飯田線各駅停車【佐久間駅】 最終更新日:2009/10/30

魅力発見・飯田線

33.佐久間
   さくま Sakuma

○静岡県 浜松市 天竜区 佐久間町 佐久間
●1936(昭和11)年11月10日開設
●豊橋起点:63.5 km
●標高:141 m

飯田線佐久間駅写真

●無人駅

●単線駅

●便所:駅舎内

●駅売店:なし

浜松市立佐久間図書館併設

【のりかえ】
佐久間町自主運行バス:(現在の名称未確認)
(佐久間高校・久根・西渡方面)
※佐久間高校行は登校日朝のみ運転。

中部天竜▲

さくま

▼相月

■駅の概要 〜佐久間図書館合築駅〜

 当駅の前身は三信鉄道が中部天竜〜天竜山室(現在廃止)間を開通させた時に誕生した「佐久間水窪口」であります。佐久間ダム建設以前は水窪町の中心部へと至る鉄道はなく、文字通りの水窪口だった訳ですが、1938(昭和13)年11月6日に「佐久間」に改称されています。

 旧駅は現在でいう佐久間発電所の構内に設置されていましたが、その後佐久間ダムの建設に伴う新線付け替えで、1955(昭和30)年11月11日に移転改築の形で現位置に設けられました。当時の駅舎は水窪など同時期に建設されたものと似たタイプで、ガラス張りの明るい待合室でしたが、1984(昭和59)年2月24日の南部CTC化で無人化されています。

 飯田線にしては決して古い駅舎ではありませんでしたが、1989(平成元)年6月22日には佐久間町立(当時)の図書館を併設した瀟洒な駅舎を新築して生まれ変わりました。このような駅施設の複合利用は利用者にも評判で、町の活性化も含め望ましい傾向ではありますが、駅待合に関しては本体の付録程度でしかなく、乗車券の発売など駅業務が全く行なわれないのは寂しい限りです。

 所在地は「静岡県 磐田郡 佐久間町」でしたが、2005(平成17)年7月1日の静岡県西部12市町村の広域合併により浜松市、さらに2007(平成19)年4月1日の政令指定都市移行により浜松市 天竜区 佐久間町となりました。それに伴い駅に併設された「佐久間町立図書館」も「浜松市立佐久間図書館」へと変更されています。また合併前は佐久間町役場(総合庁舎)の最寄り駅でしたが、現在では「浜松市佐久間総合事務所」を経て「浜松市佐久間地域自治センター」へと変更されています。

▼駅俯瞰写真]もあります

●浜松市佐久間地域自治センター(旧・佐久間町役場):駅より徒歩約5分

【駅舎写真撮影:2002/09/16】 

■駅の歴史

・1936(昭和11)年11月10日、三信鉄道中部天竜〜天竜山室(現在廃止)間開通時に「佐久間水窪口」駅として開設
・1938(昭和13)年11月6日、「佐久間」駅に改称
・1955(昭和30)年11月11日、線路付替に伴い現在地に移転改築
・1984(昭和59)年2月24日、豊橋〜飯田間CTC導入に伴い駅無人化
・1989(平成元)年6月22日、駅舎に「佐久間町立図書館」併設
・2005(平成17)年7月1日、浜松市への合併で「浜松市立佐久間図書館」に変更

佐久間旧駅舎

▲佐久間旧駅舎
【1985/11撮影】

■駅施設概要

 ホームは移転後しばらくは1面2線の島式でしたが、現在は単線駅です。ホーム上には木造の待合室が1棟あり、辰野方のスロープで「浜松市立佐久間図書館」併設の駅舎(待合室)と連絡しています。便所は図書館の表側および内部にあります。

 佐久間図書館のある駅反対側には佐久間中学校があり、駅前広場とは地下道経由で結ばれています。

■浜松市立佐久間図書館(旧・佐久間町立図書館)

 1989(平成元)年6月22日、佐久間駅舎と合築のうえ開設された当時の佐久間町立図書館です。内部には樹齢100年以上の大木をエントランスの柱に用いるなど、佐久間町産の木材をふんだんに使用しています。

 2005(平成17)年7月1日の浜松市への合併で「浜松市立佐久間図書館」となりました。定休日や開館時間は変更ありません。

佐久間図書館開館日

▲図書館開館時間・開館日
【2004/03/07撮影】

■駅周辺概要

●佐久間トンネル跡

 1936(昭和11)年11月10日に三信鉄道佐久間(現在の中部天竜)駅〜天竜山室駅(現在水没のため廃止)間が開通した際には、現在の水窪川沿いの経路ではなく、佐久間水窪口(現在の佐久間)駅から天竜川沿いへと山を越えていました。

  佐久間ダム建設にともなう水没回避のため、1955(昭和30)年11月11日に現在線が開通したことにより、旧佐久間トンネルは開通からわずか19年でその本来の役目を終えました。

 現在は佐久間発電所の構内に、この時のトンネル跡が残っています。

 

旧佐久間隨道

▲旧佐久間トンネル

●豆こぼし

 佐久間駅から見て天竜川の下流側、佐久間地域自治センター(旧佐久間町総合庁舎)の先に「豆こぼし」と呼ばれる場所があります。天竜川がM字状に激しく蛇行していて、そのむかし通船が貨物輸送の主役だった頃、信州から大豆を積んだ船がこの地で激流に呑まれて転覆する事態がたびたび発生するほどの交通の難所で、そのつど沿岸に積荷の大豆がばらまかれたことからいつしかこの地を「豆こぼし」と呼ぶようになったと言われています。

 その厳しい地形から川沿いの道路(現・国道473号線)も天竜川に沿いM字状に蛇行を強いられ、拡幅もままにならず陸上でも交通の難所でしたが、1993(平成5)年8月にこの地を一直線に短絡する延長303mの「豆こぼしトンネル」が完成し、輸送の安全が図られました。

 トンネルの完成で旧道はふさがれ、車の通り抜けはできなくなりましたが、「豆こぼしさわやかウォーキングロード」と呼ばれる遊歩道として、歩行者の通行は可能となっています。

豆こぼし

▲大きく蛇行する天竜川。奥に「豆こぼしトンネル」が見える
【2005/05/04撮影】

豆こぼし旧道から見た佐久間総合事務所と佐久間の町

▲豆こぼし旧道から見た佐久間総合事務所と佐久間の町
【2005/05/04撮影】

豆こぼしの旧道

▲豆こぼしの旧道。その地形の厳しさに驚かされる。
【2005/05/04撮影】

●龍王権現の滝(りゅうおうごんげんのたき)

 佐久間駅から下平・二本杉峠方向へ30〜40分ほど歩いたところに、この「竜王権現の滝」の入口が見えます。急な階段を降りること10分余り、幅の細い吊り橋を渡った先に、澄んだ水をたたえた小さな池と、そこにそそぎ込む滝が見られます。

 これを「竜王権現の滝」といい、佐久間町内のいわゆる民話の伝承地の一つとなっています。

龍王権現の滝

▲龍王権現の滝
【2003/05/04撮影】

●機織淵(はたおりぶち)

 一の滝が10m、二の滝が20mの高度を持つ二段式の滝で、ここも佐久間町の民話として伝承されているところです。

 

 

機織淵

▲機織淵
【2003/05/04撮影】

■その他の情報

【当サイト内ページ】

■佐久間駅俯瞰写真:
▼松山公園からの駅俯瞰写真

【リンクページ】

■周辺地形図(国土地理院地図閲覧サービス「ウォッちず」)
▼1/25000地形図「佐久間」

佐久間駅俯瞰

▲佐久間駅俯瞰
【2003/03/02撮影】

▲最上段へ


●次は 相月駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[中部天竜]

▼順路[相月]