飯田線各駅停車【鳥居駅】 最終更新日:2005/09/10

魅力発見・飯田線

17.鳥居
   とりい Torii

○愛知県 新城市 有海
●1923(大正12)年2月1日開設
●豊橋起点:29.3 km
●標高:73 m

飯田線鳥居駅写真

●無人駅

●単線駅

●便所:駅前

●駅売店:なし

大海▲

とりい

▼長篠城

■駅の概要 〜鳥居強右衛門ゆかりの駅〜

 大海から逆S字状にカーブを重ねた途中にこの駅は存在します。開設当初は駅員配置がありましたが、1963(昭和38)年5月16日に業務委託化、1971(昭和46)年12月1日の「飯田線営業体制近代化」の際に隣駅の「長篠城」とともに無人化されています。

 鳳来寺鉄道型の面影を強く残す木造駅舎が近年まで残存していましたが、老朽化が著しく、1996(平成8)年12月26日にホームから直接出入りする小型の待合室が新築され、旧駅舎は解体されました。また1998(平成10)年12月に、駅前に新しい便所が完成しました。

 鳥居といえば思い出されるのは「長篠の合戦」において、武田軍の包囲から逃れて長篠城を脱出し、援軍を仰いで城に戻ってきた武将「鳥居強右衛門(すねえもん)」の伝説です。武田軍に捕えられながらも、長篠城に向かって「援軍来たる」と叫び、張り付けにされ殺された強右衛門を偲び、その場所には現在「鳥居強右衛門磔死の碑」が建てられています。

【駅写真撮影:2002/09/08】 

■駅の歴史

・1923(大正12)年2月1日、鳳来寺鉄道長篠(現:大海)〜三河川合間開通時に途中駅「鳥居」として開設
・1963(昭和38)年5月16日、駅業務委託化
・1971(昭和46)年12月1日、駅無人化
・1996(平成8)年12月26日、待合室新築
・1998(平成10)年12月、駅便所新築

■駅施設概要

 ホームは単線(下り列車より見て左方向)で、駅出入口は辰野方(スロープ)です。ホームに面して扉付きの小柄な待合室と上屋が設置されています。

●鳥居駅便所

 ホームよりスロープを降りた先の、踏切付近に設置されています。1998(平成10)年に新城市の「木とのふれあい施設整備事業」として建てられた公衆便所で、新城産のスギとヒノキを用いて建造されています。

鳥居駅便所

▲鳥居駅便所
【2002/09/08撮影】

道路側から見た鳥居駅

▲道路側から見た鳥居駅
【2002/09/08撮影】

出窓の付いた鳥居駅待合室

▲出窓の付いた鳥居駅待合室
【2002/09/08撮影】

鳥居駅旧駅舎(外壁改装前)

▲鳥居駅旧駅舎(外壁改装前)
【1983/09/06撮影】

鳥居駅旧駅舎(外壁改装後)

▲鳥居駅旧駅舎(外壁改装後)
【1995/07/23撮影】

■駅周辺概要

●鳥居強右衛門磔死の碑
【鳥居駅より徒歩約10分】

 武田軍の包囲を逃れて長篠城を脱出し、織田・徳川連合軍の援軍を仰いで城に戻ってきた「鳥居強右衛門(すねえもん)」が長篠城に向かって「援軍来たる」と叫び、武田軍によりはりつけにされた場所に、現在では「鳥居強右衛門磔死の碑」が建てられています。

 長篠城に対し寒狭川(かんさがわ:豊川の上流)を越えた対岸に位置し、飯田線の車窓からでも見ることができます。鳥居駅からは駅前の道路を飯田線の本長篠方向に向かって直進すると、踏切の直前に左手に碑が見えてきます。

鳥居強右衛門磔死の碑

▲鳥居強右衛門磔死の碑
【2000/05/05撮影】

■その他の情報

【当サイト内ページ】

■鳥居旧駅舎外観:[▼飯田線駅舎図鑑・鳥居旧駅舎

 

▲最上段へ


●次は 長篠城駅 です●

▲出口

▼各駅停車目次

▲前の駅[大海]

▼順路[長篠城]