飯田線各駅停車【時又駅】 最終更新日:2009/10/30

魅力発見・飯田線

53.時又
   ときまた Tokimata

○長野県 飯田市 時又
●1927(昭和2)年12月26日開設
●豊橋起点:119.3 km
●標高:383 m

時又駅写真
※現在写真の駅舎は現存しません。

●無人駅

●交換駅(相対式2面2線)

●便所:駅構内

●駅売店:なし

【のりかえ】
天竜舟下り時又港より:
駅まで徒歩約5分
※現在では時又港は下船扱のみとなります

川路▲

ときまた

▼駄科

■駅の概要 〜天竜舟下り下船駅〜

 時又はむかし天竜川の舟運が盛んだった頃に時又港が設置されていたことにより、町として発達した地域です。

 しかし1927(昭和2)年に伊那電気鉄道(後の飯田線)が開業したほか下流にダムが建設されたことにより舟運は急速に衰え、現在ではわずかに観光舟下り(天竜舟下り)の下船場としてその面影をとどめております。天竜舟下りの終着点は本来は天竜峡ですが、天竜峡での大型バス乗入れが困難なことに加え天竜峡下船場での崖崩れによる使用停止が長期化し、現在では事実上この時又が終着地点となっています。

 駅は飯田線では比較的小規模な交換駅ですが、1974(昭和49)年12月に貨物扱いを廃止、また1984(昭和59)年2月24日の南部CTC化で駅員配置がなくなりましたが、1985(昭和60)年4月頃迄は暫定的に職員が派遣されて乗車券の販売を行なっていました。

 天竜峡〜時又間の治水工事による飯田線付替工事にともない、2001(平成13)年4月1日に時又駅構内も新線への付替工事が行われました。この時に川路〜時又間の駅間距離も0.1km短縮されています。駅自体は治水対策工事圏外であることから、構内は最小限の線路付替しか行われておらず、ポイントの高速通過対応など線形の改善等はなされていません。開業時の木造駅舎が長らく使用されていましたが、2009(平成21)年9月7日より建替工事が始まり、同年12月7日完成予定で新待合室の建設が進められています。

 川路〜時又間には、伊那電時代に「開善寺前」という駅がありましたが、1943(昭和18)年8月1日の国有化時に廃止されています。

【駅写真撮影:2000/02】 

■駅の歴史

・1927(昭和2)年12月26日、伊那電気鉄道駄科〜天竜峡間開通時に「時又」駅として開設
・1974(昭和49)年12月1日、駅貨物取扱廃止
・1984(昭和59)年2月24日、豊橋〜飯田間CTC導入にともない駅無人化(暫定的に駅員派遣)
・1985(昭和60)年4月頃、駅員派遣廃止により完全無人化
・2001(平成13)年4月1日、天竜峡〜時又間、治水工事に伴う線路付替で駅構内配線も一部付替
・2009(平成21)年9月7日〜12月7日、駅舎解体・新待合室建設工事中

■駅施設概要

 2面2線の相対式ホームを持ち、駅舎(無人化により待合室のみ使用)は上り1番ホームに面しています。下り2番ホームとは辰野方の構内踏切で結ばれており、駅舎の面していない下りホーム上には木造の開放式待合室が設置されています。

 豊橋方(南側)の貨物ホーム廃止跡を利用して、保線車両用の引込線が設置されています。2001(平成13)年4月1日の新線付替時に構内線路も一部付替が行われましたが、ほとんど痕跡はありません。

■駅周辺概要

●天竜舟下り時又港
【時又駅より徒歩5分】

 駅付近に天竜川の観光川下り船の一つ、「天竜舟下り」の時又港があります。

 「天竜舟下り」は本来、飯田市内の弁天港から時又港に寄港し天竜峡港までの航路ですが、天竜峡港下船場付近での崖崩れの影響で時又港〜天竜峡港間が長期運航休止となっており、当面はこの時又港を下船場として運航されています。

 この時又港に到着した舟はクレーンで吊り上げられ、トラックで起点の弁天港まで搬送されます。

※「天竜舟下り」については当サイト[▼伊那八幡駅]の項ならびに公式サイト[▼天竜舟下り]をご参照願います。
※「天竜ライン下り」については当サイト[▼天竜峡駅]の項をご参照願います。

 

▲時又港到着の船を回送
【2005/05/05撮影】

●ウェストンの碑
【時又駅より徒歩5分時又港前】

 日本アルプスを世界に紹介するなど「日本の近代登山の父」として知られる英国人宣教師、ウォルター・ウェストン(Walter Weston 1861-1940)は、1888(明治21)年より3度にわたりのべ13年間の日本滞在中、布教活動の傍ら日本アルプスを中心に各地を旅して回りましたが、天竜川の渓谷美と舟下りの豪快さにも心を奪われ、この時又の地を二度も訪れ、ここから遠州方面へと船旅を楽しんだとされています。

 天竜を愛し讃え、世界に広めたウェストンの功績に感謝し、毎年4月には天竜川ウェストン祭が時又で開かれています。

▲時又港に建つウェストンの碑
【1995/09/10撮影】

▲時又港・花壇に転用された舟
【2001/05/06撮影】

▲時又駅付近の天竜川に架かる天竜橋
【2005/05/05撮影】

特急伊那路旧線

▲建設中の新線(手前)と旧線を行く特急「伊那路」
【撮影:2000/02】

特急伊那路新線

▲新線を行く特急「伊那路」
【撮影:2001/05/06】

■その他の情報

【リンクページ】

■弁天港〜時又港〜天竜峡温泉港の
▼天竜舟下り
【天竜舟下り株式会社管理のHPです】

保寿寺花模様

▲保寿寺花模様
【撮影:2001/05/06】

▲最上段へ


●次は 駄科駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[川路]

▼順路[駄科]