飯田線各駅停車【早瀬駅】 最終更新日:2007/05/06

魅力発見・飯田線

30.早瀬
   はやせ Hayase

○静岡県 浜松市 天竜区 佐久間町 浦川
●1946(昭和21)年12月1日開設
●豊橋起点:58.5 km
●標高:144 m

飯田線早瀬駅写真

●無人駅

●単線駅

●便所:なし

●駅売店:なし

浦川▲

はやせ

▼下川合

■駅の概要 〜大千瀬川河畔の駅〜

 浦川から2つの鉄橋と1つのトンネルを抜けた所が早瀬。1935(昭和10)年5月10日に開設された三信鉄道時代からの駅ですが、1943(昭和18)年8月1日の国有化時に一旦廃止となり、上市場等と同じ1946(昭和21)年12月1日に復活しています。

 駅からも見えるトラス橋(第二大千瀬川橋梁)は1981(昭和56)年3月1日に架け替えられたもので、この架替え当日は三河川合〜中部天竜間を夕方迄運休し、代行バスで連絡運輸を行ったと記録されます。

 1983(昭和58)年にホームの扛上工事が行なわれ、その直後に簡素な木造の開放的な待合室からコンクリートブロック積みで扉付きの現在の物に建て替えられています。駅周囲は浦川同様鮎釣りの名所となっており、清流に釣糸を垂れる人々の姿も見かけますが、かつて周囲を取り巻いていた桑畑は現在ではほとんどど見ることができなくなりました。

 駅から浦川よりの山の上を見ると中央部が凹んでいるように見えますが、ここに中央構造線が通っており、断層により出来た谷と説明されています。

※2005(平成17)年6月30日まで駅所在地は「静岡県 磐田郡 佐久間町」でしたが、2005(平成17)年7月1日の静岡県西部12市町村の広域合併により浜松市、さらに2007(平成19)年4月1日の政令指定都市移行により浜松市 天竜区 佐久間町となりました。

 【駅写真撮影:1997/05/02】

■駅の歴史

・1934(昭和9)年11月11日、三信鉄道三信三輪〜佐久間(現東栄〜中部天竜)間開通
・1935(昭和10)年5月10日、浦川〜下川合間に「早瀬」駅として開設
・1943(昭和18)年8月1日、三信鉄道国有化時に廃止
・1946(昭和21)年12月1日、「池場」「上市場」とともに駅復活
・1981(昭和56)年3月1日、早瀬駅浦川方の「第二大千瀬川橋梁」架け替え工事完成

■駅施設概要

 ホームは単線(下り列車より見て右方向)で、出口は中央やや辰野方です。ホーム上には扉付の待合室が1棟あり、室内にはカード式公衆電話が設置してあります。駅に便所はありません。

早瀬駅全景

▲早瀬駅全景
【1997/04/08撮影】

■駅周辺概要

●準備中

第2大千瀬川橋梁と特急「伊那路」

▲第2大千瀬川橋梁と特急「伊那路」
【1997/05/02撮影】

■その他の情報

【リンクページ】

■周辺地形図(国土地理院地図閲覧サービス「ウォッちず」)
▼1/25000地形図「中部」

早瀬駅から電車通学

▲早瀬駅から電車通学
【1997/04/08撮影】

▲最上段へ


●次は 下川合駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[浦川]

▼順路[下川合]