グラディス・ミッチェル著作リスト


[シリーズ探偵] ★ビアトリス・アデラ・レストレンジ・ブラッドリー ☆ティモシー・へリング

[長篇]
1.Speedy Death (1929)
2.The Mystery of a Butcher's Shop (1929) 『ウォンドルズ・パーヴァの謎』 清野泉訳 河出書
   房新社

3.The Longer Bodies (1930)
4.The Saltmarsh Murders (1932) 『ソルトマーシュの殺人』 宮脇孝雄訳 国書刊行会
5.Death at the Opera [米題 Death in the Wet] (1934)
6.The Devil at Saxon Wall (1935)
7.Dead Man's Morris (1936)
8.Come Away, Death (1937)
9.St. Peter's Finger (1938)
10.Printer's Error (1939)
11.Brazen Tongue (1940)
12.Hangman's Curfew (1941)
13.When Last I Died (1941)
14.Laurels Are Poison (1942)
15.The Worsted Viper (1943)
16.Sunset Over Soho (1943)
17.My Father Sleeps (1944)
18.The Rising of the Moon (1945) 『月が昇るとき』 好野理恵訳 晶文社
19.Here Comes a Chopper (1946)
20.Death and the Maiden (1947)
21.The Dancing Druids (1948)
22.Tom Brown's Body (1949) 『トム・ブラウンの死体』 遠藤慎吾訳 ハヤカワ・ミステリ
23.Groaning Spinney (1950)
24.The Devil's Elbow (1951)
25.The Echoing Strangers (1952)
26.Merlin's Furlong (1953)
27.Faintley Speaking (1954)
28.Watson's Choice (1955) 『ワトスンの選択』 佐久間野百合訳 長崎出版
29.Twelve Horses and a Hangman's Noose [改題 Hangman's Noose] (1956)
30.The Twenty‐third Man (1957)
31.Spotted Hemlock (1958)
32.The Man Who Grew Tomatoes (1959)
33.Say It with Flowers (1960)
34.The Nodding Canaries (1961)
35.My Bones Will Keep (1962)
36.Adders on the Heath (1963)
37.Death of a Deft Blue [改題 Death in Amsterdam] (1964)
38.Pageant of Murder (1965)
39.The Croaking Raven (1966)
40.Skeleton Island (1967)
41.Three Quick and Five Dead (1968)
42.Dance to Your Daddy (1969)
43.Gory Dew (1970)
44.Lament for Leto (1971)
45.A Hearse on Mayday (1972)
46.The Murder of Busy Lizzie (1973)
47.A Javelin for Jonah (1974)
48.Winking at the Brim (1974)
49.Convent on Styx (1975)
50.Late, Late in the Evening (1976)
51.Noonday and Night (1977)
52.Fault in the Structure (1977)
53.Wraith and Changelings (1978)
54.Mingled with Venom (1978)
55.Nest of Vipers (1979)
56.The Mudflats of the Dead (1979)
57.Uncoffin'd Clay (1980)
58.The Whispering Knights (1980)
59.The Death-cap Dancers (1981)
60.Lovers Make Moan (1981)
61.Here Lies Gloria Mundy (1982)
62.Death of a Burrowing Mole (1982)
63.The Greenstone Griffins (1983)
64.Cold, Lone and Still (1983)
65.No Winding Sheet (1984)
66.The Crozier Pharaohs (1984)

マルコム・トリー (Malcolm Torrie) 名義
67.Heavy as Lead (1966)
68.Late and Cold (1967)
69.My Secret Friend (1968)
70.Churchyard Salad (1969)
71.Shades of Darkness (1970)
72.Bismarck Herrings (1971)

スティーヴン・ホッカビー (Stephen Hockaby) 名義 ※普通小説
73.Marsh Hay (1933)
74.Seven Stars and Orion (1934)
75.Gabriel’s Hold (1935)
76.Shallow Brown (1936)
77.Grand Master (1939)

[短篇集]
78. Sleuth's Alchemy: Cases of Mrs. Bradley and Others (2005)

[合作] ※リレー長篇(グラディス・ミッチェル名義)
79.Ask a Policeman (1933) 『警察官に聞け』 宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 ※第2部第
   2章を担当

80.No Flowers By Request (1984) 『弔花はご辞退』 宇野利泰訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫
   『殺意の海辺』 所収)
※第5・6章を担当

[その他の著作]
81.Outlaws of the Border (1936) ※児童書
82.The Three Fingerprints (1940) ※児童書
83.Holiday River (1948) ※児童書
84.The Seven Stone Mystery (1949) ※児童書
85.The Malory Secret (1950) ※児童書
86.Pan at Storne Castle (1951) ※児童書
87.Caravan Creek (1954)
88.On Your Marks (1954/改訂版1964) ※児童書
89.The Light-Blue Hills (1959) ※児童書

[邦訳短篇]
A Light on Murder 「灯台の殺人」 宮脇孝雄訳、〈ミステリマガジン〉 1994-3
The Case of the Hundred Cats 「百匹の猫の事件」 厚木淳訳 (創元推理文庫 『犯罪の中の
   レディたち/下』 所収)

[邦訳エッセイ]
The Most Asked Question: Who Do People Read Detective Stories? 「よく訊かれる質問
   ――なぜ、人は推理小説を読むのだろう?」 本吉すみゑ訳 (集英社 『ミステリー雑学読
   本』所収)

【参考文献】

森英俊 『世界ミステリ作家事典/本格派篇』 国書刊行会
『ソルトマーシュの殺人』 (国書刊行会) 巻末著作リスト
Twentieth−Century Crime&Mystery Writers 3rd edition (St.James Press)
    *
THE STONE HOUSE 
※グラディス・ミッチェルのファン・サイト。作品リスト・略伝などの他、P・A・パイクによるG・ミッチェル・インタビューや各種エッセイも読める。


【グラディス・ミッチェル論】

宮脇孝雄 「グラディス・ミッチェル――クリスティのアンチテーゼ」(世界探偵小説全集月報)※作風と代表作、ミセス・ブラッドリーの紹介。煽情主義、メロドラマ主義を排したノンシャランなスタイルが持ち味の、ほぼ作家歴が重なるクリスティーとは対照的な行き方をした作家として論じる。
宮脇孝雄 『書斎の旅人』 早川書房
※「オックスフォード派」の章。詩人フィリップ・ラーキンのグラディス・ミッチェル讃について。日本ではなかなか理解されなかったファルス・ミステリを再考する。
森英俊 『世界ミステリ作家事典/本格派篇』 国書刊行会 
※プロフィール、作風と代表作の紹介。イネスと並ぶ英国ファルス・ミステリの代表選手として評価。黄金時代にあって、性倒錯、妊娠中絶などの題材を取り上げるラディカルな姿勢に注目。ユニークな名探偵ミセス・ブラッドリー紹介。オカルティズムへの関心も。


目録室INDEX