、歩道がない国道を歩く部分がかなりあって、ちょっと辛かった。
しかし、いい喫茶店を発見したのが収穫。
池場〜東栄は、下り坂で、あっという間。
ユニークな作りの東栄駅で小休憩。
東栄〜出馬は、県境を越えるルート。
長く曲がりくねった道で、途中工事中のところもありました。
出馬の集落が見えてきたときは、そののどかな光景にちょっと感動。
出馬〜上市場は、こんなに近くていいのかしらんと思うほどの距離。
次の上市場〜浦川も、比較的楽なルートでした。
浦川駅は、トイレがユニークですね。
と、現在ここまでですが、地図をみる限りでは
このまま中部天竜・佐久間あたりまでは簡単に行けそうな気がします。
ただ心配なのは、水窪から先。
どうやって進めばよいのか見当がつきません。
ぜひ、ご助言ください。
よろしくお願いします。
編集済


祝辞 投稿者:ムーンライト東海道  投稿日:2004年12月 2日(木)07時56分54秒(5303)

おはようございます。
開設6周年、おめでとうございます。
地元の住民でありながら不知のことだらけで恥じておりますが、これからもこのページの閲覧や現地へ行くことなどで穴埋めをしていきたいと思いますのでよろしくおねがいします。

http://homepage2.nifty.com/MANYUUKI/top.html


おかげさまで、六周年 投稿者:たもと千代  投稿日:2004年12月 2日(木)01時05分8秒(5302)

こんばんは、たもと千代@かんりにんです。
2004年の12月2日を迎えましたが、本日で当ページ「魅力発見・飯田線」は開設6周年を迎えました。

 開設当初の1〜2年とは違って、ここ数年は更新ペースも衰え気味ではありますが、まだまだ語り尽くすことのできないほどの奥深さを備えた飯田線ならびに飯田線沿線地域の魅力を、引き続き発信していきたいと思っております。とりわけ「初めての飯田線」において何をどうしたらよいのか、という情報においてはまだまだ当ページも手薄だと痛感しておりますので、今後力を入れていきたいものと考えております。

●中部駅間ハイキング>百名山様

 百名山様、はじめまして、です。
非常にワタシ好みの投稿、ありがとうございました。(^^)
私も最初は「飯田線を走る電車」に興味を持ったところから、この路線に憧れを抱くようになったのですが、自分がこの地域を満足に旅行できる前に車輌が交替されてしまったので、せめてすべての駅に足跡を残すというところから、この路線との本格的な付き合いが始まりました。そのうち駅に降りるだけでは飽き足らず、駅間を歩こうと試みた時点でもう離れられない存在となってしまいました。

>それぞれの駅間は列車ではわずか2-3分なのに、歩くとなると猛烈に迂回し、
>地形の複雑さを感じさせます。

 そこが旧三信区間の醍醐味ですね。これだけ地形の険しい区間をさりげなく乗り越えてしまう飯田線の偉大さを感じずにはいられません。

>車窓からは想像できないのですが、このあたりは駅から標高差で200m以上
>登ったところに集落があり、山深い中でも人々がたくましく生活しているのだなあ、
>としみじみ実感した駅間ハイキングとなりました。

 ほんとそういう区間が続きますもんねぇ…。現在でこそ自動車がありますけど、まだ徒歩でしか生活が成り立たなかったであろう時代からのお宅が続いているところを見ると、その生命力に圧倒されます。

>千代駅から金野駅へ歩いた際に、下村集落から551.1m三角点を通過して、
>村道からはずれて、千代駅に向かう尾根をダイレクトに降りていったのですが

 それはびっくり。千代から金野までなぜ1時間30分で歩いていけるのか私には不思議でしたが、そういうわけでしたか。私は県道千泰大橋経由で2回歩きましたが、かなり急いだにも関わらずいずれも2時間がやっとでした。私にはとてもたどってみる勇気はないです。(^^;

>このルートが使えないとなると、門島から標高差300mの遊歩道(登山道?)を
>登って牧立集落経由で唐笠に行くことになります。いずれ、この門島−唐笠間も
>ハイキングしたいなあ、と思っています。

 私はいつもこのルートですね(笑)。門島の駅裏からいきなりの急勾配なんですけど、ここの紅葉が実に綺麗なんです。しかも午後ですと登っている斜面を背面から日が照りつけるのですが、その陽光が紅葉越しに透けて見えるため、あたかも赤や黄色のセロハン越しに見ているような透過光となって、写真では表現できない美しさに思わず足を止めてしまうほどです。

 ぜひとも次回以降もレポートをお寄せくださいませ。ありがとうございました。
編集済


中部エリア駅間ハイキング 投稿者:百名山  投稿日:2004年12月 1日(水)02時50分32秒(5301)

初めて投稿します。
列車の詳細にはぜんぜん疎いのですが、車内インテリアが木造の頃高校通学時に飯田線にお世話になっている地元民です。

最近このすばらしいHPを発見しました。

通勤には残念ながら自家用車を使っているのですが、それでも路線存続のためなんとか乗車率向上に貢献しようと、年5回ほどは天竜峡-中部天竜間往復を楽しんでいるものです。

先週は、天竜峡-千代−金野−唐笠と、温田−田本−門島の駅間ハイキングを楽しみました。盛りを過ぎた紅葉の季節でしたが、天気に恵まれ、うつくしい飯田線中部の景色を堪能することができました。
 いつも列車で通過するばかりのこの区間でしたが、駅間を歩いてみて、このあたりがいかに山深いかつくづく実感しました。天竜峡から千代だけで1時間、千代から金野は1時間30分、金野から唐笠は2時間近く、それぞれの駅間は列車ではわずか2-3分なのに、歩くとなると猛烈に迂回し、地形の複雑さを感じさせます。車窓からは想像できないのですが、このあたりは駅から標高差で200m以上登ったところに集落があり、山深い中でも人々がたくましく生活しているのだなあ、としみじみ実感した駅間ハイキングとなりました。
 おおらかに開けている伊那谷北部に住んでいるところから、この南部(飯田線中部)を訪問してみると、同じ伊那人でも、この天竜峡以南の地域の山深さには心底驚きます。

千代駅から金野駅へ歩いた際に、下村集落から551.1m三角点を通過して、村道からはずれて、千代駅に向かう尾根をダイレクトに降りていったのですが、その降りる直前に、飯田線と天竜川を俯瞰できる眺望絶景名場所を見つけました。標高差約200mで周辺を含め抜群な眺めです。絶壁から落ちないようお気をつけください。また、このダイレクトに降りた尾根は、その昔地元の人が使ったかと思いますが、今は獣道どころか完全な廃道になっていて、倒木があったりがけ崩れになっていたりしますので、かなり危険なのでヤブ山経験者以外はお勧めできません。
 温田から田本へは、天竜川にかかるつり橋を渡って、ほとんど水平移動でたどり着けるのですが、田本から門島へは、標高差150mの遊歩道を登っていくことになります。登りつめたところの舗装道路には、田本駅入り口の小さな看板がありましたが、地元の田本集落の方々は果たして今使っているのでしょうか? 
 今回のハイキングでは門島から唐笠の間を、天竜川に沿っていけると踏んで、泰阜ダムを通過し、黒見集落から落ちる導水管による発電所から更に天竜川に沿って歩むつもりでしたが、発電所通過直後のがけ崩れのため断念しました。このルートが使えないとなると、門島から標高差300mの遊歩道(登山道?)を登って牧立集落経由で唐笠に行くことになります。いずれ、この門島−唐笠間もハイキングしたいなあ、と思っています。
 車窓からは見えず、いつも気になっていた泰阜ダムですが、紅葉の季節には是非お勧めしたいコースかと思います。


以上は、5400番目から5301番目までの投稿です。


●次は 過去100件(5300〜5201)の投稿 です●

▲ログ目次

▼以前の投稿