飯田線各駅停車【出馬駅】 最終更新日:2007/05/06

魅力発見・飯田線

27.出馬
   いずんま Izumma

○静岡県 浜松市 天竜区 佐久間町 浦川
●1934(昭和9)年11月11日開設
●豊橋起点:55.4 km
●標高:166 m

飯田線出馬駅写真

●無人駅

●単線駅

●便所:なし

●駅売店:なし

【駅利用上の注意】

・当駅は朝の一部上り普通列車は停車しません。時刻表でご確認ください。

東栄▲

いずんま

▼上市場

■駅の概要 〜飯田線最短駅間区間〜

 下り列車で東栄駅を出て最初のトンネルである三遠トンネル(三河と遠江:愛知県〜静岡県の県境)より、電車は愛知県から静岡県に入ります。そこより相川の流れに沿って殆ど人の住む気配のない山の中を4km余り通り抜け、ようやく人家が広がってきたあたりに出馬の駅があります。

 無人駅ながら三信鉄道時代より残る駅の一つで、もともとは相対式ホームの交換可能駅でしたが現在では片側の線路は撤去され、わずかにホーム跡の石積が駅前の道路の一部に残っているに過ぎません。

 周囲は急傾斜地にもかかわらず民家がへばりつくように高い所まで建っており、また茶畑が多く目に付くのがいかにも静岡県らしい所で、駅の裏には桜がきれいに咲き誇ります。駅前には数軒の集落がありますが、それに対し相川対岸には駅からは殆ど民家が見ることができません。しかし実際は木々に隠れた裏側に黒瀬と言う集落が存在しており、高い場所へ登らないとその存在が分からないという不思議なところです。

 さてここ出馬と次の上市場との間は、飯田線内で最も駅間距離が短い区間(0.6 km)です。現在でも一部の普通列車は当駅を通過することもあり、時刻表で注意が必要です。

※2005(平成17)年6月30日まで駅所在地は「静岡県 磐田郡 佐久間町」でしたが、2005(平成17)年7月1日の静岡県西部12市町村の広域合併により浜松市、さらに2007(平成19)年4月1日の政令指定都市移行により浜松市 天竜区 佐久間町となりました。

 【駅写真撮影:2001/11/10】

■駅の歴史

・1934(昭和9)年11月11日、三信鉄道三信三輪〜佐久間(現東栄〜中部天竜)間開通時に「出馬」駅として開設
・1998(平成10)年夏頃、駅待合室を従来よりやや東栄寄りに新築

■駅施設概要

 ホームは単線(下り列車より見て左方向)で、出口は豊橋方です。駅の裏手は相川の流れです。

 ホーム上には密閉式の待合室が1棟あり、待合内にはカード式公衆電話機がありますが、駅に便所はありません。

出馬駅旧待合室

▲出馬駅旧待合室
【1997/04/08撮影】

■駅周辺概要

準備中

■その他の情報

【リンクページ】

■周辺地形図(国土地理院地図閲覧サービス「ウォッちず」)
▼1/25000地形図「三河本郷」

 

▲最上段へ


●次は 上市場駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[東栄]

▼順路[上市場]