飯田線各駅停車【平岡駅】 最終更新日:2006/05/08

魅力発見・飯田線

43.平岡
   ひらおか Hiraoka

○長野県 下伊那郡 天龍村 平岡
●1936(昭和11)年4月26日開設
●豊橋起点:93.8 km
●標高:324 m

●日中業務委託駅

●交換駅(島式1面2線)

●便所:駅舎内

●駅売店:駅舎内

※駅舎内に「ふれあいステーション龍泉閣」(宿泊・温泉施設、食堂等)併設

【のりかえ】 ※バス停留所は駅舎1階正面です
信南交通バス
・遠山郷線(明神前・和田・かぐらの湯・上村方面)
天龍村営バス
・神原線(温泉前・向方・大河内方面)

鴬巣▲

ひらおか

▼為栗

■駅の概要 〜天龍村と遠山郷の玄関口〜

 天龍村の玄関口として観光に力を入れている地域で、1996(平成8)年3月16日からの特急「伊那路」号の運転開始・平岡駅の停車によってより一層観光色が強まったうえ、2001(平成13)年4月2日には平岡駅舎と村の観光情報施設・飲食店・宿泊施設・温泉浴場等を合築した村営交流促進施設「ふれあいステーション龍泉閣」が開業しています。また天龍村各地域のほか、国道418号線により結ばれた飯田市南信濃地区(旧南信濃村)など遠山郷への玄関口にもあたり、電車に合わせてバスが連絡しています。

 かつて天竜川の舟運が盛んな時代には、木材の集積地として栄えていたこの地域も、相次ぐダム建設により舟運は衰え、次第に林業そのものも衰退し、現在では遠山川から採取される砂利輸送のダンプカーの方が目に付くくらいです。

 駅は当初「満島(みつしま)」の名で開設されましたが、平岡ダム完成後の1952(昭和27)年11月15日に「平岡」に改称されています。それに前後してダム建設による遠山川の水位上昇により1951(昭和26)年8月に平岡〜為栗間の一部が新線に付け替えられ、途中の「遠山口」駅が廃止されています。廃止された飯田線のトンネルは、遠山方面への道路(後の国道418号線)の一部として転用されましたが、鉄道トンネルゆえの幅員の狭さのため信号機を使っての交互通行を強いられるほか、川面との標高差が少なく冠水の恐れがあること、飯田線の直下をくぐり抜けるガードの高さ制限が厳しいなどの理由から、現在では新しい国道トンネル「新十方峡トンネル」が2005(平成17)年3月25日に供用開始されるなど、旧来の国道418号線に代わる新たなバイパスの建設が進められています。

 平岡駅は新宿直通の急行「こまがね」の終着駅となっていたこともありましたが、1986(昭和61)年11月1日の改正でその急行も廃止、1988(昭和63)年11月1日には夜間無人化されています。

■平岡駅窓口営業時間:8時50分〜16時45分(駅掲示より・2007/05/05確認)

 【駅写真撮影:2006/05/05】

■駅の歴史

・1936(昭和11)年4月26日、三信鉄道温田〜満島間開業時に「満島」駅として開設
・1951(昭和26)年8月1日、平岡〜為栗間の「遠山口」駅、線路付替のため廃止
・1952(昭和27)年11月15日、駅名を「満島」から「平岡」に改称
・1984(昭和59)年2月24日、豊橋〜飯田間CTC導入時に貨物取扱廃止
・1988(昭和63)年11月1日、夜間無人化
・2001(平成13)年4月2日、駅舎機能を兼ねた村営交流施設「龍泉閣」開業・東西連絡跨線橋使用開始・旧駅舎使用停止

平岡駅旧駅舎写真

▲平岡駅旧駅舎
【1997/04/09撮影】

■駅施設概要

 ホームは1面2線の島式で、駅舎は辰野方の構内踏切を渡った左側(下り列車にて)にあります。ホームから構内踏切へは、階段のほか遠回りではありますがスロープも設置されています。改札は駅舎「ふれあいステーション龍泉閣」の2階となっており、線路とは同一面で、1階へは階段またはエレベーターで降りることになります。

 駅には側線もあり、遠方から見るとY字ポイントを中心とした綺麗な左右対称の配線となっております。島式のホーム上には木造の待合室(扉付)があります。

左右対称形の構内

▲左右対称形の駅構内
【2002/05/05撮影】

■天龍村総合交流促進施設「ふれあいステーション龍泉閣」

 2001(平成13)年4月2日に、天龍村の駅前再開発事業の一環として平岡駅構内に開設された、駅舎機能を兼ねた観光施設です。

 地元の物産販売所や観光案内施設、宿泊施設・温泉浴場を備えた駅舎となり、平岡駅の面目を一新しています。施設名称は公募により「ふれあいステーション・龍泉閣」(りゅうせんかく)と決定しました。この施設誕生は「どうだ。山奥。」という大胆なキャッチフレーズで、東海地区各所でPRされていました。

【館内営業案内】

1階

・イベント開催などの多目的スペース
・郷土料理を提供する食堂「レストラン龍泉」
 営業11:00〜14:00・17:00〜21:00

2階

平岡駅舎および農産物体験加工販売・観光情報コーナー
・龍泉閣ロビー
・特産品販売コーナー(売店):
 営業9:00〜17:30
・ふれあいショップやまゆり(売店):
 営業7:00〜17:30

3階

宿泊施設
・洋室ツイン6室、和室3〜6人用3室)

4階

浴室・各種ホール
・浴室「龍泉の湯」:
 日祝日11:00〜22:00、平日12:00〜22:00
入浴料大人300円、小人100円
・ラウンジ:
 日祝日11:00〜22:00、平日12:00〜22:00

※宿泊利用料金については随時改訂されておりますので、[▼龍泉閣のホームページ]をご覧ください。

 また「龍泉閣」建設と並行して、これまで駅により分断されていた村の東西を結ぶ跨線橋(自由通路)が、新たに建設されています。

駅全景

▲「龍泉閣」建物正面側【2001/05/06撮影】

▼駅後方から見た「龍泉閣」【2002/05/05撮影】

駅後方から見た龍泉閣

龍泉閣フロント

▲平岡駅舎側から見た「龍泉閣」フロント
【2001/05/06撮影】

●平岡駅前再開発にあたって

 駅前再開発事業の開始にあたって、まずは施設の建設場所確保のため、平岡駅前にあった元バスターミナル部分(旧貨物ホーム跡)の崖を削って用地を造成するところから始まりました。

 その準備として、用地内にあった165系電車を利用した軽食喫茶店「ふれあいタウン」が1998(平成10)年10月に解体されたほか、バス待合所と停留所からなる「ふれあい広場」が閉鎖され、ログハウス造りのバス待合室が1999(平成11)年1月に解体されました。

 その後1999年2月頃から区画一帯を締め切って崖を削り、地面を国道と同一の高さにまで掘り下げる工事を開始しました。この工事に伴い、信南交通バスならびに天龍村営バスの乗り場が、駅の階段を降りた国道の左側(鴬巣より)、徒歩約3分ほどのところに移動されていました(後に旧駅舎前に至るスロープが建設され、そちらに再度移設されましたが、現在では1階の国道沿い駅前広場に変更されています。)。

 2000年夏時点で、掘り下げられた土地に4階分の鉄骨が立ち上がり、11月にはほとんど外形を現しました。

ふれあいタウン

▲165系電車を使用していた「ふれあいタウン」
【1997/04/09撮影】

平岡駅工事中

▲工事中の平岡駅前
【1999/05/02撮影】

■駅周辺概要

●天龍温泉おきよめの湯
【平岡駅より天龍村営バスで29分「温泉前」下車】

 天龍村の村営温泉施設で、平岡駅からバスで接続しています。
温泉営業時刻は10時00分から21時00分(20時00分受付終了)、入湯料は大人500円、小学生まで200円です(火曜日定休)。レストランも併設されています。

おきよめの湯

▲天龍温泉おきよめの湯
【1997/10/26撮影】

往路接続列車

バス往復時刻

復路接続列車

▼豊橋0908[伊那路1号]1051着
▲天竜峡1000[534M]1035着

平岡1100→1129温泉
温泉1331
→1400平岡

▼1451発[伊那路3号]1533飯田
▲1417発[伊那路2号]1610豊橋

▼豊橋1043[519M]1316着
▲飯田1334[伊那路2号]1417着

平岡1430→1459温泉
温泉1551
→1620平岡

▼1641発[527M]1715天竜峡
▲1629発[伊那路4号]1811豊橋

▼は下り列車、▲は上り列車、赤字は特急列車。飯田線時刻は2005月3月改正時、バス時刻は2000年12月改正時。

●注意
※天龍村営バスのりばは、1階龍泉閣前です。
※天龍村営バスは大河内行です。温泉は途中停留所で、終点ではありません。
※平岡駅には信南交通バス(和田行)も発着していますので、間違いないようご注意ください。

●遠山温泉郷かぐらの湯
【平岡駅より信南交通バス遠山郷線で26分「かぐらの湯」下車、
 または「和田」下車徒歩約5分】

 2000(平成12)年、旧南信濃村(現在は飯田市に合併済)の中心地である和田に誕生した温泉施設で、平岡駅から信南交通バスが連絡しています(和田乗換となる便、和田止まりの便もあります)。

 丸太を組んで建てられた広大な施設内には、露天風呂を含む大浴場のほか、郷土料理の味わえる食堂や休憩のできるホールがあります。また敷地周囲は「かぐらの湯」を核とした「道の駅・遠山郷」となっており、国道152号線を走るドライバーの休憩の地として賑わっています。

 温泉営業時刻は10時00分から21時00分、入浴料金は大人600円、小人400円です(木曜日定休)。

かぐらの湯

▲かぐらの湯
【2006/05/06撮影】

■その他の情報

【当サイト内ページ】

■平岡旧駅舎外観:
▼飯田線駅舎図鑑・平岡旧駅舎

■鶯巣〜平岡間廃線跡:飯田線写真レポート
▼飯田線旧線紀行・鴬巣〜平岡

■国道418号線新バイパスと旧飯田線隧道:
飯田線写真レポート
▼平岡十方峡・旧線&新道めぐり

■平岡〜為栗間廃線跡:飯田線写真レポート
▼飯田線旧線紀行・平岡〜為栗

【リンクページ】

■コテージ「天龍おきよめの郷」:
▼天龍おきよめの郷]【天龍おきよめの郷管理のサイトです】

特急伊那路号の交換

▲特急伊那路号の交換
【2002/03/03撮影】

▲最上段へ


●次は 為栗駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[鴬巣]

▼順路[為栗]