飯田線各駅停車【本長篠駅】 最終更新日:2005/10/01

魅力発見・飯田線

19.本長篠
   ほんながしの Hon-nagashino

○愛知県 新城市 長篠
●1923(大正12)年2月1日開設
●豊橋起点:32.1 km
●標高:76 m

飯田線本長篠駅写真

●日中駅員配置駅

●交換駅(島式1面2線+側線)

●便所:構内

●駅売店:なし

【のりかえ】 ※各バスターミナルは駅より徒歩約2分(150m)国道沿い
豊橋鉄道バス
・田口新城線・津具線(鳳来寺・玖老瀬・海老・田口・下津具方面)
・田口新城線・新豊線(長篠城前・新城車庫前方面)
・鳳来寺線(鳳来寺・玖老瀬・サイクリングターミナル前・塩瀬方面)
鳳来町営バス(日曜祝日運休)
・秋葉七滝線(小野・阿寺・巣山・向久保方面)
・鳳来山吉田線(下吉田・郷ヶ平・田沢方面)

長篠城▲

ほんながしの

▼三河大野

■駅の概要 〜鳳来寺への乗換駅〜

 仏法僧と鳴くコノハズクで有名な鳳来寺山の玄関口にあたり、鳳来寺や田口方面へのバスに接続するターミナル駅の役割も果たします。かつては愛知県南設楽郡 鳳来町の中心部(町役場最寄り駅)でありましたが、2005(平成17)年10月1日に鳳来町が南設楽郡作手村とともに新城市に合併されたことにより鳳来町は消滅、旧町役場も「新城市鳳来総合支所」と変更されました。

 駅開設時は「鳳来寺」駅と称していましたが、1929(昭和4)年5月に当駅を起点として鳳来寺の門前を通り、海老・田口方面へと結ぶ田口鉄道が開業したことにより門前への玄関口を譲ったことから「鳳来寺口」駅に改称され、両鉄道の乗換駅として栄えました。

 1943(昭和18)年8月1日の飯田線国有化にともない、大海〜三河川合間の「鳳来寺鉄道」はその一員としての国有化がなされましたが、「田口鉄道」は枝線のために国有化の対象からはずれ、独立した一私鉄としての道を歩むことになりました。それでも国有化以降も、飯田線とは互いに直通列車が運転されるなど、事実上の支線のような関係は続いていました。

 しかし沿線の過疎化による経営不振から1956(昭和31)年10月に豊橋鉄道に吸収合併され、同鉄道の「田口線」として再出発しましたがこれも長続きせず、また沿線の水害による復旧工事もままならないまま、1968(昭和43)年8月31日限りで廃止され、その役割をバスに引き継いでいます。

 2004(平成16)年2月29日を最後に、長らく本長篠へ乗り入れていた遠州鉄道バス鳳来寺線(本長篠〜下吉田〜田沢/伊平間)が廃止され、翌3月1日より鳳来町営バス長篠山吉田線(本長篠〜下吉田〜郷ヶ平〜田沢)に引き継がれています(鳳来町営バスの合併後名称は不明)。

【駅写真撮影:2005/05/03】 

■駅の歴史

・1923(大正12)年2月1日、鳳来寺鉄道長篠(現大海)〜三河川合間開通時に「鳳来寺」駅として開設
・1929(昭和4)年5月22日、「鳳来寺口」駅に改称、鳳来寺口〜三河海老間に田口鉄道が開業
・1932(昭和7)年12月22日、田口鉄道、三河田口までの全線開通
・1943(昭和18)年8月1日、国有化と同時に「本長篠」駅に改称
・1956(昭和31)年10月1日、田口鉄道が豊橋鉄道に吸収合併され、「豊橋鉄道田口線」に
・1968(昭和43)年9月1日、豊橋鉄道田口線廃止(営業8月31日限り)

■駅施設概要

 ホームは1面2線の島式で、ホーム上には簡易な上屋があります。 ホーム豊橋方の構内踏切を渡った先に木造駅舎がありますが、かつてはこの駅舎前に豊橋鉄道田口線が発着していました。駅舎に並んで改札内に便所(男女別)があります。

■窓口営業時間:7時25分〜14時55分(2005/05/03駅掲示による)

■駅周辺概要

●田口鉄道(→豊橋鉄道田口線)

 田口鉄道は鳳来寺山への参詣客輸送や宮内省の御料林木材搬出などを目的に敷設され、1929(昭和4)年5月22日に鳳来寺口(現・本長篠)〜三河海老間が開業、1932(昭和7)年12月22日に終点三河田口まで全通しています。

 豊川・鳳来寺鉄道の系列会社でしたが枝線のために国有化の対象とならず、独立した私鉄として営業がなされたものの、沿線の過疎化による経営不振で1956(昭和31)年10月1日には豊橋鉄道に「田口線」として吸収合併ののち、水害による復旧工事もままならないまま、1968(昭和43)年8月31日限りで廃止されました。

 現在でも駅構内にはホームの跡が残り、また沿線にはトンネルや橋脚などの遺物が数多く残されています。

田口線廃線跡

▲本長篠〜三河大草間に残る橋脚跡
【2002/11/23撮影】

●鳳来寺

 2003年で開山1,300年を迎えたという歴史ある古刹です。ふもとの参道からは1425段と言われる石段を登った上にあり、本堂前からの眺望も格別です。

 また晩秋は紅葉が綺麗であることも知られており、11月には「もみじ祭り」が開かれ、ハイキングや紅葉狩りも兼ねて多くの参拝者で賑わいます。

 鳳来寺山にはこの鳳来寺のほか東照宮も建立されています。

●鳳来寺(停留所)まで本長篠バスターミナルより豊橋鉄道バス新城田口線で8分(田口・海老・塩瀬行)、
鳳来寺停留所−約20分→鳳来寺入口−約40〜50分→鳳来寺−約5分→東照宮 

鳳来寺石段

▲1425段の石段
【2002/11/23撮影】

鳳来寺

▲鳳来寺本堂
【2002/11/24撮影】

■その他の情報

【当サイト内ページ】

■本長篠駅舎外観:
▼飯田線駅舎図鑑・本長篠駅舎
■駅舎改築の推移:
▼飯田線・新旧駅舎対照2
■鳳来寺山写真レポート:
▼鳳来寺山紅葉ウォーキング

【リンクページ】

■バス時刻表:
▼豊橋地区交通時刻表
【山口 智司さん管理のサイトです】
■バス路線図:
▼東海地方の交通インフォメーション
【伊藤 浩之さん管理のサイトです】

鳳来寺付近の紅葉

▲鳳来寺付近の紅葉
【2002/11/24撮影】

▲最上段へ


●次は 三河大野駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[長篠城]

▼順路[三河大野]