LINK
 出版社 書店 図書館・文学館 書誌データ ミステリ関係 怪奇幻想文学関係 いろいろ

 作家研究・書誌(日本作家) 作家研究・書誌(海外作家)

 著者・訳者のみなさん イラストレイター&デザイナー
出版社
国書刊行会 かつて社員でした。いまも大事な仕事先。〈文学の冒険〉〈バベルの図書館〉〈世界幻想文学大系〉 〈未来の文学〉 など、いろいろ出ています。
翔泳社 〈翔泳社ミステリー〉〈ドイル傑作選〉を作らせてもらいました。
晶文社 『幻の探偵作家を求めて』 『黄色い部屋はいかに改装されたか?』 の版元。〈晶文社ミステリ〉を出させてもらいました。犀のマークの本が作れるなんて感激です。
河出書房新社 〈奇想コレクション〉 〈Modern&Classic〉 〈世界文学全集〉 など翻訳書が充実。シリーズ 〈KAWADE MYSTERY〉 を企画編集しました。
角川書店 横溝正史、鮎川哲也、土屋隆夫、高木彬光……みんな角川文庫で出会いました。カーシュ 『壜の中の手記』 文庫化のお話を頂戴しました。
講談社 〈新本格〉 ムーヴメントの発信地としてミステリ界をリードする出版社。『ミステリー倶楽部へ行こう』 文庫化や 〈アジア本格リーグ〉 でお手伝いさせていただきました。
筑摩書房 ちくま文庫/学芸文庫で柴田宵曲本を出しました。海外文学の古典、幻想文学関係が充実している文庫です。学芸文庫にも 「おおっ」 と思わず唸ってしまう本が。
basilico 『ナイト・ウォッチ』 から 『へんないきもの』 まで、さまざまなジャンルに取り組む新しい出版社。若島正 『殺しの時間』、アンナ・カヴァン 『氷』 を出しました。
東京創元社 ミステリ・ファンなら足を向けては寝られません。10代前半は、買う本・読む本の半分以上が創元推理文庫でした。最近、すこし仕事をさせていただいています。感無量。
早川書房 同上。ハヤカワ・ミステリとミステリマガジンとハヤカワ・ミステリ文庫がなかったら、こんな人間にはなっていなかったと思います、たぶん。
原書房 〈ヴィンテージ・ミステリ〉として、カー、ブレイク、ライスなどを出しています。日本作家の書き下ろしミステリ叢書〈ミステリー・リーグ〉も。
論創社 〈論創ミステリ叢書〉〈論創海外ミステリ〉 を刊行中。
WEB本の雑誌 「本の雑誌」掲載の書評を、バックナンバーから検索して読むことができるのは便利。〈世界探偵小説全集〉や〈晶文社ミステリ〉も取りあげられています。
Crippen & Landru 『ジョン・ディクスン・カー/奇蹟を解く男』 のダグラス・G・グリーンが経営する短篇集中心のミステリ専門出版社。古典短篇集叢書〈Lost Classics〉を刊行。
Ramble House スティーヴン・キラーはじめ、N・ベロウ、H・タルボット、バウチャー書評集などを精力的に刊行する小出版社。
Ash-Tree Press 怪奇小説専門出版社。ウエイクフィールドやバレイジ、メトカーフ、E・F・ベンスンなど、とにかくものすごいラインナップ。(そう思うのは世界でたぶん500人くらいなのだが)
書店
Amazon(日本) 世界的インターネット書店。
honto インターネット書店。
Amazon(米) 洋書の新刊ならここ。
Amazon.UK(英) イギリスの本はこちらで。米のAmazonではヒットしないタイトルも多いです。
AddALL 洋古書を探すならとりあえずここで。数千の古書店の在庫を横断検索してくれます。
日本の古本屋 全国古書籍商組合連合会のサイト。古本の横断検索、即売展情報など。
スーパー源氏 古本横断検索サイト。
BOOK TOWN じんぼう 本の街・神保町の公式サイト。古書街ナビや古書データベース、イベント情報など。
図書館・文学館
都立中央図書館 所蔵冊数が多く本が出てくるのが比較的早いので、都内近県の人には便利な図書館。蔵書検索あり。館外貸出しはしていません。※追記:2005年春、海外文学や雑誌(一部)が多摩に移され、ちょっと不便になりました。
国会図書館 国内で出版された本は原則としてすべて収蔵している (はず。実際はない本も多い)。これまでにどんな本が出ているのか調べるとき便利。
日本近代文学館 戦前の貴重な雑誌、古い探偵小説本などを多数所蔵。
三康図書館 博文館社主の大橋家が設立(明治35)した大橋図書館の蔵書を継承した図書館。『新青年』 『探偵小説』 など博文館系の雑誌や戦前の探偵小説単行本を所蔵。
神奈川近代文学館 ここも古い探偵雑誌・単行本が揃っている。ネットで蔵書検索可能。横浜・港の見える丘公園という絶好のロケーション。
世田谷文学館 横溝正史旧蔵書を所蔵。関連企画もときどき開催されている。
ミステリー文学資料館 ミステリ専門図書館。《新青年》《ぷろふいる》《EQMM》《HMM》《ヒッチコック・マガジン》《マンハント》《EQ》などの雑誌が開架式で閲覧できる。会員登録が必要。
書誌データ
翻訳アンソロジー・雑誌リスト ミステリ・怪奇幻想・SFのアンソロジー・雑誌収載作品のデータベース。
Index to Anthologies ミステリ・怪奇幻想・SFのアンソロジーのデータベース。野村宏平氏作成。
ミスダス 〈EQ〉〈マンハント〉〈ヒッチコック・マガジン〉〈別冊宝石〉他の雑誌総目録・海外ミステリ賞受賞作リスト・名作表・作家小事典など。
ミステリ関係
日本推理作家協会 ミステリ作家の多くが参加している団体。会員のエッセイや近況など、協会報が読める他、会員の略歴・著作等についてのデータ検索も充実しています。
本格ミステリ作家クラブ 本格系の作家・評論家を中心に結成された団体。本格ミステリ大賞を主催。HPではこれまでの受賞作・候補作一覧と会員による選評、会報などが読めます。
翻訳ミステリー大賞シンジケート 翻訳家・書評家・編集者による翻訳ミステリー大賞支援サイト。新刊情報やコラムも充実。
CWA Crime Writers' Association (イギリス推理作家協会)。
MWA Mystery Writers of America (アメリカ探偵作家クラブ)。
THE GUMSHOE SITE 翻訳家・木村二郎(仁良)氏の海外ミステリ情報サイト。海外作家の近況や各ミステリ賞の速報など。基本的に英語のサイトですが日本語の頁もあり。
フーダニット翻訳倶楽部 海外の新刊情報に詳しいサイト。メールマガジン 〈海外ミステリ通信〉では、未訳原書のレビューや翻訳者インタビューなども。
小林文庫 日本ミステリについての豊富なデータ。大阪圭吉ページを含む。
ROM (Revisit Old Mysteries) 古典ミステリを原書で読みレビューする同人誌。執筆メンバーには 〈全集〉解説でもお世話になっています。長篇翻訳の 《ROM》叢書も始まりました。
怪奇幻想文学関係
幻妖ブックブログ 怪奇幻想小説評論家・アンソロジスト・編集者の東雅夫氏が、現在進行中の仕事や日々のトピックス、怪談・ホラー・幻想文学関連の新刊情報などを発信。
Weblog on the Borderland 副題 「超自然的恐怖原理主義者の日常」。《幻想文学》 レヴュー等でお馴染の中島晶也氏のブログ。
TOLLE ET LEGE ダンセイニの翻訳でおなじみ、中野善夫氏のサイト。世界の書店リンク集も便利だが、新刊チェックには 「備忘録」 も参考になる。
アトリエOCTA 季刊〈幻想文学〉の公式サイト。同誌は終刊を迎えたが、ここでバックナンバーや掲載内容などの情報を入手できる。
いろいろ
月兎社 元・作品社で叢書メモラヴィリアやヘンリー・ダーガーなど、たくさんの素敵な本を作ってきたK嬢が創設した月兎社のサイト。金魚・博物画・切手・鉱物・散歩etc.
すみ&にえ 「ほんやく本のススメ」 翻訳本の読書サイト。現在活動休止。
作家研究・書誌 (日本作家)
江戸川乱歩 : 名張人外境  乱歩の世界
大阪圭吉 : 大阪圭吉ファン頁   圭吉の部屋
岡本綺堂 : 綺堂事物
小栗虫太郎 : 黒死館徘徊録
甲賀三郎 : 甲賀三郎の世界
小酒井不木 : 奈落の井戸
浜尾四郎 : 浜尾四郎研究所
山田風太郎 : 密室系
横溝正史 : 横溝正史エンサイクロペディア
渡辺啓助 : 渡辺啓助の世界
蘭郁二郎 : 會津信吾の十八時の文学浴
作家研究・書誌 (海外作家)
マージェリー・アリンガム : The Margery Allingham Society
ジョン・ディクスン・カー : The John Dickson Carr Collector
ジェラルド・カーシュ : The Nights and Cities of Gerald Kersh
エラリイ・クイーン : Ellery Queen, a website on deduction
アガサ・クリスティー : Delicious Death  An Agatha Christie Tribute
エドワード・ゴーリー : Wonderful world of Edward Gorey
シオドア・スタージョン : The Theodore Sturgeon Page  Official Site of the Theodore Sturgeon Literary Trust
レックス・スタウト : Merely a Genius...
ドロシイ・L・セイヤーズ : The Dorothy L Sayers Society
ジャック・フットレル : Jacques Futrelle
グラディス・ミッチェル : The Stone House
ジャック・リッチー : Jack Ritchie: An Appreciation and Bibliography
HOME